« 「バカじゃねえのか、この国は! ~原発事故・被災農家の闘い~」 | トップページ | 下流老人、老後破産、一億総老後崩壊 »

2017年1月12日 (木)

それでも、生きようとした〜原発事故から5年 悲しさ、悔しさ、怒り

NHKスペシャル  
東日本大震災「それでも、生きようとした〜原発事故から5年」
を観てほしいと会員さんから紹介がありました。
どのような内容だったのか調べてみました。
・・
2014年5月15日放送の「被災地からの声」に出演した福島に帰還を果たした夫婦は1年後、自ら命を絶った。
原発事故で東京に避難していた年配の男性は故郷を思いながら震災から5年が経ってから自ら命を絶った。
福島県の自殺率に関するSMR値を見ると震災から時間が経って急激に上昇した。
24時間の電話相談では福島からの深刻な内容の相談が寄せられる。
・・
SMR値とは、
標準化死亡比
(standardized mortality ratio)のこと。
自殺による死亡率は年齢によって違いがあるため、
異なる年齢構成の地域の自殺率をそのまま比較できない。
そのため、標準的な年齢構成を対象地域に当てはめ、
計算で予測される自殺者数と実際の自殺者数を比較したものが標準化死亡比で、
この値が100以上だと自殺率は高く、100以下だと低いとされる。
引用:コトバンク:
・・
2015年、SMRという指標を算出したところ福島県で震災から4年目になって急激に上昇した。
自殺は高齢者に多いため高齢化が進む東北や九州などの地域では自殺率が高くなる。
SMRでは年齢の偏りを是正する事でより正確な自殺率を示す事が出来る。
100を平均とし東京の男性の2012年のSMRは88.6。
一方、福島の男女合わせたSMRは震災3年目まで低かったものが4年目に急上昇。震災前の値を超えた。
・・
福島では100以上になっているとのこと。
緊急事態、異常事態といってもおかしくないと思います。
・・
悲しさ、悔しさ、怒り・・がこみ上げてきます。
原発のせいでこんなにもひどいことが起きています。
なのにこの中四国地方では伊方原発が再稼働・・・。
利益優先というのであれば、
人がなくなることは
とてつもなく大きな利益損失、
経済損失ではないでしょうか。
・・
「この特集を観て、
それでも原発再稼働が必要と思う人はいるのか・・・」と、
会員さんは怒りをこらえ、声をふるわせながら話をしていました。
・・
原発は絶対にいりません。

|

« 「バカじゃねえのか、この国は! ~原発事故・被災農家の闘い~」 | トップページ | 下流老人、老後破産、一億総老後崩壊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1413666/69222045

この記事へのトラックバック一覧です: それでも、生きようとした〜原発事故から5年 悲しさ、悔しさ、怒り:

« 「バカじゃねえのか、この国は! ~原発事故・被災農家の闘い~」 | トップページ | 下流老人、老後破産、一億総老後崩壊 »