2018年9月16日 (日)

沖縄、辺野古の青い海 新基地いらない

・ ジュゴンさん戻ってくるかな?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

今回もうそをついていることがよくわかりました 安倍さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安倍さんいきなりカミングアウト。アウト!

有言実行!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月22日 (火)

いつまでウソをつきつづけるのだろう・・・

愛媛県が出した公文書がウソという話もありますが、
愛媛県が改ざんをするメリットがどこにあるのかわからない。
関係者の証人喚問を拒否って、ウソを認めていませんか。
総理が言っていることを信用するという与党って何でしょう。
怖いです。
アベジアン真っ黒です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

忘却に抗う~福島原発裁判~

福島県民だけの問題ではなく、私たちの問題です。
このような気持ちにさせている原発は絶対にいりません。
資料:福島原発告訴団:東電福島原発事故刑事裁判が始まる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

かきごはんとサラダ

Dcim9919_2
鍋でかきごはんをたきました。
たけのこ、しいたけもはいっています。こげ目をつけています。

Dcim9918

ごまドレッシングをかけています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブロッコリースプラウト⇒茎ブロッコリー⇒ブロッコリー おいしく頂くためのエクスポージャー法

先日、

茎ブロッコリー(スティックブロッコリー)をおいしくいただきました。

ブロッコリーが苦手だったのですが、

いつの頃からかおいしく食べられるようになっていました。

ブロッコリーが苦手な場合にかかわらず、偏食がある場合、

偏食の要因をある程度、本人や周りの方から話をきいたり、

身体の状態、その人の環境などをみることが

大事になると思いますが、

対応方法の一つに、

認知行動療法のエクスポージャー法を参考にしてみるのは

どうかと思いました。

・認知行動療法とは、

「クライエント(相談者:著者加筆)の抱える心理社会的な問題や精神医学的な問題に、主に認知と行動の両面からアプローチする体系的な心理療法で、その最大の目的はクライアントの自助(セルフヘルプ)を援助することである。」※

・エクスポージャー法とは、

「苦手な人や場面、不快な不安緊張反応に対して安全行動を取らず、回避もせずに、状況や反応をそのままにしておくことを「暴露(ばくろ:エクスポージャー)」と呼びます。方法の一つに、「セッション(方法を使う時の打ち合わせ:著者加筆)でみっちりと計画を立て、やさしい課題から難しい課題に少しずつ難易度を上げて取り組んでいくやり方」※があります。

(※引用:伊藤絵美 事例で学ぶ認知行動療法 誠信書房 2009年)

本人が
ブロッコリーの味、形、においなど何が苦手なのかを探る必要があると思いますが、
食べやすい、ブロッコリースプラウトから食べてみて、
食べられたら、茎ブロッコリー(スティックセニョール)に挑戦して、
茎ブロッコリーも食べられたら、ブロッコリーに挑戦してみる。
・・ブロッコリーでも、味、歯ごたえもちがいますが・・

これなら食べられる、食べてみようというところから段階的にやっていくと、
ブロッコリーも食べられるようになるのではないかと思いました。
ブロッコリーから考えさせられました。
いろいろなものをおいしく食べたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月28日 (土)

#朝生

うそ、ごまかしをし続けて1年がたちます。
私たちが馬鹿にされていると感じます。
国会の議論や野党合同ヒアリングの話をきくと、
十分な説明をしておらず納得できません。
長妻さんが言う例のように、
うそ、ごまかしをする先生に勉強を教えてもらいたくない。
先生を変えてほしいと相談すると思います。
塾や習い事で、うそ、ごまかしをする先生だったら、
即通うのを辞めます。

/

/

だから、もりかけ、うそ、ごまかしを学校の道徳教科で取り上げたら良いのにと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なにやってんだろう 蚊帳の外に 圧力の意味はあるのか

「圧力、圧力」といっていたら、間にも入れなくなっていますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月23日 (月)

僧侶たちの原発事故 私たちがすること、できること

会員さんからの情報で教えてくれました。
大熊町では遺骨を土にかえす風習があるそうです。
中間貯蔵施設建設のために墓地の移転をしようとしても 遺骨が高線量の放射線被ばくを受け、基準値以下でないと 運ぶこともできない。
先祖代々の土地で生活ができなくなり、 先祖の方たちまで被ばくを受け、 ふるさとがなくなってしまう状況。
地域では電力会社に勤めている方たちもいるため、 原発のことを口にすることもためらってしまう状況。 その状況に対して、 番組で紹介された僧侶の方たちが思いを受け止めようとしたり、 口にできないことを変わりに発信する活動をされています。
・ このような状況にあるにもかかわらず 原発を再稼働しつづけることは絶対におかしい。 ・ 同じようなことが他の地域でも起こっても良いのか。 同じあやまちをくりかえさないためにも 原発再稼働をするべきではない。 ・
『東京電力福島第一原発大事故発生、 人々の身も心も生業も傷つけ、 縁を分断したる悪行は、 その救助捜索を阻害し、 我々を悲憤の流浪避難の民とせしめる。』・・・
「悪行」、「悲憤の流浪避難の民」 という言葉がとても印象に残りました。
原発再稼働という悪行を続けることに反対します。 九州、大丈夫なのか?。
政治家、官僚のうそ、ごまかし、かくし問題は、
政治家、官僚だけの問題ではなく、
日本に住む私たちの問題です。
問題を生み出してしまう背景に、
私たちの人間性のレベルが落ちてしまったせいなのだろうか
と会員さんと話をしています。
うそ、ごまかし、かくしをする国会議員については、
選挙で選ばないようにすることが一番だと思います。
人間性については、どのようにすればレベルが上がるでしょうか。
最近、道徳教育の話題が出ていますが、
中学生が使っている道徳の教科書を読んでみました。
(参考:「私たちの道徳 中学校 廣済堂あかつき株式会社」)
道徳の教科書を読むと、
やっぱり原発再稼働やもりかけ問題のおかしさを感じると同時に、
「再稼働反対」、
「うそをつくな」、
「責任をとれよ」、
「かいざんゆるすな」の言葉が浮かんできます。
子どもたちへの影響も心配になります。
もう一度、
大人たちも学び、
自分ができる範囲で動かなければならないと、
中学生の道徳の教科書から学びました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧