« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月26日 (火)

愛媛新聞社説 解散を断固反対する内容

加計学園問題で注目されている今治市がある
愛媛県。
地元紙の愛媛新聞は、
安倍首相の独善的な解散に断固反対すると
いう社説を書いていました。
「社説
首相が解散表明 大義なき権力乱用 断固反対する」
2017年9月26日(火)(愛媛新聞):
引用:
(一部引用)
28日に開会する臨時国会は、首相の所信表明演説もなく、
衆院を解散するためだけに開かれる。
結局、行き着く解散理由は「森友・加計問題逃れ」でしかない。
あまりにも独善的な解散は、国民を愚弄(ぐろう)していると言わざるを得ない。
断固反対する。
地元の新聞が、解散の理由を「森友・加計問題逃れ」と批判している。
愛媛県民も今治市民も丁寧に説明を受けたとは思っていないのでは
ないでしょうか。
近くに住む私たちも丁寧に説明されたとは思いません。
むしろ疑惑が深まるばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

なぜ今解散?この暴挙の被害を受けるのは私たち。どうする?

「国難突破解散」?。
森友学園、加計学園問題について、
きちんと説明をしましたか?。
北朝鮮問題と選挙が何の関係があるのだろうか。
安倍首相が理由を説明していますが意味不明。
#お前が国難」というツイッターが人気だそうです。
野党は共闘。
共闘しないと国難がこれからも続きそうです。
今の状況であれば、野党の各党に票が分散すると
死票が増えて与党が有利になる。
小池新党、民進党・・今の自民党、公明党の与党が
有利となるように事が進んでいるように思います。
先ほど報道ステーションに安倍首相が出ていました。
キャスターやコメンテーターの質問に、
よくわからない説明を続ける安倍首相。
国際社会は、紛争をのぞんでいないのに、
なぜ北朝鮮に最大限の圧力をかけようとするの?
この危機を作っているのは、
安倍さんではないですか?。
積極的にテレビに出ていますが、
なぜ国会に積極的に出て説明しないの?
森友学園、加計学園問題について、
丁寧な説明をしているように思えません。
記録も保存しない。あったことをないことにする。
加計理事長などの重要人物を国会に呼ばない。
それでも説明をしたと説明する安倍首相。
信じられません。

「こんな横暴が許されていいのか! 安倍首相の大義なき身勝手解散は、
解散権を私物化し、民主主義を破壊する行為だ」
リテラ:2017年9月25日記事:http://lite-ra.com/2017/09/post-3474_3.html
(一部引用)
ほんの2週間前、12日に行われた日本経済新聞のインタビューで、
衆院解散について「まったく考えていない」とウソをつき、
北朝鮮危機のさなかに、その危機を利用するかたちで解散。
しかも、国会が要求していた臨時国会の開催にずっと応じず、
ようやく開く臨時国会では所信表明演説もせず、いきなり冒頭解散をするというのだ。
8月に「仕事人内閣」なる意味のわからない内閣改造をしたばかりだが、
何一つ仕事もせず、「丁寧に説明する」と言いながらまったくなにも説明しないまま解散。
本当にこんなことが許されていいのか。
 言っておくが、この暴挙の被害を被るのは私たち国民だ。
議会軽視と国民的議論の高まりの抑制(熟議の否定)を引き起こし、
慌ただしい総選挙によって多数派形成(多様性の排除)
に向かうという“負のサイクル”を早回しする。
 だからこそ、私たち有権者は、政権が用意するだろうハリボテの争点など無視して、
この際、安倍首相が解散権を私物化したあげく“大義なき解散”に出たこと自体の是非を議論し、
その一点で政権にNOを突きつけるべきだ。
少なくとも、首相の“私利私略”に国民がまんまと乗せられているようでは、
この国の民主主義に未来はない。
上野動物園のパンダの名前が「シャンシャン」に決定
・・デンデンかと思っていましたが・・。
暴挙の被害を受けないために、
私たちができることをコツコツとやっていくしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

唯識に学べ。柏崎刈羽原発適合。

唯識に学べ。柏崎刈羽原発適合。
柏崎刈羽原発、13日「適合」へ 「東電資格ない」一転
 
東京新聞:2017年9月7日 朝刊
一部引用:
◆自力で事故処理できぬまま
<解説> 福島第一原発事故を起こした東京電力に、
原子力規制委員会が、来週にも柏崎刈羽原発を再稼働する権利を与える状況になった。
東電は福島事故に伴う損害賠償や除染などの費用を自力で工面できていない。
そんな事業者に、巨大な潜在リスクを抱える原発を、新たに動かす資格があるのか。
はなはだ疑問だ。
 政府は福島事故の処理費用を二十一兆五千億円と見込む。
この額は、業績が良かったころの東電の利益の五十年分に匹敵する。
費用の一部は税金や電気代でまかなわれるが、大半は東電の“借金”と言える。
 東電は、自前の資金では賠償などが滞るため、
政府と原発事業者でつくる原子力損害賠償・廃炉等支援機構からの立て替え資金でしのいでいる。
 柏崎刈羽原発では、津波を防ぐ防潮堤が築かれ、建屋の防水性向上、
電源の多重化などにより安全性が向上したのは確か。だがリスクは残る。
新たな事故が起きれば、つけが国民に回ってくるのは必至だ。
・・
今なお東北に甚大な被害を与え続けている
東京電力に原発を再稼働させる資格はないと思います。
・・
東京電力
原子力規制委員会
アベ政治・・
・・
『自我執着心』の塊だ。
本ブログでも取り上げていた
マインドフルネス(瞑想法)にも
関係する「唯識思想」のなかの
言葉です。
「唯識」は、仏教の根本思想と言われています。
法然(浄土宗)、親鸞(浄土真宗)、日蓮(日蓮宗)
、道元(曹洞宗)という日本の仏教に
多大な影響を与えた人たちも
唯識を学んだと言います。
・・
その思想から今の出来事をみると、
自我執着心の塊だと思いました。
・・
『「自分」というものへ執着し、
「他者」への思いやりを閉ざしている心』
のありようではないかと思います。
・・
「自分」とは、「自分のお友達」、「自分の会社」
「自分の国」・・など。
『このような思いから
自他対立の意識が生じ、その結果、戦争や
紛争、そして貧困・差別・搾取などの状態が生じる』
・・
私も人のことはあまり言えませんが、
自分自身の思い、行動を振り返る時に
唯識思想は大事な考えの一つになると思います。
・・
私たちは、
ありとあらゆる「いのち」の縁によって
生かされていることを
もっと気づかなければならないと思います。
・・
気づいて行動。
・・
人のいのち、生活や自然、環境を
破壊する原発の再稼働はありえません。
・・
身近な人間関係から、
いのち・生活、
原発問題・・
日本の社会問題や、
外交、紛争、戦争、
自然環境破壊・・
国際社会の問題
など、唯識を学ぶと、
私たち自身ができること。
日本が海外に対してできることが
たくさんあるように思います。
・・
日本で生活していると、
唯識思想が私たちにうっすらと身についているようにも感じます。
改めて唯識に学び、気づこう。
・・
(『 』引用:横山紘一 NHKこころの時代 宗教・人生 唯識に生きる NHK出版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »