« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月17日 (木)

食べ方は生き方 枝元なほみさん(コープ自然派 タブルvol.349 2017年8月)

コープ自然派 タブルに、
枝元なほみさんの講演記事がのっていました。
これまで本会でも
枝元さんのおっしゃっていることと同じことを会員さんと話していました。
記事を読んで、
食の安心、安全がおびやかされていることは、
人の安心、安全、いのちもおびやかされる。
それをくい止めるためには、
私たちの日頃の食事からできることがあるんだと再確認しました。
本文の最後に、講演内容に関係する資料をつけました。
記事では、
枝元さんが高校で授業をした時、
朝食がコンビニ弁当やファストフードの生徒が多かったことに
ショックを受けます。
その高校では、生徒がアルバイトをして生計を立てないといけない
家庭が
多いと高校の先生から聞いたそうです。
枝元さん『「子どもが何を食べているかは親の意識や
経済レベルに左右されます。だから、何を食べたかを
否定することは生きていくことを否定することであり、
あれはダメ、これはダメと否定することから始めたくない
なと思うようになりました」』。
その他、食べものの安心、安全がおびやかされている
ことについて話していました。
枝元さん『「健康や食べものがないがしろにされ、
安全性より企業利益が優先
されています。~略」』。
2017年4月、主要農産物種子法(種子法)が廃止されたことについて
説明されています。
種子法廃止については、国会で十分な議論もなく、
私たちにも十分に知らされていません。
知っていますか?。
種子法廃止の影響について、枝元さんの話をまとめると、
・遺伝子組み換え(GM)作物が栽培される可能性が高くなる。
・コメの種子価格が4~5倍になり、農家はお米をつくることができなくなる。
・日本の食料自給率が10~20%になる。
・GM作物の種子を開発した多国籍企業が参入しやすくなる。
などです。
 ⇒ 日本の食べものの安全性、いのちがおびやかされる。
枝元さんは講演の結びに、
映画フードインクのエンドロールの言葉を引用し、
『「私たちは日に三度、社会を変えるチャンスがある」~略~
「食べて、生きて、子どもたちを養い、
これおいしいと伝えながらつながっていくことでいろんなことが
できるのではないでしょうか
と、提案されていました。
・・・・
・・・
・・
〇枝元なほみ(脱原発に一票)
ツイッター:https://twitter.com/eda_neko
〇食料自給率、38%に下落 23年ぶり低水準
〇京都大学大学院経済学研究科
ディスカッションペーパーシリーズ
久野 秀二(京都大学大学院経済学研究科・教授)
「 主要農作物種子法廃止の経緯と問題点
-公的種子事業の役割を改めて考える- 」
〇2017.07.21 【寄稿・種子法廃止】種子は食の根源 パルシステム 山本顧問
〇映画「フードインク」
『フード・インク』(原題: Food, Inc.)は、2008年のアメリカ映画で、
アメリカの食品産業に潜む問題点に切り込んだフード・ドキュメンタリーである。
広大な農場に散布される農薬、遺伝子組み換え問題など、大量生産低コストの裏側にあるリスクを伝え、
オーガニック・フードの本当の価値を訴えている。

〇日本の種子(たね)を守る会
HP・リーフレット:
・リーフレットは、種子法の問題点、影響をまとめています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

コープ自然派らしさとは?

総会が6月の末にありました。
タブル2017年8月号から引用。
理事長のあいさつでは、政治学者の山口二郎さんの言葉を引用し、
『日本の政治状況は、「法治国家から家産性国家への逆行」であると指摘。』
家産性国家とは、
支配階級の長が土地や社会的地位を自分の家産のように扱い、
家父長制支配で統治する
支配形態のこと。
『私たちの課題は常に政治とかかわりがあることから、
このような政治状況下、
コープ自然派としてどうあるべきかが問われる』と述べられました。
また、生産者の方からは、『生産者のこだわりを
消費者にきちんと伝えてくれるコープ自然派に感謝。
共働き家庭の増加など社会的ニーズに応えられるよう
安心・安全で使いやすい食材を提供したい』と話されました。
コープ自然派らしさは、
ホームページをみるとわかりやすいです。
安心・安全であることは、ココロにもいいです。
いろいろな名前の生協
(コープデリ、パルシステム、おうちコープ、生活クラブ、グリーンコープなど)
がありますが、コープ自然派は、
食の安心・安全にたくさんの力を注いでいると思います。
また、食の安心・安全に影響を与える共謀罪反対、TPP反対、原発反対などの政策に対しても、
勉強会を開いたり、署名などのソーシャルアクションを行っています。
商品の値段が高いのは、安心・安全に力を注いでいるからだと思っていますが・・。
価格の検討も議題に上がっているようでした。
安心がくれる、おいしさ。
 
コープ自然派は、食と農と環境は一体であると考えています。
安全な食べものを食べることが、
生産者を支え、環境を守ることにもつながる。
そんな、いのちをつなぐ食べものづくりの好循環を
産地で、食卓で、広げたい。
コープ自然派は、国産オーガニックを推進しています。
』(引用:コープ自然派:http://www.shizenha.ne.jp/coop/view/139/
『環境を守る』、『いのちをつなぐ食べものづくりの好循環』のためにも、
政治にかかわる。
・・
タブルやコープ自然派のホームページをみながら、
コープ自然派らしさとは何かを考えていると・・
新しい安倍内閣がスタートしたというニュースが流れてきました。
安倍首相の演説を聞きましたが、
「きょうから新たなスタートだ。謙虚に、丁寧に、一つ一つ結果を出していきたい」、
「国民の声に謙虚に耳を傾けながら結果を出していきたい」など、
耳さわりの良い言葉が一人歩きしているように思いました。
〇沈黙の佐川新長官 国税庁就任1カ月 異例の会見なし
引用:東京新聞:
なぜ会見をしない?。森友、加計、自衛隊の日報問題などの疑惑が全くはれて いません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ