« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月30日 (木)

排除ではなく包摂を

「排除」するより「包摂」することの方が、多くの知恵や協力、エネルギーが必要になると思う。

言うは易し行うのは難しだが、

誰も「排除」をせず、誰もが「包摂」される社会へと目指していくことが人間にとって大事なことであり、

そのような社会をつくる力を人間は持っているのではないのだろうか。

 

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

三枚におろせている?今朝の三枚おろし

 

 

なぜ「日本死ね」という言葉を

使わなければならなかったのか。

その背景に思いをはせることが大事なんではないでしょうか。

なぜここまでの言葉を使ったのか。

なぜ世間が注目したのか。

・・

政治の問題でしょ。

待機児童の問題は解消されず、

「一億総活躍」や「女性が輝く社会」とか耳障りの良い言葉とその中身が一致していないからではないですか。

うそ、ごまかしが続いていますよ。

武田さんはこの部分については何も言っていなかったと思います。

私は三枚におろせていたようには思いませんでしたが。

中骨でひっかかりおろせていない感じがします。

なんかすっきりしないなー。

 

これもうそ、ごまかしをしているのと同じだと思います。

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

あなたが割った皿、割れてしまった皿×親鸞さん

浄土真宗の住職さんからこんな話を聞きました。

・産まれてきてこれでよかったのだと思うこと。

・かえる先があること。

 このような思いを持っていることが少しでも生きやすく感じるのではないかという。

・・・・

・家族や夫婦が円満になるためには、みんなが「悪」になること。

 「悪」??。

例えば、皿を割ってしまったときに、

A:「割れてしまったのは自分が落としそうなところに置いていたからだ。」

B:「割れてしまう皿を渡した私が悪かったのだ。」

自分を悪とすれば、お互いが相手を思いやる気持ちができて反発し合わない。

自分を善とすれば、「落としそうなところに皿を置いたあなたが悪い。」、

「割れる皿を買ったあんたが悪い。」ということになるのだとのこと。

善にも悪にもなれる私、煩悩だらけである私という悪人を仏は救ってくれる。

「悪人正機」(仏はまず悪人を救う。その次に善人を・・という感じでしょうか)

という親鸞さんの思想とつなげて話をされるそうです。

そのような話をされていたと思います。

私は善であるというのは傲慢につながるおそれがある。

私も善にでも悪にでもなるという自覚があれば、

他者に対しても寛容、やさしくなれるのではないかと思いました。

・・

自分をささえてくれる言葉に出会うことも、

生きるうえでは大切なものだと思いました。

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

やっぱり食品の量や大きさが小さくなっていた

おかしいと思っていましたよ。

 

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

山本太郎議員の涙の訴えに心がふるえる

 

 

国会議員を同じようにAIを駆使して分析してほしいのですが。

だれがどのような発言をして、どのようなことをしたのかなどAIを駆使すれば分析が可能ではないでしょうか。

だれがうそ、ごまかしをしているかなどわかるのではないでしょうか。

崖っぷちなのは国会の方ではないですか?。

 

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

大人食堂

アベノミクスの効果なんてない。

この取組を民間でしないといけないのが問題だと思う。

消費税10%なんてありえないでしょう。

 

大人食堂をマスコミは取り上げるのだろうか。

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

憲法記念日の集まり

 

沖縄、辺野古沖の基地建設で、ジュゴンやウミガメが被害を受けていることを思い出した。

ジュゴン、ウミガメも私たちと同じいのちなんだ。

人権無視や環境破壊をして基地を建設することで私たちが得られるものってなんだろう。

沖縄県民の民意を無視して工事続行って、今の時点で憲法違反ではないですか?。

改憲をいう前に、

憲法を守ること、

うそやごまかしを言わない、しないことの方が先でしょう。

| | コメント (0)

平和が続くために日々声をあげていく

元号が令和になっても国民のたゆみない努力が大事なのだと思います。

 

福島第一原発事故はまだ終わっていません。

マスコミの「政権忖度」で思い出しましたが、

たまたま「武田鉄矢の三枚おろし」という番組をニッポン放送ラジオで聞いていました。

聴き終わった後は、「ラジオも忖度なんかい!」という進行内容だったように思います。

「ラジオも」というよりは、「武田さんも」という表現の方が正しいのかもしれません。

番組では平成の出来事を振り返り、

首相だった小渕さんや森さん、小泉さんなどの話題を出していましたが、

なぜか最後に一青窈さんの「ハナミズキ」の曲を流した後に、

平成の出来事の後半をまたどこかですると言いながら番組がおわっていました。

 武田さんの三枚おろしは時々聴いたりしていますが、

何か歯切れが悪いというか、消化不良というか・・なんだ??という思いになりました。

三枚におろしてないやん。

 

 

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

人によって見え方がちがいます

「これはファンタジーや」、「これでファイナルや」という声がきこえてきます。

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »