« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月27日 (火)

誰得?議論が不十分の入管法改正

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月25日 (日)

せやろがいおじさん、外国人労働者問題につっこみました

生活者目線が制度のなかに入っていない。
人権を無視していませんか?。
議論が十分にされていないのに進めようとしているのはなぜか?
誰のための制度なのか全くわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

食べることは一番の基本。人間は食べたものでできているんだ。

食べることは一番の基本。人間は食べたものでできているんだ。
・養老:人の卵を見たことはありますか。
・土井:『遺言。』で読みましたが、ぽちっと、とても小さいんですよね。
・養老:受精卵の直径は0・2ミリです、憶えておられますか(笑)。いま体重が50キロ、60キロとして、増えた分がどこからきたかといえば、全部食べ物です。だから、食べることは一番の基本だと私は申し上げたい。0・2ミリを50キロにする、身体(からだ)をつくり出す大事なことです。
・土井:人間はその食べたものでできているんだというのは理屈ではわかりますが、実感として持ちにくいことです。
・養老:あそこの稲が育ち米になってそれを食べたら、あなたの身体になる。それなら田畑や海は将来のあなたではないのか。
私は私、田んぼや畑と何の関係もないと思っている人が多いけれど、私たちの身体は田畑でできている。「私の身体は私のもの」と思うのは、恐ろしいことですよ。
』(・,:は加筆)
引用:土井善晴×養老孟司・対談 料理をする人、食べる人:
『私たちの身体は田畑でできている。「私の身体は私のもの」と思うのは、恐ろしいことですよ。
』(上記引用)というのは、仏教の縁起(他の力で生かされていること)や無分別智(分別しない心)という言葉にも通じるものがあると思いました。
子ども~大人への成長・発達や
病気や体調が悪くなったりする場合、
食べること、
食べもののとり方に何かあったのではないかと
振り返ってみることも大事ではないかと思います。
Dcim9986
「しっかりしないと!」と意識しすぎてもしんどくなります。

・土井:~(略)~「料理をしなさい」「料理をしなければならない」と義務にしてしまうと全然楽しくない。それが「別にしなくてもいいんだよ」「おかずを無理してつくらなくてもいいんだよ」となると、お料理が楽しくなり、お料理したくなる。「一汁一菜でいいんですよ、無理しなくてもいいいんです」と言ったら、途端に料理が楽しくなったというんですね。人間って、心が自由になって、自分の意思で行うことがどれだけ大切なことかとわかりました。意識は厄介ですね。』(上記引用)
会員さんのなかにも、
子どものからだづくりに気をつけて
料理や食事をしてきたという方もいらっしゃいます。
その方も土井さんや養老さんの対談内容と同じような話をされていたと思います。
0.2ミリのミリグラムの細胞から
50~60キロの重さまで大きくなる人間にとって、
食べること、食べものは大事なことなんだ。
からだのことだけでなく、
こころにも食べること、食べものは
何らかの作用を与えていると思います。
例え、今が苦しい時、つらい時、悲しい時、怒っている時にも、
とりあえずは食べることに集中、おいしいものをおいしく食べようと
することに集中すれば、
わずかかもしれないけれども少しはこころもおだやかに、
おちついたりするのではないでしょうか。
参考:横山紘一著「唯識に生きる」NHK出版,2017年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土井善晴さんと生命誌マンダラと中村桂子さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

ブラック保育・・なんでもブラックに

なぜ保育士や介護福祉士など「いのちをあずかる仕事」で専門性が必要なのに
低賃金なのでしょうか。
保育士さん、介護福祉士さんの人材が足らないと言いますが、
賃金の問題、労働環境の問題を先に取り組まなければ人材が集まらないと思います。
外国人労働者の受け入れ??。何を言っているのでしょうか。
こちらも外国人労働者の賃金、労働環境の問題を先に取り組む必要があると思います。
すでに介護分野では営利企業が参入して問題になった過去があります。
制度の仕組みの問題が大きいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

東京湾の放射性セシウム状況(東京新聞)

30年経たないと半減しない放射性物質が残る形になっている。
なぜか地中の深いところまで放射能汚染が広がっている。
この事実を改めて知るべきだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

白雪姫と鏡の女王と安倍さん

白雪姫と鏡の女王 (字幕版)
106分、2012年
あらすじ
幼いころに国王であった父を亡くし、邪悪な継母の女王(ジュリア・ロバーツ)によって城に閉じ込められたまま育った白雪姫(リリー・コリンズ)。ある日、舞踏会に忍び込んだ彼女は、そこで他国の王子(アーミー・ハマー)と運命の出会いを果たして恋に落ちる。だが、王子との政略結婚を狙っていた女王は、白雪姫を森へと追放。森で7人の小人と出会った白雪姫は、彼らと生活を共にしながら戦い方や知識を習得する。亡き父の国を守り、愛する王子を取り戻そうと、彼女は女王に戦いを挑む。
女王が安倍さんのように見えてしまう内容。
映画をみた会員さんが紹介してくれました。
女王のせいで国民の生活が苦しくなっている状況を知った白雪姫。
ギャング団だった小人たちをまちのヒーローにして、その小人たちから
剣術などの戦い方を教えてもらい女王とたたかおうとする。
最後に、白雪姫や小人も国民と一緒にみんなで楽しく踊っているシーンがありました。
うそ、ごまかしを続ける安倍さんを民主主義の力でたおして、
みんなで楽しく踊れることができる社会を目指したいという思いになります。
原発事故の問題も国民の生活を苦しくさせています。
日本各地で原発再稼働をすすめようとしています。
安倍さんは原発事故で被害を受けた方たちに寄りそっているのか。
なぜ原発を動かそうとする方向に進めていくのか。
原発事故のせいで今でも住むところがうばわれ、
仕事もうばわれ、故郷にも帰れない状況があるのに。
汚染があるところに無理やり帰還させようとしている。
『原発事故の避難者にとって、住宅無償提供の打ち切りなどが
「帰還への多大な圧力になっている」と指摘した。』(以下、記事引用)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

マイクロプラスチックもそうですが放射性物質も

マイクロプラスチックの問題がニュース等で
紹介されるようになりました。
マイクロプラスチックも心配ですが、
海洋に流れている放射性物質もとても気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »