2013年6月21日 (金)

住み慣れた町で生活ができない

住み慣れた町で生活をしたいと思っても生活する場所がないじゃないかと思ってしまいました。

介護保険。

どうしても在宅で介護を受けることができない場合、老人ホーム、グループホーム、有料老人ホームなどを利用することになりますが、どこも満室、予約待ち。

自治体で空き情報がのっていますが、待っている人が多い。

住み慣れた町で生活をしたいと思っても、慣れない町で生活をしないといけなくなる。

住み慣れない場所で生活することの不安やこわさは大きいと思う。

介護が必要なため施設やホームを利用することになれば、施設やホームのある程度決まった生活リズム(同じ起床、就寝、食事、トイレなどの時間)のなかで介護を受けなければならなくなる。なかにはそうではないところもあると思います。

個々の生活スタイルのなかで介護が受けることができたら施設やホームはいらなくなるかもしれない。

しかし、今の制度や社会資源、環境を考えると難しい。介護する人も足りない。

重要な仕事なのに待遇は良くない。

高齢化率もどんどん上がってくるなか、もっともっと福祉に力を入れた方が良いのではないかと思う。

最近の政治は、国のお金をムダに使って、そのムダに使った分を消費税や税金で補おうとしているように思える。

東京の方では(東京以外でもだと思います)、国民健康保険料の負担が増え、びっくりしているという記事をみました。

最近、送られてくる税金の納入通知書をみて、「なんじゃこりゃ!!」とさけんでしまいました。

本当に有効に税金が使われているでしょうか。

人を大事にすると、経済ものびてくると思う。

今(昔から?)はそれが反対になっている。経済をのばすことに力を入れている。

じゃあ、人は?・・・。

原発再稼働を電力会社はしようとしている。

最近、再稼働が長引くと、また電力料金を上げるというニュースをしていた。

怒り。

自死した人、逃げ遅れてなくなった人、食べ物を気にして食べなくてはならなくなった人、農業、漁業などができなくなった人、ふるさとに帰れなくなった人、夢をあきらめなければならなかった人・・・。

人を大事にしていない!。

高齢化率が今後ますます上がっていくのであれば、ご高齢の方が多い社会には何が必要なのか考えないといけない。

参議院選挙も近づきつつある。

よく調べて考えて投票しなければ。

考えてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

科学戦隊バイオマン?

バイオお風呂のカビきれい。

バイオ、微生物でカビを抑える。環境や人にもやさしい。

早速使用しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)