« 「臨時国会はやらないから」とさらりと言ったのですか? | トップページ | 「トリチウム水が安全」という国の有識者が言うことは本当か? »

2020年8月 2日 (日)

「リモート参拝」も悪くない、ネットから24時間いつでもGOTOできる平等寺(徳島県阿南市)

四国八十八ヶ所の第二十二番札所、平等寺の「リモート参拝」

https://byodoji.jp/live

法要時間以外でも24時間本堂の様子がみられるのはすごい。

昼間はセミの声、夜はまた別の虫の声が聞こえます。

その声を聴くだけでもそのような環境にいない方には癒やしになると思います。

護摩行の後の住職さんのお話をきいてみました。

住職さんより、

今年は空海さんが「弘法大師」という名前を与えられてから1100年になると言います。

10月にみなさんでリモートしながらお経をよみましょうと案内していました。

「南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)」を連続で言うのは言いにくいけれど、

「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」を連続で唱えても言いやすい。

だったら「南無阿弥陀仏」の唱え方を真似て「南無大師遍照金剛」を唱えてみようと

チャレンジされたお話や、環境・生活音はそこからも仏性を私たちはみつけることができる(というような話をされていたと思います)

ので意図的に入れているなど、住職さんの姿勢や取組方が面白いと言うと失礼かもしれませんが、興味がわきました。

ライブ発信やVRをつかったりしているところが若い世代の方にも受け入れやすいのではないかと思います。

変な新興宗教より昔から続く宗教が持つ大切な言葉や考え方、見方を参考にするのは、

このコロナ禍のなかで大事なことだと思います。

いろいろなお寺さんはありますが、私たちはもっとお寺さんをリスペクトしなければと思います。

日本のいたるところにあるのにもったいない感じがします。・・

話が飛びました。

住職さんより、リモートだからいろいろなことをしながら観ている人もいると思いますと。それでも良いと言います。

きちんとできる時にきちんと拝めば良いというような話をされていました。

説法も説教くさくないという感じがします。

住職さん自身が生活している範囲の出来事のなかから宗教の教えとつなげて話されている感じがします。

違和感がないというか・・自然に聞ける感じがします。

他宗派であったり、WEB機器や技術であったり、よいものは取り入れて活かそうとするところが良いなと思います。

他の日はどうなのか、また機会があれば聴いてみようと思います。

スマホを片手にメールからの質問にも住職さんは丁寧に答えられているのも良いです。

また時間があれば参拝しようと思います(本ブログを担当している私は真言宗ではないのですが)。

ライブ配信を行っている東大寺の

「奈良の大仏」さんの本堂では、木魚と鈴が鳴っています(https://www.youtube.com/watch?v=-MOr_1mI3u0 )。

「奈良の大仏」(盧舎那仏像)さんのいつも変わらない姿(当たり前ですが)に、安心感を与えてくれるような感じがします。

いろんなアングルからの「奈良の大仏」さんの姿。

存在感がハンパねぇー。

しかし、木魚と鈴が鳴り続けている。

これは交代で鳴らしているのでしょうか。

一日中ずっと鳴らしているような感じがします。

真言宗の住職さんの話を聞き、やっぱり経済優先をしていのちを疎かにするようなGOTOキャンペーンはダメだと思いました。

仏の道ではないな。

それより検査を受けやすくしたり、補償をして手厚く支えることの方が必要だと思います。

 

|

« 「臨時国会はやらないから」とさらりと言ったのですか? | トップページ | 「トリチウム水が安全」という国の有識者が言うことは本当か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「臨時国会はやらないから」とさらりと言ったのですか? | トップページ | 「トリチウム水が安全」という国の有識者が言うことは本当か? »