2013年4月29日 (月)

財布 世界に一つだけ? in 駅東倉庫(岡山県玉野市)

注文をしていた「世界に一つだけの財布」を取りに,岡山県玉野市 「駅東倉庫」もある「MARVELETS」さんへ行きました。

2種類の財布を注文していました。

Photo_10

ブログに紹介しますとお願いし,ご承諾を頂きましたので紹介します。

Photo_9 鞄作家のミツダさんです。

ありがとうございました。

作品の紹介から、玉野市の情報までいろいろと丁寧に教えてくれましたhappy01

展示会等の情報は,「MARVELETS」さんのホームページをご覧ください。

http://www.marvelets.com/marvelets_site//

この日は、「AUTUM-WINTER COLLECTION 2013」の展示会をしていま

した(2013年4月24日~29日 11時~17時までしています)

good「世界に一つだけの財布」(勝手に名前をつけました)の特徴を紹介します。

Photo_11 チャックのあるポケット側

ズボンのお尻にあるポケットに入るくらいの大きさで作られています。

財布の両面には,一方に,チャックのあるポケットと,もう一方は,チャックのついていないポケットがあります。

チャックのついていないポケット側には,電車などのIC定期券を入れることができるため,定期入れの代わりになります。財布をかざして改札口を通過。

さりげなく財布をアピールできますshine

もちろん財布のなかにもカード入れはあります。

Photo_12

ミツダさんより,「使うほどに光沢shineが出てきたり, 使う人の手にマッチするようになってくる」とのこと。

脂性の私だったら,よく皮に脂がのる?pig

「エネルギッシュ」runではなく,「アブラギッシュ」pigな私です。

財布がテカテカとまぶしいshineほどになるかもしれません(笑)。

財布に脂がのるくらい使いこなしたいと思います。

good「世界に一つだけの小さい財布(小銭入れ)」の方は,チャックを開けやすくしてくれています。

Photo_13

手が思うように動かしにくい・つかみにくい方には,キーホルダーやファスナーのアクセサリー部分など持ち手がいろいろとあるので開けやすい構造になっています。

Photo_14

Photo_15 何をつけようかと考え中

財布を何回も無くしたという妻。

「首からぶらさげるようにしようか」とニヤニヤsmileしながら話していました(次のモノをねらっていますeyelovely)。全身、革になってしまいそうな感じです・・・。

ミツダさんの作った財布やカバンをたくさんの人に知ってもらいたいです。

財布やかばん好きな方にはとても良いです。

駅東倉庫から歩いて50メートルほどのところに,「たまの湯」ができました。

Photo_17 景色が良い!

バスも停まっていたので団体さんでも来ているみたいです。

瀬戸内国際芸術祭の春期は終わりましたが,宇野港周辺は,自分たちのペースで芸術などを楽しめる場所だと思います。

玉野は、人も景色も良いまちだと思います。

今度は「たまの湯」の温泉spaに入りに来ようと思いました。

「宇野のチヌ」fishの写真を撮るのを忘れてしまいました。

残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

またまた玉野へGO!駅東倉庫(岡山県玉野市)

芸術の町,玉野市へ向けて車を走らせる。

紅葉がきれいな季節。

海岸沿いの道を,海をみたり,山みたりと景色を眺めながら走る。

前もきちんと向いています。

お腹がすいたので,

玉野の「どてきりや」でランチ。

この間来たときには閉まっていたので念願かないました。

「千円で豪華な食事」をいただきましたgood

小旅行気分になりました。これで温泉にでも入れたらspa

テレビでも取り上げられたカニさんが店内で「イラッシャイマセ」cancerと迎えてくれました。

おせちの注文もできるとのこと。

Photo_2

おにぎり島riceballです。

Photo

空は雲り,小雨が降っていますrain

空をおおう黒い雲cloud。風も少し強い。

Photo_7

空の色によって瀬戸内海の風景の感じ方も違います。

少し荒れ模様ですが,太平洋に比べると穏やかな海。

そんな瀬戸内海の海をみつつ,東北の海は・・・と想いをはせる。

福島第一原発・・・廃炉作業に40年ほどかかる。

作業員が足りない,補償が不十分・・・問題が山積。

大阪に震災がれきが運ばれている。今後,この瀬戸内海もどうなるのだろう。

低線量の放射能による人体や環境の影響・・・。

Photo_3

駅東倉庫へ到着。

味のあるかばんを購入しました。

Photo_4

手作り感満載。

「人の油でかばんも輝いてくる」と職人さん(アーティスト?さん)。

皮の質感に味があります。

Photo_5

芸術も味わうことができる余裕や気分がほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

喜×哀楽の駅東倉庫(岡山県玉野市)

happy02またまた岡山県玉野市へ行きました。

駅東倉庫にて。

201204041412000 

MARVELETSの展示会にいきました。

展示会は、2012年4月15日~20日までです。

テレビで鞄作家の満田さんをみて会いたいと思い、前回来たときから探していました。

今日は、その念願の満田さんに出会えることができましたhappy02

ご夫婦とお子さんが応対してくれました。ありがとうございました。

展示品をみて早々、ハイテンションの妻up

無駄(失言)にバッグを持つ妻にとっては感動ものだったようです。

作家さんご夫婦とお子さんへ自分のことを熱く語っている妻upを横に、作品(商品)をみてまわりました。

さすがに市販のバッグや財布とは全く違う。

素人の私でもわかります。

「これが革なんだ!」という質感があり、革の味が出ていますshine

革には、ラクダさんやひつじさん、やぎさんなどを使っているという。

全部触らせていただきましたが、

革によってかたさや手触りが違うんだなあと改めて思いました。

熱く語りながら妻upはバッグと財布を購入(正確には注文ですが)moneybag

許可をもらって品物を撮影しました。

Photo_2

これと似たようなものを注文しました。

デザインがとてもかっこいいです。機能的です。

画像をクリックしてみてください。

バッグとサイフが拡大してみれます。

Photo_4 味があります。

注文をした品物ができるのは少し先です。楽しみです。

妻「作家さんたちとお知り合いになれたし、今日は満足、気分が良い」と大満足。

妻「カバン好きには充実した時間だった」と振り返る。

私のこころの声、「(昨日から気分が悪いのですけど・・)」

(私にショッキングshockなことが起きました(秘密))。

最後まで熱く語る妻up

一方の私は少し複雑な思いを抱えつつ、駅東倉庫を後にしました。

今日は、発泡スチロールの作家さんにお会いしませんでした。

帰りには、たまの温玉めしを食べました。やっぱりおいしい。

玉野⇔児島間の海岸線はとてもきれいですgood
瀬戸大橋がみえるし、海はおだやかです。
良い天気でした。

Photo_3 対岸は、うどん県です。

「それだけじゃないよね要副知事ーー!!」と海に向かって叫ぶ(嘘)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)