« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月29日 (日)

ICANより、日本は橋渡しではなく分断をまねいていると言われました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月22日 (日)

選挙「信任を得た」は本当か?

選挙「信任を得た」は本当か?
選挙結果が報告されています。
自民党が過半数の議席を超えたことに、
国民から「信任を得た」と報道されていますが、
それは嘘だと思います。
その理由の一つは、小選挙区比例代表並立制の問題があります。
通販生活
一部引用:「山口二郎さん 「9条護憲」「脱原発」に特化した反自民の受け皿を作ることが必要です。」より
山口二郎さんの話のなかで
小選挙区制の問題を指摘しています。
特定秘密保護法、原発再稼働、
そして閣議決定による集団的自衛権の行使容認など、
安倍政権の暴走が止まりません。
暴走を可能にさせているのは、
衆議院での自民党一強体制で、
それを作り上げた大きな原因は小選挙区(比例代表並立)制にあります。
 小選挙区制の最大の特徴は「1位の政党に大きなボーナスを与える」こと。
つまり、得票率の差を増幅して議席数の差にする選挙制度なのです。
2012年12月の総選挙でもその特徴が顕著であり(左頁図)、
その前のいわゆる「政権交代選挙」(09年)や「郵政解散選挙」
(05年)でも同様の傾向が見られます。
Photo

反自民の受け皿を作る必要があるのに、
希望の党ができたり、
前原代表による民進党分裂などによって野党共闘ができにくかった。
それが自民党の議席をのばす結果になったのだと思います。
なぜ前々から小選挙区制の問題点を指摘しているのに
同じような結果になるのか?。
権力ゲームをしている人。
選挙の時だけ都合の良い話、ウソ、ごまかしをしている人。
・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トットちゃん アンクルトムの小屋

ドラマ「トットちゃん」を見ようと
会員さんから紹介されました。
第15話では、
郁夫(いくお)君から「アンクルトムの小屋」の本を借りていた
トットちゃん。
ドラマをみていて、
「アンクルトムの小屋」を読んだことがある会員さんが、
「いくお、いくお、いくおぉぉー!」と叫んでいました。
「???」
ドラマをみてから、「なるほど」納得。
郁夫君、7歳にして「アンクルトムの小屋」を読んでいて、
しかも時代が第2次世界大戦がはじまる前だった
ところがすごい。
「アンクルトムの小屋」を読んだ感想を郁夫君に聞きたい。
郁夫くんのお姉さんがトットちゃんに、
「大人になって~読めるようになったら読んでちょうだい」
と言ったように、
私も大人になってから読んだことを思い出しました。
「アンクルトムの小屋」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センキョ割 

おぉー、選挙に行くとお得なサービスが・・
ここ中四国地方では、
岡山や島根などで行っています。
会員さんは台風を心配して
期日前投票に行っていました。
大切な一票。
「微力だが無力ではない。」という言葉が
いつも選挙の時に思い出します。
あぁー、センキョ割・・
個人的には、
一風堂のラーメンが食べたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

通販生活が「民主主義とは何か」を問う

Photo

通販生活2017年冬号のことで周りがさわがしい。
・・
ホームページから、「通販生活」の表紙をみると、「なるほど」納得。
引用:通販生活 定期購読

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

ノーベル平和賞、「核兵器廃絶キャンペーン」やったー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

東京電力に原発再稼働する資格はない

東京電力に原発再稼働する資格はない
「柏崎刈羽原発6・7号機の運転許可に抗議」「東電に資格なし」
新潟・東京・福島など118の市民団体が抗議
引用:FoE Japan 2017年10月3日:
柏崎刈羽原発6・7号機の審査書案が、近く了承されようとしています。
10月3日、新潟・東京・福島など全国118の市民団体が連名で、
「東京電力に運転資格はない」「柏崎刈羽原発の運転を認めるべきではない」
として、原子力規制委員会宛てに、抗議声明を提出いたしました。
抗議声明より一部引用:『
東電の安全性軽視の姿勢は、柏崎刈羽原発の審査内容からも明らかだ。
東電は緊急時対策所として想定していた免震重要棟が基準地震動に
耐えられないことを知りながら、それを隠し、虚偽の説明をしていた。
結局東電は、5号機の建屋内に緊急時対策所を設けたが、
免震構造ではない。これまで東電自身が何度も述べていたように、
緊急時対策所を免震構造にすべきだというのは福島第一原発事故
の大きな教訓ではなかったか。規制委はなぜこれを認めるのか。
規制委員会はきちんと機能しているのだろうか。
だれのための運転?
だれが得するのでしょうか。
・・
引用:グリーンピース ジャパン
放射性物質を気にしながら食べるものを選ぶ。
原発事故前は気にしなかったことを気にするようになる。
放射性物質が見えないのでより不安を生んでいるように思います。
「これで安全なのだろうか」、「危ないのだろうか」。
風評被害(根拠のないうわさのために出る被害)も
原発事故がなければ起こらなかった。なぜ原因となる原発を
再稼働させるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

だまされてはいけない選挙2017

本会の活動地域の一つになっている岡山市。
先日、
岡山市長選挙がありました。
投票率は、28.35%と過去最低だったそうです。
投票率が低かった理由は、
自分が投票に行かなくても
結果は変わらないから投票に行かない人が多かったの
だろうか。
どちらの候補者にも関心がなかったためだろうか。
岡山市は住みやすいまちですか?。
待機児童は全国ワースト2位と言われていますが・・・
岡山市には加計学園があります。
『学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市北区)の獣医学部
新設を巡り、県内の弁護士や獣医師らが9月9日、「加計
学園問題を考える会」を設立』した。
「加計学園
獣医学部新設問題 考える会、弁護士らが設立 来月9日、
初講演 /岡山」
より
愛媛県今治市の獣医学部開設のせいで、
バリイさんのいる今治市民に大きな負担がかからないだろうかと
心配します。
住みやすいまちにするために、自分ができることで少しずつ
やっていく。
国政選挙がはじまります。
合流や解党などの話が、ニュースや新聞でよく言われていますが、
だまされてはいけない。
これまでのことを忘れてはいけないと思います。
忘れない、だまされないために、
リテラ(http://lite-ra.com/)でわかりやすくまとめられています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »