« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月19日 (日)

森友学園、子どもの権利条約を学ぶ

『森友学園の「運動会の宣誓」の様子流石にやば過ぎやしませんか。』
Photo_5
子どもに何を言わせているんだろうと怒りがこみ上げてきます。
子どもにこんなことを言わせたくない。
 
「安保法制 国会通過 良かったです」?。
人が殺し、殺されるところに、
日本も武器を使用し、
他国と一緒になって活動をしないといけない法律ができて喜べますか?
「森友学園」、「南スーダンの自衛隊派遣の問題」、
「原発事故」など、
どれもこれも、いのち、人権に通じています。
・・
安倍昭恵名誉校長と安倍晋三首相
「大変すばらしい森友学園の教育」=幼児虐待、トイレに自由に行かせず
2歳でもオムツ禁止で大小排泄物を登園バッグで持ち帰らせる、日常的なヘイトスピーチ・恫喝
・・
『日本会議「子どもに権利なんて覚えさせちゃうとろくな大人になりません」』
・・
子どもの権利がないがしろにされているから
このような状況になるんだと思いました。
・・
籠池氏だけが問題ではなく、
国、官僚、政治家、大阪府・・も関係していないと
このような状況にはならないのではないでしょうか。
ようやくマスコミ各社で取り上げています。
籠池氏の証人喚問を可決 当時の財務官僚招致は拒否
:2017年3月17日:
衆参両院の予算委員会は17日、
学校法人「森友学園」の籠池(かごいけ)泰典氏の証人喚問を23日に行うことを全会一致で可決した。
野党が求めていた、国有地売却に関わった当時の財務官僚らの参考人招致は、与党側が再び拒否した。
絶対におかしいと思います。
籠池氏だけでなく、当時の財務官僚や大阪府知事も呼ぶべきです。
話が飛びましたが・・・
・・
子どもの権利について、
日本弁護士連合会がまとめてある
[パンフレットなど『国連から見た日本の子どもの権利状況』]
をみると、
今の日本の状況がわかります。
・・
子どもの権利条約について
・・
「子どもにやさしいまち」になっているのか。
「子どもにやさしいまち」は、子どもの権利条約を大切にしています。
子どもの声を聴く場、話し合う場を作っています。
その場所を大人たちも支えています。
もし、豊中市にも森友学園の実態を子どもたちが知るとどのような
声が出てくるでしょうか。
・・
良い取り組みをしているところがいくつもあります。
例えば、石川県白山市では子どもたちが話し合って、
子どもの権利条約のパンフレットをつくっています。
Photo_4
引用:石川県白山市子どもの権利条約について:
・・
子どもにやさしいまちは、
大人にも、誰にとっても、やさしいまちになるのではないでしょうか。
・・
リテラでは、
「森友問題で露骨な擁護、安倍応援団に騙されるな!」
で特集しています。
最近、リテラの記事を紹介することが多くなりました・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がっちりも利用されるのか放射性物質。がっちりマンデー

2017年3月12日(日)
「もうかる村立、町立ビジネス」
がっちりマンデーをみて少し疑問に感じました。
それは、栃木県の茂木町(もてぎまち)のたい肥販売。
Photo_3
・・
山の落ち葉を町が買取り、たい肥にして販売しています。
Photo
10キロ 500円で販売。
たい肥は、栃木県の農家さんに好評とのこと。
「地産地消っていいなあ」と思いましたが、
放射性物質が気になりました。
早速、放射性物質のことが気になり調べてみました。
町のホームページから、
たい肥の検査結果が公表されています。
Photo_2
11ベクレル(2016年3月結果)・・
許容値400ベクレルより下とのこと。
『国・県から暫定許容値※より低い製品である事も確認いただきました。』と書かれていますが、
許容値より低い製品であることだけで
「安全」とは書かれていません。
・・
11ベクレル検出されていて、
そのたい肥を使って栃木県の農家さんが
それぞれの土地で使用している。
これは放射性物質の移染ではないかと思いますが・・・。
本当に大丈夫なのでしょうか。
・・
最近の森友学園の問題、
南スーダンの自衛隊派遣の問題からも
国が本当のことを言っているとは
とても考えられない。
ここ中四国でも
加計学園の問題も出てきています。
例えば、
リテラ:
「稲田朋美先生は私の顧問弁護士だった」籠池理事長が証言、証拠書類も! それでも嘘をつき続ける稲田の厚顔
リテラではたくさん問題を指摘しています。
ダッシュ村も利用されようとしていることに
ものすごく怒りがこみ上げてきます。
リテラ:
安倍政権が福島原発の被害矮小化のために「DASH村を復興拠点に」計画! 日テレPも困惑の政治利用
<福島知事>安倍首相式辞に違和感 「原発事故」文言使わず
 東京都内で11日にあった東日本大震災の政府主催の追悼式で安倍晋三首相が
「原発事故」の文言を式辞で使わなかったことについて、
福島県の内堀雅雄知事は13日の定例記者会見で、
「県民感覚として違和感を覚える。原発事故、原子力災害という重い言葉、
大事な言葉は欠かすことができない」と批判した。(毎日新聞)
どこに、誰に寄りそっているのでしょうか?
国、政府が「安全」と言われても簡単には信じられません。
マスコミがもっと事実を報道してくれたら良いのですが、
森友学園の件をみると、
きちんと報道していないことが改めてよくわかりました。
安倍政権が見捨てた福島・飯舘村から悲痛な叫びを『報ステ』が報道「東京が1mSvなのに、なぜ福島は20mSv?差別でしょ」
自分たちで調べて考えないといけません。
「放射性物質は、かしこくおそれる。」
・・
少しでも放射性物質が入ったものを
特に子どもたちには食べさせたくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »