2015年1月12日 (月)

沖縄県名護市辺野古の出来事、気持ちに寄り添うとは?

沖縄県名護市辺野古で大変なことが起きていました。
・・
辺野古移設、13日にも作業再開 防衛局が資材搬入
2015年1月11日 (琉球新報)
・・
米軍キャンプ・シュワブ内に入るミキサー車=
10日午後9時すぎ、
名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前
・・
「【辺野古問題取材班】
米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画で、
沖縄防衛局は10日、米軍キャンプ・シュワブに大型トラックや
コンクリートミキサートラックなど十数台分の資材を搬入した。
辺野古崎付近に設置予定の海底ボーリング調査などに使用する
仮設桟橋に関連する資材とみられる。
沖縄防衛局は早ければ13日にも海上作業を再開する方向で
準備を進めているほか、
事実上の埋め立て工事となる仮設桟橋の設置にも近く着手する方針。
民意を無視した政府の対応に県民の反発はさらに強まりそうだ。」
・・
<社説>辺野古資材搬入 作業中止し民意直視せよ
2015年1月12日 (琉球新報、一部引用)
・・
「移設反対の知事との対話を拒み、予算は減らそうとする。
政権のそうした粗野な体質は、衆院選の県内選挙区でも
自民が完敗したこととも深く関係していることをよく理解すべきだ。
 菅義偉官房長官は、普天間の5年内運用停止の実現には
翁長県政の協力が必要との認識を示した。移設に協力しないと
負担軽減に取り組まない、というふうに聞こえるが、
どう喝は問題解決を遠ざけるだけだ。
 安倍政権は移設作業を直ちに中止し、県民の代表たる知事との
対話に応ずるべきであり、県民を出し抜くような恥ずべき行為を
これ以上繰り返してはならない。」
・・
・・
沖縄の声、国民の声を無視した動き。
沖縄県の新知事が自民党関係者に会えない出来事が
つい先日ありましたが、
この強行はすでに計画されていたことだったのでないか。
そのために沖縄県知事に会わなかった、
会えなかったのではないかと考えてしまいました。
・・
・・
2014年9月29日、第187回国会が年11月30日までの会期で開会し、
安倍総理による所信表明演説が行われました。
「今後も、沖縄の方々の気持ちに寄り添いながら、
沖縄県外における努力を十二分に行ってまいります。」・・・
・・
気持ちに寄り添った努力がこれなのか・・・。
これはひどいと思います。
・・
気持ちに寄り添うとは何なのか。
わからなくなり調べてみました。
・・
「寄り添い」という言葉は、
いろいろな分野で使われていました。
いくつかを取り上げてみます。
・・
「看護」では・・
高知医療センター、
看護局の理念(http://www2.khsc.or.jp/info/dtl.php?ID=1302&routekbn=S)のなかで、
『看護は、
いのちを産み、
いのちを育み、
いのちを守り、そしていのちを看取るという、
人のいのちに寄り添う仕事です。
・・
「いのちに寄り添い」には、
こころを込めて、
病と向き合い生きる患者さんのいのち、
からだ、
こころに寄り添い、
その人らしいいのちの営みを支えたいという
看護師の思い(こころざし)を込めています。
患者さんのいのちを守ること、
痛み、不安、苦悩を和らげ、
より安楽により安寧に過ごせるように癒すこと、
人間としての尊厳を守り、
その人らしい生き方を尊重すること、
共にいて、
行きつ戻りつするこころに添いながら、
自らの意思で選択できるように見守ること、
限りあるいのちだからこそ、
慈しみ、可能性を信じ、
どんなときも看護のこころと技を尽くして、
患者さんのいのちに寄り添いたいという思い
を込めています。』
・・
「教育」では・・・
栃木県総合教育センター、
「子どものつらさや悲しみにどう寄り添うか」
(http://www.tochigi-edu.ed.jp/center/sodan/pdf/sodan_17.pdf)では、
『子どもがつらさや悲しみと向き合うために
は、自分が愛されているとか、
存在を認められているとか、
守られているというような安心感が、
子どもの気持ちの根底に根付いていること
が必要なのではないかと考えています。
そのような気持ちになるためには、
寄り添ってくれる大人の存在が不可欠です。
では、
どうすることが「寄り添う」ことになるのでしょうか。
子どもの気持ちを受けとめ、
一緒に考える」これが、
子どものつらさや悲しみに寄り添
基本姿勢と考えました。
・・
いろいろな分野で
「寄り添う」という言葉が
使われています。
相手を尊重する、
共に歩み、
共に考える、
気持ちを受けとめる、
などという言葉が出てきます。
多少の文言は違っていても意味は
共通していると思います。
・・
沖縄県知事との対話を拒んだような対応や、
基地建設のための資材搬入強行は、
県民、国民の声や
気持ちに本当に
寄り添っている
のでしょうか?
・・
沖縄県の基地問題だけではない。
他の問題にも通じるところがあると思います。
・・・・
例えば、
原発再稼動の動きや
集団的自衛権の問題についても
同じだと思います。
・・
マスコミでは
トップニュースにしないと
いけないくらい大きな出来事
だと思うのですが・・・
・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月14日 (日)

20代の投票率が低い(衆議院選挙2014)

サンデーモーニングで、

20代の投票率が他の年代に比べて
とても低い結果が出ている話をしていました。
・・
海外では、投票権がない国があったり、
投票をしないと罰金や投票権を剥奪されるという国もあるという。
・・
その話のなかで、
香港の学生たちが日本の若者に選挙に行こうとメッセージを送っているという
早速、調べてみました。

Photo_5
 
香港の学生運動のニュースをよく見たり、聞きますが、
とても説得力があります。
日本のことを心配してくれている人たちが
日本以外にもいることはとてもありがたいです。
・・
映像には、香港の学生の願いが込められています。
映像は、日本の学生団体「i-vote」http://www.i-vote.jp/という団体が、
20代の投票率を上げるための活動のために企画したようです。
・・
国民の声を政治に活かしていく、
国の政治を一緒に考えていくことはとても大事です。
・・
国民が政治に参加できる一つの手段として投票があります。
まだ時間があります。
雪が積もっていたり、
寒かったりするかと思いますが、
ぜひ投票所へ。
・・
「未来のために」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

子どもの6人に1人が援助を受けている!

NEWS23で、

子どもの貧困について特集していました(4月29日)。

そのなかで、「就学援助」について。

就学援助・・

経済的に苦しい家庭の小・中学生に

学費用品費、給食費、修学旅行費などを補助する制度。

公立の小中学校155万人の

6人に1人が補助を受けている(2012年)。

就学援助は、生活保護を基準としている。
(所得が生活保護基準より1割多い世帯までなど)
・・・
2013年、生活保護基準が引き下げられた。
そのため、就学援助の基準も下がり、
就学援助を受けることができる子どもの数が減っている。
国は就学援助を利用できる子どもの数を
減らさないと言ってはいたが、
現実は減少傾向に。
・・・
就学援助を削減する自治体は今度増える見込みという。
何も対策をしなければ削減されるだろう。
・・・
教育の保障ができていない。
・・・
学校法人開成学園では、新しい取り組みとして入学金や授業料などを免除にした。
子どもの教育が貧困によって影響を与えないように・・・。
学びたいのにお金がないから学べない・・・。
・・・
大学の奨学金問題も同じにみえる。
諸外国では大学の授業料はほとんどいらないという。
奨学金も返済型ではなく、給付型という。
日本では、奨学金を返済できない、滞納をしている人が増えている。
・・
学びたいと思うときに、お金がないから学べない!!
・・
現在の日本の国家資格なども

ある程度のお金がなければ資格を取ることができにくい。
職業の選択がお金次第ということを改めて感じています。
・・・
今になって貧困を特集しているが・・・
アベノミクス効果??この状況のどこが??
消費税の影響はないという報道、
景気が上昇している、
給料が上がったなどの
報道をよくききます。
・・・
しかし、本当なのだろうかと疑ってしまう。
・・・
「消費税10%にするための情報操作なのだろうか」と
会員同士で話題になっています。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月29日 (土)

年金下がって、生活の負担がアップ!

アベノミクスとは何だろう。

経済効果を上げるために給与は上げようとするが、

年金など国のお金は出さないということなのだろうか。

4月から介護福祉施設の利用料金も上がってしまう。

施設を利用される方の収入はほとんどが年金だろう。

在宅で年金収入のみで暮らす方にとっても影響が大きい。

介護が必要になった時、在宅で生活できるほどの環境が地域にあるのだろうか。

「買い物弱者」、「買い物難民」という言葉をよく聞くようになった。

・・・・・・・

消費税増税の影響がものすごく大きい。

「消費税が上がるから・・・」というのが最近の口ぐせに。

やっぱり買いだめをしてしまう。

8%の次が10%・・・

将来が不安になる。

介護を受ける必要になった時に、どのような社会であったり、制度があるのだろうか。

年金は、2013年4月からまた支給額が減る(0.7%)ではないか!!。

年金が下がって、利用料金や税金の納める額は上がる。

生活が苦しくなる・・・。

消費税が上がっても「福祉」に使われるお金は少ないという。

アベノミクスとはなんだったのだろうと最近よく思います。

原発事故のせいで事故を収束させるために税金が使われている。

事故が起こったために余計に税金が使われている。

再稼働なんてありえない。

放射性物質から人体や動植物など環境を守るために研究を行っている専門家、民間団体がありますが、なぜ国はサポートをしないのだろう。すべての取り組みをサポートしていないようです。

なぜ事故が起こる可能性のある原発を動かそうとするのだろうか。

まだ故郷に帰れない人たちがいる。10万人以上。

えさがなく餓死したニワトリさん、殺処分されたウシさん1700頭(福島県)・・・

自死された方・・・

忘れてはならない。

「原発事故のせいで亡くなった人はいない」と言いますが、亡くなられた方もいます。人だけでなく動植物もいます。 放射性物質の影響を少なくみさせて、

強制的に帰還させようとしているのではないだろうか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

私のお金は何に使われる?(税、ぜい・・ぜい・・)

確定申告の締め切りがおわりました。

私個人としては、住民税他の税金も納めましたが、

改めて年間の税金支払額をみると、

このお金は何に使われているのだろうかとものすごく思います。

復興予算・・・。

東日本大震災から3年。

住民が戻ってこないところを開発しているという話もよく聞きます。

ムダづかいではないでしょうか。

放射性物質による汚染はばくだいな税金が必要になります。

もう原発いらない。

この間、明石屋さんまさんが税務署に行き、抗議をしたという話を聞きましたが、

税金を取るだけとっておいて、有効に使っていない実態を知ると、

抗議をしたくなるのは当たり前です。

もっと声を出して良いのではないかと思います。

ムダづかいチェックも必要だと思います。

家計だけでなく、自分の住んでいる町、都道府県、

国の会計も知っておくことも大事だと思いました。

身近なところでムダづかいが行われているかもしれません。

4月から消費税が8%となり、「それまでに買っておくものがある!」

と会員のなかでも話題になっています。

ニュースでもかけ込み購入をしている人の話をよく聞きます。

会員のなかには、

鼻息をあらげて「私は4月から1万円以上のものは買わない!!」、

「4月からは私は変わるんだ!」などと宣言する人まで出てきました。

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

経済優先の効果はあるのだろうか?

安倍首相が「経済優先をしていきます。

効果を全国に広めて行きます」と、

先ほどのニュースで取り上げられていました(TBS「報道特集」)。

経済優先が、原発再稼動?、原発輸出?、消費税増税?。

何か違う気がする。

沖縄県名護市市長選挙が明日行われる。

基地問題について、当事者意識が沖縄と本土で温度差があるという。

公約違反をするのはいけないと思う。これでは選挙の意味がない。

沖縄県知事の辞職勧告決議が出されるのも当たり前だと思う。

辺野古埋め立て承認の背景には何があるのだろう。

参議院議員の島尻議員も公約を違反していたとは知らなかった。

交付金に頼る・・・過去の原発立地と同じ構図ではないだろうか。

・・・・・。

自分の問題(当事者)として考えるためには・・・。

知ることからはじめるしかない。

後日。

名護市市長選挙結果は、基地移設反対の稲嶺氏が当選。

名護市に住む市民が反対の声をあげている。

それにも関わらず、国や県は移設をすすめるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

原発が日本のベース電源?

日本のエネルギー政策で、

原発が日本のベース電源ということにして、また再稼動をしようとしている。

電力会社も原発が稼働しないなら電気料金を値上げをするとのこと。

 ドイツでは日本の原発事故により、さらに脱原発に力を入れようとしている。

原発を輸出?。世界中で原発事故が起きてしまうと、もっと大変なことになる。 

一度事故が起きてしまえば、取り返しがつかない悲しい出来事が増えることになってしまう。

 原発事故後、車で避難をしているとき、ガソリンを入れようとガソリンスタンドに寄ろうとしたら、「福島ナンバーはお断り」と貼り紙があったりした。

 避難先では福島県出身と周りにはいえない。話ができない。

 家(ふるさと)に帰れない。外で遊べない。

 食べ物が作れない、売れない。風評被害・・・。

 作業員の危険手当のピンハネ・・。

  悲しい出来事は、いまなお進行中なんです。

なのに、原発を動かそうとすることの意味がわからない。

 「人や自然を大切 」 < 「経済、利益優先」 は、ろくなことが起きない。

 と、年が明けても改めて感じています。

 忘己利他」、瀬戸内寂聴さんも言っているではないですか!(テレビで)。

 愛媛県、伊方原発や島根県、島根原発の再稼動は必要ありません。

 「みきゃん」(みかん) と 「原発」・・・・・全く合わない。

 島根原発は、県庁所在地の松江市にあります。

 島根県では、市民団体が脱原発条例をつくってほしいために、

 「市民9万人の署名を集めて県知事に直接請求をした」と

 最近の日経新聞(2014年1月6日)に

 掲載されていました。

 福井県の原発付近の海では、原発を停止しているため、北の方に住む魚が戻ってきたという話をニュースでしていたと思います。

 原発を再稼動しないことは、自然にやさしいことを証明しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賃上げ、ブラック企業

賃上げ・・・

大企業は賃上げに前向きだけれど、中小企業、地方は賃上げをしようという勢いが

感じられない。

非正規雇用の方が2000万人を超えている。

ワーキングプアの問題。

ブラック企業の問題。

問題を上げるとたくさん出てきますが、非正規雇用の人も賃上げの対象にしたり、労働環境も働きやすい環境にしていかなければいけないと思う。

パワハラ、セクハラ、モラハラ、アルハラ・・・ハラスメントの言葉が増えています。

また新たに?「マタハラ」が誕生?。

育児、子育てと仕事を両立できる環境づくりも大切です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

強行採決した特定秘密保護法案と福祉

特定秘密保護法案が衆議院を通過。 昨日のニュースで話題になっていた。 マスコミが今になって法案の問題点を取り上げはじめた。 反対運動の様子も報道され始めた。 反対の声や運動を報道するのが遅い。 この法案は、福祉とは全く正反対の法案だと思う。 ここで「福祉」を、誰にとっても幸せな生活を送ることができることとすると、この法案はあやしいと思ってしまう。 福島県で行った公聴会では、町長など多くの人が反対の声を出していた。 SPEEDY問題、原発事故でとてつもない被害をうけた人たちの声に応えない政府。 時の政権が都合の良いように情報を扱い、反対する人を罰することができる法律って問題がありすぎる。 一部の人にしか得にならないようなことをしてはいないだろうか。 学者や映画界などいろいろな分野の人が反対の声をあげている。 国民の声を聞かない政治が当たり前のように行われている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

生活保護受給者が過去最多

バンキシャをみた。

生活保護の受給者が過去最多とのこと。

生活保護を受ける母子家庭の様子。

母「この子には生活保護を受けさせたくない」。

子どもも生活保護を受けることになってしまいかねない状況。

生活保護受給者が過去最多ということは、誰にとっても生きにくい社会になっているということではないだろうか。

年金が減額されたり、消費税増税でますます生活保護を利用する人が増えると思う。

収入が減り、支出が増えると生活が豊かになるのだろうか。

生活保護を利用する人が減るのだろうか。

モノの値段があがっているのに、減額や増税とはどういうことなのだろう。

 腹が立つのは、東日本大震災で被災している地域も同様に年金が減額され、消費税増税になることだ。

 原発事故で汚染水漏れが続くなか、全く対策をしようとしていない(対策をしているという報道が聞こえてこない)。この状況のどこがコントロールされているのだろうか。

 「いのちより経済優先すると、ろくなことが起きない。」

 もう何度もこの言葉を使っているが、明らかに今の動きは、経済優先。

いのちを優先にした経済政策はできないのだろうか。

考えてみる。

ふと,「国のため道のため」(JINより)という言葉が浮かんできた。

国のために人を犠牲にすることではない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧