« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月25日 (日)

報道特集からの サンデーモーニングでつながる

報道特集からの
サンデーモーニングでつながる
・・
報道特集では、大田元沖縄県知事、6月23日の慰霊の日の特集をしていました。
・・
新たな米軍基地建設で注目されている
沖縄県の大浦湾はいろいろな魚やサンゴがみられる場所です。
基地建設の埋め立てで海の生態系が激変してしまうと危惧されています。
金平キャスターが体を張って海のなかに潜って状況を説明していました。
・・会員さんから、「体を張って」ではなく、「多彩な特技を持っている」と表現した方が良いとの指摘。
・・
4月から工事再開でどんどんと海のなかに土砂が放りこまれている映像。
「お魚さんたちは大丈夫なのだろうか。」と心配になります。
なりませんか?。
・・
「沖縄のことだけの問題ではない。私たちの問題であることを改めて認識した」
というようなことを、
金平キャスターは最後にコメントしていました。
・・
基地問題は沖縄のことだけの話ではない。
沖縄県東村高江周辺の米軍北部訓練場内のヘリパッド建設に反対する住民に対して「土人」と呼んだ警察官のことも他人事ではない。
ヘイトスピーチも他人事ではない。
新たな基地建設は、沖縄県民の大多数が反対していること。
沖縄県民の民意が踏みにじられているという状況。
県外の私たちも反対しています。
・・
どのようにすれば他人事からわたし事に意識が変わっていくのだろうか。
・・
サンデーモーニングの「風をよむ」では、
前川前文部科学省事務次官の単独インタビューが流れていました。
・・
立法、行政、司法の
三権分立が機能していないのではないかという危惧。
・・
沖縄県の基地問題、
加計学園問題もつながってみえます。
原発再稼働についても同じです。
やっぱり今の「政治」に問題があることに収束されます。
・・
どの問題もつながっていること、
それが私の生活にも影響を与えていることが
わかってくれば他人事からわたし事に
なってくるのでしょうか。・・「わたし事」⇒「わたくし事」。
私が納めた税金を無駄に使ってほしくない。
そんなやさしい言葉ではなく、
「税金を無駄に使うな!!!!、
人の都合で自然を勝手に壊すな!!!」と、
絶叫したいくらい憤怒しています。
Ehime
自然に対する畏敬の念もなく、生殺与奪を行う。
そんな政治が行われているように思います。
おごりすぎではないでしょうか。
自然がなければ、この環境がなければ
人は生きていけません。
改めて認識をしたら、
次はアクション、ソーシャルアクションですね。
Oishiiyo
・・ご飯に卵焼きをのせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

蒜山から叫ぶ?わかりやすく丁寧に説明してほしい。

米子自動車道
・・
蒜山高原PA上りから蒜山(ひるぜん)方向に撮った写真。
・・
二俣山?、蒜山?
休暇村 蒜山高原や
蒜山酪農農協製品工場が見える?。
Photo
なぜ蒜山なのか?
「わかりやすく丁寧に説明したい」。
森友学園や加計学園問題は、
もっともっとわかりやすく丁寧に説明してほしい。
・・
きょうは、
テレビなどから「ハゲー!!」と女性の叫び声が朝から晩まで聞こえてきます。
・・
もうやめてほしい。
・・
6月20日、大分で震度5の地震。
伊方原発の近くです。
・・
原発もやめるべきです。
・・

ヨーグルトが箱入りに・・滅多に食べられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

十分な説明もない【「共謀罪」】/懸念や疑問点はむしろ膨らんでいる

【「共謀罪」】まだ採決の時期ではない/懸念や疑問点はむしろ膨らんでいる
47NEWS 47トピックス:
・・
地方紙各社の社説で共謀罪について反対の意見を述べています。
西日本新聞より
審議は費やした時間ではなく、どれだけ中身を深めるかが重要であると私たちは社説で再三指摘してきた。
しかし、論戦の舞台を衆院から参院へ移しても、改正案に対して多くの国民が感じる疑問や懸念は解消されていない。
・・
野党の指摘に全く答えられていない。
・・
映画界からも反対の声があがっています。
「キネマ旬報」が共謀罪を特集! 映画界から続々とあがる反対の声、周防正行、ケラリーノ・サンドロヴィッチも
・・ 
共謀罪は絶対に廃案です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

「国会審議は不条理」 「共謀罪」全国に広がる音読 (コッカイオンドク)

「国会審議は不条理」 「共謀罪」広がる音読 再現劇を6・11全国一斉開催
・・
(一部引用)『
「共謀罪」法案をめぐる国会審議を音読する北陸発の活動が、全国に広がっている。
質疑を声に出して読むことで、国民の理解を置き去りにして進む法案審議の問題点を浮き彫りにする試みだ。
十一日には全国の市民グループらが各地で一斉に開催。「国会で何が起こっているかを体験しよう」と参加を呼び掛けている。
 (中山洋子)
 衆院予算委や法務委の攻防を、金田勝年法相や民進党の山尾志桜里議員らになりきって再現する音読劇は、
先月十五日に石川県で始まった。
 金沢市の主婦小原美由紀さん(52)が書き起こした国会質疑を「声に出して読んでみよう」と数人で始めたところ、
その手軽さと面白さが共感を呼び、後に続く人たちが相次いだ。
これまでに北海道から鹿児島まで全国十四都市の二十二カ所で同様の「音読」が自発的に催されてきた。
 「『そもそも』という意味にはですね」と、辞書にない解釈を披露した安倍晋三首相を演じたり、
「告発された場合でも、嫌疑がなければ捜査の対象にはなりません」と犯罪捜査の基本を逸脱する
金田法相の珍答弁をしどろもどろに読み上げたり。各会場で繰り広げられる喜劇のようなやりとりが、
現実の国会審議と知って驚く参加者は少なくない。
・・
国会審議を音読する活動。
・・
一人からでもできます。
丁寧な説明が行われていないことに
怒りがわいてきます。
共謀罪だけでなく、
森友学園、加計学園問題も同じです。
・・
『コッカイオンドク@京都の方が、台本(書き起こし)
をセブンイレブンでプリントできるようにしてくださいました。』※
セブンイレブンのコンビニがあればどこの場所からでも音読ができます。
音読のための小道具まで提供していただけるのがありがたいです。
・・
引用:
コッカイオンドク!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

私たちは政府から馬鹿にされている・・誰のための国会か

私たちは政府から馬鹿にされている・・誰のための国会か
・・
確認拒否に誤説明…政府、12時間を空費 森友問題審議
6/10(土) 21:38配信
(一部引用)『
民主主義論に詳しい五野井郁夫・高千穂大教授(政治学)は
国民を代表する国会議員の疑問に対して、
誠実に答えるのは民主主義における政府の最低限の義務だ。
それをしないのは、国民を馬鹿にしていることと同じ。
加計学園の獣医学部新設問題などにも通じる姿勢だ。
官僚と一緒になって居直ることで、国民に『これ以上質問しても無駄だ』
と諦めさせようとしているようにみえる」と政権の姿勢を批判する。(三輪さち子、南彰)
・・
野党からの質問に全く「真摯」に答えていない。
・・
ようやく再調査をしようと動き始めているが、
再調査で問題がなければ前川前事務次官の証人喚問をしないと
まだ政府、与党は言っている。
・・
真っ黒ですね。そう思われても仕方がない。
国会で十分説明をしている?。
・・
政府、与党とそれに賛同する政党は、
民主主義における政府の最低限の義務さえ守ろうとしていない。
安全保障関連法の時と同じ。
「民主主義」って何だ?。
国民が政府から馬鹿にされているのが民主主義なんでしょうか。
・・
誰のための国会なのか。
私たちの納めているお金が無駄に使われています。
・・
『第2の森友問題』今治市の説明会に住民激怒 報道陣の質問もシャットアウト
2017年05月12日 15時25分
記事まとめ
第2の森友問題』といわれる加計学園が愛媛・今治市に新たに開設する獣医学部の問題
市が約36億円の土地を"タダ"で差し出すことに対し、市民に不満の声が高まる中で説明会
「なぜ市が土地をタダで差し出すのか」説明はなく、報道陣の質問もシャットアウト
・・
今治市民からの質問に答えられない。
なぜ今年の5月の時点でこんな状況なんでしょう。
土地ではもう工事もはじまっていますね。
不満や怒りばかり。
お金がどこかに飛んでいく。
・・
室井佑月「なにもかも信じられない」
AERAdot.2017年6月9日
(一部引用)
 共謀罪法案が衆議院本会議を通過したことや、
前川喜平・前文科事務次官が人格攻撃されるなど、
様々な政治的問題が起きている日本。
作家の室井佑月氏は「あたしの目には、今の政権は狂っているように見える」と言い切る。
・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

なぜ今、原発を再稼働させるのでしょうか。

『高浜3号再稼働、1年3月ぶり運転
2基運転で関電電気料金引き下げへ』
2017年6月6日 午後2時00分
・・
北朝鮮からミサイルが・・というニュースを
頻繁にしていましたが、原発は危なくないのですか?。
なぜ再稼働させるのでしょうか。
・・
原発にミサイルは当たらないと思っているのでしょうか。
不可解なことばかり。
参考:
波佐場 清「安倍首相はほんとうに国民を守ろうとしているのか/北朝鮮のミサイル発射」
・・
関西電力から、
グリーンコープでんきに乗りかえるという方法はどうでしょうか?。
●2017年4月から中国電力管内、関西電力管内で「グリーンコープでんき」の共同購入をスタートさせました。
引用:グリーンコープでんき:
・・
肺から2万2000ベクレル…作業員にこれから出る健康被害
(一部引用)「
日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」(茨城県大洗町)で6日、
男性作業員ら5人が被曝した前代未聞の事故。
当初、機構は3人の鼻腔内から最大24ベクレルの放射性物質が検出されたと説明していたが、
この日、1人の肺からナントその916倍の2万2000ベクレルが検出されたと発表した。
検出されたのはプルトニウム239。長崎の原爆で使用された毒性の高い放射性物質として知られている。
・・
絶対に原発再稼働反対!!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どれだけうそやごまかしをしているのかがわかる加計学園問題(森ゆう子氏(自由党))

森ゆう子氏(自由党)が、参議院農林水産委員会で
大臣や官僚に質問をしている動画がアップされています。
必見とのことでみてみました。
・・
どれだけうそやごまかしをしているのかがわかる内容でした。
証拠を出してもまともに答えない。
国民の怒りを森氏は代弁してくれています。
森氏の質問に答える大臣や官僚ら。
その答えにみなさん納得できますか?。
・・
ヤンキー先生と呼ばれていた方も答えていますが、
今の態度で教え子に顔を合わせることができるのでしょうか。
先生って、
教育って何でしょう。
・・
「うそやごまかしに加担しないでください。」と
教え子から言われると思うのですが・・。
・・
参考:
【森ゆうこ動画】参議院農林水産委員会:
Dcim2046
この怒りをパンにこめようか!。いやいや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

なぜ今治市に加計学園の大学?、なぜなぜ??

『首相、加計新学部判断で関与否定
メール真偽なお不透明、参院委』
共同新聞:
(一部引用)
安倍晋三首相は5日の参院決算委員会で、
学校法人「加計学園」を巡る問題に関し、
獣医学部新設の判断で自らの関与を否定した。
必要な4条件への適否判断について
「国家戦略特区申請の分科会で議論する。私が入っていく余地がない」と述べた。
ただ、文部科学省内で共有したとみられるメールの写しを含めた関連文書に関する野党の再調査要求を拒否するなど、
メールの真偽は不透明なままとなっている。
何?。
意味がわかりません。
なぜ京都産業大学ではなく、
加計学園の大学になったのでしょうか。
京都産業大学では、
『ノーベル賞受賞者の山中伸弥氏が所長を務める京大iPS細胞研究所との連携を提案していました。』
引用:『森友ソックリになってきた 加計学園獣医学部は白紙になる
日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年5月20日 9時26分』https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_391966/?p=2
なぜ?加計学園なの?
なぜ?、なぜ?、なぜ?と思うことばかり。
参議院で質問しても
納得できる答弁をしていない。
私たちの税金で国会は運営されています。
私たち国民にわかるように説明をするのが
当たり前ではないでしょうか。
なぜ政府は再調査をしないのでしょうか。
前川前事務次官も証人喚問をしても良いと
言っていますが、なぜ国会に呼ばないのでしょうか。
うそ、ごまかしで済まそうとするのは
どういうことでしょうか。
ミャンマーで何しているの?
私たち国民は知りません。
知らぬ間に私たちの税金が使われている。
知れば知るほど怒りがわいてきませんか?。
『“第2の森友”で揺れる今治市 形ばかりの説明会に住民激怒』
日刊ゲンダイ 2017年4月12日
これでは市民が納得するはずがない。
安倍首相の“お友達”である岡山市の学校法人「加計学園」
が愛媛・今治市に新たに開設する岡山理科大獣医学部の問題。
大学用地として市が約36億円の土地を“タダ”で差し出すことに対し、
市民に不満の声が高まる中、11日、市民会館で市主催の
「大学獣医学部の開学に向けた説明会」が開かれた。
 収容人数200人の大会議室は、開始前からほぼ満席。
冒頭、菅良二市長が「大学は将来、飽和状態になるが、
獣医学部なら希少価値がある」と挨拶。
続いて獣医学部長候補の吉川泰弘氏がパワーポイントを使って概要を説明したのだが、
なぜか資料は配布されず、肝心要の「なぜ、市が土地をタダで差し出すのか」
「本当に学生は集まるのか」
「大学がタダで手に入れた土地を担保にしてカネを借り入れることを市はどう考えているのか」
といった説明は一切なかった。
 質疑応答でも、市側は「市民を対象とした説明会なので質問は市民に限ります」
などとクギを刺し、集まった報道陣の質問をいきなりシャットアウト。
“サクラ”とみられる出席者から、「大学設置には期待している」
みたいなヨイショ質問ばかりが相次ぐ中、ようやく終盤になって、
「(県と市から合わせて)130億円もの寄付を受ける加計孝太郎理事長が今日、
不在なのはなぜか」との批判の声が出たが、
事務局側は「ご指摘があったことを伝えておきます」と逃げ回るばかりだった。
 説明会終了後、出席者からは「これは単なるアリバイづくりだ。何の疑問も解明されていない」
との怒りの声が続出したのもムリはないだろう。“第2の森友問題”は、まだまだ闇が深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »