2015年5月 6日 (水)

自分のストレスマウンテンを調べてみました

あなたのストレス度は?。

・・
自分のストレス蓄積状況をみて危険性を認識することができます。
・・
これもソーシャルデザインの活動のひとつです。
兵庫県神戸市と協力してつくったものです。
・・
「自分のストレス項目をチェックする作業は楽しいことではありません。
嫌なことをあえてやってもらわなければなりません。
また、使ってくれた人が 周りに推奨してくれなければ、輪は広がりません。
多くの人の役に立ちません。」
中略。
「うつ病が身近な病であり、自分を含めてだれもが罹りうるものだということを
知ってもらいたい~中略~早い段階で自分の危険性を知り、
うつ病などの精神疾患を回避できることを願っています。」
(引用:筧祐介著 ソーシャルデザイン実践ガイド 英治出版)
・・
・・
早速チェックをしてみました。
ストレス項目をチェックしていくと、 様々なアニメーションが出てきます。
どんなアニメーションが出てくるのか 余計にチェックをしてしまいました。
意外にチェック項目が多いのに気がつきました。
・・
・・
チェック後の結果では、
危険性だけでなく、
どこの機関に相談したりすれば良いかなど
アドバイスが掲載されます。
(神戸市にある相談機関などの紹介になります。)
・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月25日 (木)

人生の一番の悩みは、人間関係?

「あの人が嫌い。」

「あの人はああいうことを言うから嫌い。」
・・
人生のなかで、人間関係に関する悩みは
大きいのではないだろうかと感じます。
本会でも人間関係に関する悩みを話します。
・・
世間はどうなのだろうかと少し調べてみました。
・・
世論調査で、国民の悩みや不安を調べた
・・・
Photo_2
「老後の生活設計」が一番の悩みになっています。
年々率が高くなっているのでしょうか。
前年よりは少し高くなっています。
・・
人間関係に関することは、ほかの悩みより下になっていますが、
自分や家族の健康や生活などの次に人間関係に関する悩みが
あります。
・・・
やはり人間関係に関する不安や悩みは大きいのではないかと
思いました。
・・
「老後の生活設計」に不安を感じます。
介護報酬引き下げ、介護関連費や医療費の負担を増やそうと、
介護や医療の分野で、国民の負担を増やそうとしています。
負担を増やし、利用機会を抑制することによって、
逆に介護度や症状が重くならないでしょうか。
介護や医療は、老後の生活にとても重要な分野です。
・・
介護報酬引き下げは、介護に携わる職員の給与
にも大きく影響を与えると思います。
・・・
離職者を増やすだけではないでしょうか。
なぜ、人の生命、尊厳に関わる仕事にも関わらず、
現在でも給与が少ないなど、
働きにくい環境を作っているのでしょうか。
・・・
人のいのちを大切にしているのでしょうか。
原発再稼動の動きと同じで、
何か違和感を感じてなりません。
・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

今の精神医療を考える・・・北川さんはどうみる?

「精神医療ダークサイド」・・・
最近発売された本。
題名を見ただけで何か重苦しい本のような気がしました。
・・・
本書には,精神医療にて薬を処方されるが,
症状が少しでもよくなるのであれば問題はないですが,
誤診による誤薬があることをいろいろな事例を取り上げて説明している。
・・
問題のあるブラック医の話ばかりではなく,
良心的で優れた精神科医もいることも書かれてあります。ホッ。
・・
本書の冒頭から四国の出来事を書いてあります。おぉ身近!。
・・・
まず必要なのは多量の薬ではなく,
その人が自分らしく生きられる道を一緒に探すこと。
そのために必要であれば,
最小限の薬を出すのが本来の精神科治療。」28ページ。
・・
患者の人権尊重と,
患者の管理の両方を同時に求められる職員の負担は非常に重い。
経営者として心がけねばならないのは,
職員を孤立させないこと。」58ページ。
診断基準とされている「DSM(精神疾患の診断・統計マニュアル)」に
問題点があること・・・。
・・
信頼できる精神科医にたどりつくまでに
5年以上かかるという調査(2013年)結果も紹介されている。
(月刊誌「こころの元気+」特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構)。
・・
・・・
本書内に紹介されてあった
「精神科セカンドオピニオン-正しい診断を求めて」を読んでみたい。
愛媛で精神科医をされている笠陽一さんが監修している。
・・・・
本書を読んでいると,
安易に精神科をたずねても良いのかと思ってしまいますが・・・。
「こころの病気」,「こころの時代」とよく言われるようになっている近年。
とても身近な問題であると思います。
・・・
精神医療の歴史のなかで,
1900年初頭,精神の病になった人は病院ではなく,
家族によって私宅にて監護される状態が続いていた。
その状況に精神科医の呉秀三さんは,
「精神の病になった不幸と日本で生まれた不幸」の二重の不幸があると言い,
その言葉が有名になりました。
精神の病,病院というとネガティブなイメージが簡単に作られやすい状況があった。
・・
そのような歴史を経て今日の精神医療があります。
・・・
脳科学が発展して脳の構造が少しずつ解明されつつあるが,
まだまだわからないことが多い。
わからないことが多いし,精神は目にみえないから
診断や処方は慎重に,謙虚に行うことが大事。
その人が自分らしく生きられる道をじっくり一緒に
探しながら行っていくということが大切だと思います。
・・・
・・
つづく。
・・
・・・
・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

みんなの精神科になっていますか?・・北山さん

本棚に飾ってあった?
みんなの精神科」を読んでみました。
北川さんに関心がありました。
本を買ったものの、全部読まないまま本棚に置いていました。
・・・・
・・
あとがき(文庫解説版)に、小室等さんがコメントを書いています。
この間、谷川俊太郎さんのことについて書いたときに小室さんを取り上げました。
何かつながりがあるように感じます。
・・
ASKAさんの薬物使用で逮捕の事件がありましたが、
「みんなの精神科」には、尾崎豊さんのことが書かれてあります。
・・
尾崎さんも薬物に関することでいろいろとあったようです。
本人の気持ちや思いは本人しかわからないと謙虚に北山さんは述べています。
・・
北山さんは尾崎豊さんのファンだったそうです。
どのように尾崎さんが成長していくのか楽しみにしていました。
・・・
ASKAさんの件も北山さんが分析したことに通じるものがあるのかもしれません。
分析した内容は本書をご覧ください。
尾崎さんの他、ジョン・レノンさん、映画(「レインマン」、「羊たちの沈黙」など)についていろいろと述べてあります。
・・・
北山さんの「精神科を気軽に利用してほしい」という願いが込められた内容になっています。
・・・・・・
しかし、「精神科に行ってよかったという人は非常に少ない」と述べてあります。
・・
10年前にかかれた本ですが、それは今も変わらないのではないかと思います。・・・
・・・・
北川さんのように、
世間から排除されてしまう人を、
排除されないように世間とつなぐ「橋渡し機能」を持って活動されている
精神科医であれば良いのですが・・・
・・
・・・つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

どうした?香川、徳島の野菜摂取量

厚生労働省、国民健康・栄養調査結果(平成22年)から。

1日の野菜摂取量が男女とも低い、香川県、徳島県。

長野県が男女とも野菜の摂取量が全国1位shine

長野県は長寿県としても有名。

香川県は、うどんの食べすぎなのだろうか。

徳島県は、??。

それぞれの県の対策は、

香川県では、うどん県らしい野菜摂取量アップのために「ヘルシーうどん店マップ」を作成しています。

徳島県では、「そのままやないかい!!」と叫んでしまいましたが、野菜を食べようPRを行っています。

Photo

所得と喫煙率、肥満、朝食抜き、睡眠時間の関係を取り上げていますが、

永江一石氏の「厚生労働省の調査による、金持ちとそうで無い人の生活習慣の違いが面白い」の記事のなかで、

コメントのなかに因果関係のなかに年齢要因が大きいのではないかという指摘があ

ったので実際のデータをみてみました。

年齢の要因は考えられますが、悩みや不安が少なかったり、病気にかからないなど心身ともに健康体であればよく働ける、日々の生活を落ち着いて過ごすことができるということではないだろうかと思います。

環境的な要因も大きいと思います。

例えば、長時間労働・低賃金の職場環境、震災の影響、住んでいる地域の環境、家庭環境など・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

ナイナイ岡村さん仕事量増加が心配

 「岡村が体調不良を理由に、芸能活動を5カ月間休んだのが、2010年のこと。本人いわく「一睡もできなくなった。それが何カ月も続いた。常にパニック状態。本当に芸能界をやめようと思った」そうだ。

 心が折れてから4年が経ち、元気を取り戻したかのように見えるが、ただでさえコンビで4本のレギュラー番組を抱えているのに「いいとも!」までとなると、休養前より忙しくなりそうだ。」

(いいともレギュラー決定 ナイナイ岡村に心配な仕事量増加 日刊ゲンダイ 2014年2月21日)

 岡村さんがうつ病になっていたのかとはじめて知りました。

 こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト(厚生労働省)」

 では、セルフチェックや対処、相談機関の紹介など

 さまざまな情報がのっています。

 ストレスチェックができます。

 うつ病の発症要因は、「環境要因が大きい」といいます。

 うちでは、私がストレス源になっていると言われます(悲)・・・。

 ・・・2014年2月20日のナイティナインのオールナイトニッポンでも、

 仕事が空いている曜日があるので埋めたいと話していたと思います

 (矢部さん?)。

 休養をしながら仕事を。

 ご無理をされないようにしてほしい。

 「ブラック企業」という言葉も流行っている昨今。

 セルフチェックに加えて、

 労働法など労働者の権利を守る法律や使い方を知ることも大事だと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

コーヒーを飲んで気分をリフレッシュ

Dcim0071

秋の落ち葉をみたり、カップの模様をみながら一杯のコーヒーcafeを飲む。

うちにもこんなコーヒーカップがあれば良いのになぁ。

落ち葉の紅葉やカップの模様をみて、コーヒーの香りを感じながら

飲むと気分が落ち着きます。

・・・・

「社会的なつながり」を増やしたり、規則正しい生活、適度な運動runをすることは、

心の病(うつ病など)にとって良いらしい

(「病の起源 うつ病」の特集で紹介されていたらしい)。

薬だけで治そうとするのは難しいようだ。

人とのつながりが薄くなっている状況に、どのようにしたらつながりをつくることができるだろうか。

一日、人と接触しなくても生活ができてしまう社会think

孤立死が増えている社会despair

つながりがないということは、セーフティネットがないのでネットにひっかからずに落ちてしまうsad

悲観的に考えるだけでなく、どうしたらつながることができるかを考えてみる。

自分の趣味や興味があることで人とつながる方がストレスがあまりたまらないかもしれない。

つながろうと思えばつながれるけれども、そのつながりのなかで生まれるストレスが面倒なのかもしれない。

ストレスと意識すると、ストレスになってしまう・・・人間って難しいthink

お月さんや落ち葉の紅葉を見て季節を感じたり、それを他の人と味わう。

この一緒に味わってくれる人の存在も大切なんだと思う。

季節感や自然の風景の変化をあまり感じずに日々を過ごしていたような気がするなぁ

・・・といろいろと思いながら、コーヒーを飲みましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月17日 (金)

コーヒーかすで脱臭効果

市販の脱臭剤は匂いが強いため(個人の感想です)、好きになれません。

手作りで作ってみようと思いました。

コーヒーかすで脱臭ができないかと調べてみる。

cafe

「コーヒーかす 脱臭」と検索すると、脱臭パックの作り方を紹介しているサイトが出てきます。

コーヒーかすで脱臭効果は得られるというgood

コーヒーかすを乾燥させて、お茶葉パックに入れてつくりました。

家のなかに早速置いてみました。

「こげくさい」とクレームが・・・。

寝室にも置いてみましたが、「寝られない」とまたまたクレームが・・・。

ちょっと作り方を間違ったようです。

掃除機に作ったコーヒーかすを吸ってもらいました。

排気口からの嫌な臭いがあまりしなくなりました。

コーヒーでも種類によって、例えば、チコリーコーヒーなど香りがよく出るものもあります。

匂いの好みでパックを作った方が良いみたいですcafe

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月13日 (月)

家族のうちとそと

団志郎氏の文を読む時は,いつも絵をみてからになる。

今回もそうであった。

家族の「内外の境界」について書かれていた(ケアマネジャー 2008年5月号 中央法規)。

家族間だけで通じる言葉,家だけで許されるルールなどが
「内(うち)」としたら,。「外(そと)」の世界とぶつかりあうのが結婚であるという。

団氏の経験では,パンにのせるバターは,「バターナイフ」taurusで切るものと育ってきた。結婚後に妻がバターを使うのをみると,バターを削って使っていたことに,バターナイフではなく,「バタースコップか!!」と思うほど,自分の育った家族と,他の人の家族は異文化だと思い知らされたと振り返っている。

・わが家でも「肉じゃがにチーズを入れる」という話をすると,妻は引く。
創作料理と言っても受けつけない,拒否・・・。

・ご飯を食べる時,猫舌なので少し待っていると,待つほどに怒りが増してくる妻。
「冷めないと食べれんのかー!!もう作らんわー!!!(怒・怒・ドドド・・)impact

・・・・・

考えてみるといろいろな「異文化」を発見できるけど・・・それが闘いのきっかけに・・・shock
「異文化が交渉と交流を経て,新しい習慣に決着するのが家族」,
「何もかもが社会一般のスタンダードと同じなどという家族はない」という。

わが家でも決着していないものもある。

家族にスタンダードなどないということにちょっとホットする。
毎日が闘い。24時間闘えません・・・bearing

「出身家族(外)からの強力な援軍(資金やモノ)が流れ込んできたら,家族文化(方法,習慣)も一緒に持ち込まれるであろうことは,想像に難くない」・・・。

新しく出発する家族(内)にしたらちょっと大変かもしれない。

ふん!,ふん!と鼻息が後ろから聞こえる・・・強力すぎだろう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

男らしい爽健美茶(そうけんびちゃ)?

爽健美茶のCMで、

綾瀬はるかさんが、研究者にどちらの爽健美茶(そうけんびちゃ)を選ぶか聞いたとき、研究者が「どちらも」と答えたら、綾瀬さんから「男らしくない!!」と怒っていました。

「男らしい」・・・はっきりと選ぶ?。

「男らしい」とはどういうことなのか少し考えてしまいました。

社会や時代によって「男らしさ」も変わっているのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)