« ソウルの説明会で「韓国で獣医師になれる」“四国の獣医師不足”はどこへ? | トップページ | 内部被ばくについての学習会(コープ自然派) »

2017年11月27日 (月)

核兵器と個人・社会の幸福(核兵器禁止条約とラッセル)

『学生ら「被爆国として恥」 核禁止条約不参加を批判』
引用:東京新聞:2017年11月27日 朝刊:
被爆者の証言を伝える若者の語り部として外務省が任命した
「ユース非核特使」らが意見交換するフォーラムが二十六日、
広島市で開かれ、核兵器禁止条約に反対する日本政府の対応を
「被爆国として恥ずかしい」などとする批判が相次いだ。
 外務省主催で、参加したのは現役特使と経験者ら十二人。
広島、長崎、沖縄各県の日本人七人の他、米国やロシアの学生が含まれる。
今年、国連で核禁止条約の交渉会合を傍聴した』
大学生や高校生からは、
「核抑止力を軸とした安全保障では核廃絶は進まない」と指摘。
日本政府の条約反対を「恥ずかしく、がっかりだ」』
(略)
『「(反対は)被爆者の頬をたたくようなものだ」と訴えた。』
(略)
「日本の核政策を巡る矛盾を心苦しく思うこともあった」。(略)
 米国の学生からは
「政府の姿勢を変えるためには市民の考え方から変える必要がある」との意見が出た。
『ノーベル平和賞ICAN川崎氏「政府の姿勢は残念」』
引用:日刊スポーツ:2017年11月24日:
(一部引用)
 ノーベル平和賞を受賞した国際非政府組織(NGO)
「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の川崎哲国際運営委員
(49)が24日、横浜港大さん橋国際客船ターミナルで
「第95回ピースボート」の成果報告を行った。日本が核兵器禁止条約に
署名していないことについて「政府の姿勢については残念でならない。
世界はあきれている」と語気を強めた。
私たち、一人ひとりが動き、
変えていくことが大切。
「個人が幸福になるためには、
社会も幸福(平和)でなければならない」と、
バートランド・ラッセルが
「幸福論」のなかで述べていると言います。
(引用:小川仁志 100分de名著 ラッセル 幸福論 NHK出版 2017年)
社会が幸福になるために
私ができることは・・・。
うそごまかしで社会が幸福になるのでしょうか。
幸福になるとは思えません。
原発再稼働、
モリカケ問題、
・・・。

|

« ソウルの説明会で「韓国で獣医師になれる」“四国の獣医師不足”はどこへ? | トップページ | 内部被ばくについての学習会(コープ自然派) »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1413666/72320621

この記事へのトラックバック一覧です: 核兵器と個人・社会の幸福(核兵器禁止条約とラッセル):

« ソウルの説明会で「韓国で獣医師になれる」“四国の獣医師不足”はどこへ? | トップページ | 内部被ばくについての学習会(コープ自然派) »