« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月26日 (土)

やっぱり廃炉見学した高校生たちが心配

Photo

なぜ大臣が完全装備で、高校生は
手袋だけなんでしょうか。
・・
テレビでこの異常さをつっこんでくれる
番組はないのでしょうか。
・・
昨日、年金カット法案も強行採決されたというニュースも流れていました。
・・
これらの出来事は、
次の選挙で、
誰に、
どの政党に投票するかを
決める時の参考になります。
ぜったいに忘れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月23日 (水)

高校生は大丈夫か?福島第一原発見学(怒怒)

・・
写真をみて叫んでしまった会員さんからの情報。
一昨日、TBS NEWS23で高校生が福島第一原発事故の
様子を見に行ったというニュースをしていました。
「なぜ今も危険なところに高校生が?」と
本会のなかで話していたところでした。
・・
・・
Photo
「えっ? えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」(驚)
背後に、事故を起こした原発が写っていますが、高校生は大丈夫なのでしょうか。
・・
「廃炉現場を見学する福島高校の生徒たち。
後ろは水素爆発した1号機の原子炉建屋=
18日、福島県大熊町の東京電力福島第一原発」
・・
掲載元はマスクをしていない高校生が写っています。
・・
Photo_2
高校生がマスク、防護服なしなのに、マスコミは完全装備。
・・
kegasa ‏@kegasa2007  11月21日より
福島の高校生は制服だけで、マスクすらさせずに福島原発廃炉の見学。
でもNHKなどマスコミは、
ゴム手袋で、つなぎの防護服を着て、
目もしっかり守る防毒マスクを被って、
万全の内部被曝対策で、昨日の凍土壁の見学に臨んだ。高校生の命も大切に!
・・
両方の写真を見比べて私も叫んでしまいました。
こんなことがあって良いのか!!
・・
日本の将来を担う若者の健康、安全をないがしろにしていませんか。
怒りがおさまらない。
・・
昨日は福島県沖で地震が起きました。
福島第一原発も地震で不具合が発生したようです。
それでもまだ日本で原発を再稼働させるのでしょうか。
・・
ぜったい原発いりません。
地方では地域の雇用の場、地域活性に
原発が必要という声もあります。
もし事故が起きた場合、
その地域には住めなくなる可能性があります。
地域の雇用、地域活性なんて言っている状況ではないです。
「そうなった時はそうなった時で・・」、
「安全基準は満たしている」などと
言われても納得できません。
・・
今もなお原発事故で環境が汚染され、
故郷に帰れない状況にいる
方たちの思いを想像してみると、
再稼働を認めることはできません。
・・
本会では、引き続き原発反対の声や思いを発信していきます。
私たちは微力ですが、無力ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月16日 (水)

福井県の美浜原発3号機の運転延長認可(中日新聞)

「美浜3号機の運転延長認可 老朽原発で3基目、原則骨抜き」
・・
 原子力規制委員会は16日、
今月末で運転開始から40年となる
関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)の運転延長を認めた。
老朽原発の運転延長は関電高浜1、2号機(同県高浜町)に続いて3基目で、
40年で廃炉にする原則にまた1つ例外が加わった。
ただ、再稼働には大規模な改修工事が必要で、2020年3月以降となる。
・・
改修工事費は、1650億円になるという。
・・
だれがそのお金を負担するのでしょうか。
・・
なぜ巨額の改修工事費まで出して
再稼働をさせなければならないのか。
・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

ダッシュ島は原発から近い

原発賠償の追加費用、国民負担に 経産省案
 経済産業省は11日、
東京電力が福島第一原発事故の被害者に払っている賠償費について、
新たに発生した費用の一部をより多くの国民に負担してもらう制度案を
有識者会議に示した。
大手電力に払う送電線使用料に上乗せする手法で、
廃炉費についても同様の議論が進んでいる。
年内に固め、来年の通常国会での法案提出をめざしている。
(朝日新聞デジタル)
・・
全原発、即廃炉しかありません。
・・
Photo DASH(ダッシュ)島近いです。

参考:ザ!鉄腕!DASH!!
・・
TOKIOの皆さんが作った船で、
祝島や大串半島に行ってみるという
企画はどうでしょうか。
・・
ダッシュ島の近くにある祝島や伊方原発の状況を
TOKIOの皆さんはどのように思っているでしょうか。
・・
ダッシュ島と伊方原発の間には、
震源地になるといわれている
中央構造線があるそうです。
・・
福島県にあったダッシュ村を思い出します。
原発のせいで、
ダッシュ村は活動ができなくなりました。
ぜったいに原発はいりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

瀬戸内海にいくつも原発が必要なのか!(テレメンタリー2016)

テレメンタリ―2016
2016年11月6日放送
「神の海に暮らす ~まだ見えぬ原発に揺れる島~」
をみました。
・・
『4年に1度の「神舞」
奥に見えるのが原発予定地
山口県上関町の離島、祝島。
過疎高齢の島に1000年以上伝わる祭り「神舞」がある。
4年に1度の祭りの舞台となるのは、島の前に広がる海。
しかし、そこには、国内唯一の新規原発立地計画がある。
「海を守りたい」と30年以上に渡り激しい反対運動をしてきた島民たち。
一方で、若い移住者たちは、「新たな反対運動の形」を模索する。
それぞれの思いが交錯するなか、原発計画に動きが…。
予定地の海に、この夏、祭りの舟歌が響いた。』
引用:http://www.tv-asahi.co.jp/telementary/
・・
番組のなかで、
原発の補助金で
建設した道の駅に関わる人たちをインタビューした
際に、
原発賛成する者、反対する者も
「町を元気にしたいという気持ちは同じ」と
いう思いを話していたと思います。
・・
山口県は、原発建設埋め立て許可の延長を行ったという。
抗議をしていた人の声には、
「これは時限爆弾だ。
工事がはじまる恐怖におびえないといけない。」
人を不安、心配にさせる原発は本当に必要なのでしょうか。
・・
まだ原発のお金で
町おこしをしようとしていることが、
福島第一原発事故で私たちは学んでいるのか?
と思います。
・・
日本海側の
島根県隠岐郡 海士町(あまちょう)の取組を思い出した。
ぜひ見習ってほしいと思います。
Photo
・・
『ないものはない』という言葉は、 
①無くてもよい 
②大事なことはすべてここにある
という2重の意味をもちます。 
離島である海士町は都会のように便利ではないし、
モノも豊富ではありません。
しかしその一方で、自然や郷土の恵みは潤沢。
暮らすために必要なものは充分あり、
今あるものの良さを上手に活かしています。
『ないものはない』は、
このような海士町を象徴する言葉、
島らしい生き方や魅力、
個性を堂々と表現する言葉として選ばれました。
・・
地域の人どうしの繋がりを大切に、
無駄なものを求めず、
シンプルでも満ち足りた暮らしを営むことが真の幸せではないか?
 何が本当の豊かさなのだろうか? 
東日本大震災後、
日本人の価値観が大きく変わりつつある今、
素直に『ないものはない』と言えてしまう幸せが、
海士町にはあります。
移住者も増えているそうです
・・・
原発がなくても
町は元気になる可能性や取組方はあるんです!!。
番組で、祝島に移住してきた人たちが、
島の魅力を発信することが原発を作らせないこと、
町を元気にすることにつながると活動していることに
通じるものがあると思いました。
・・
原発の放射性物質で自然が汚染されてしまうと
誰が喜ぶのでしょうか。
・・
伊方原発も近くにあるのに
こんなに瀬戸内海にいくつも
原発が必要なのでしょうか。
Photo_2おいおい!angry
伊方原発からも
近い祝島。
伊方原発が事故を起こした時は、
生活の基盤になっている豊かな恵みの瀬戸内海も
汚染される可能性がとてつもなく大きいと思います。
二度と原発のせいで、
人の生活、命が軽視されたり、
故郷を奪われたり、
自然を破壊されないために
私たちは何ができるのか
考え、行動しないといけないと思いました。
他人事ではありません。
・・
何度も言います。
伊方原発は必要なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TPP強行採決、私たちに十分な説明なし

TPPについて、テレビやラジオなどで
は採決が近いことを伝えていたが、
TPPの中身については説明が少なかったと思います。
・・
最近の世論調査では、
『TPP「慎重審議を」66% 共同通信世論調査 』
日本経済新聞 2016年10月30日 
・・
『NHK世論調査 TPP国会承認 賛成19% 反対17% どちらともいえない52%』 
など、
「慎重に審議してほしい」という声が多かったり、
「どちらともいえない」という
声が多かったりしている。
・・
十分に説明してないでしょ。
安全保障関連法の時もそうだった。
・・
河北新報の社説では、
国会軽視の横暴と言わざるを得ない。
 TPPは、農業をはじめ国内の産業と国民の暮らしに広く影響を及ぼす協定である。
安倍晋三首相自らが強調した「国家百年の計」を巡る国会審議に、
拭いきれない汚点を残したといえる。残念というほかはない。
引用:『【河北新報の社説】 TPP特別委採決強行 横暴もたらした「安倍1強」』
・・
TPPが「国民の暮らしに広く影響を及ぼす」ことを
どれほどの国民が知っているのだろうか。
・・
リテラ
「TPP“騙し討ち強行採決”は安倍首相の強い意向だった! 民主主義を無視し嘘を撒き散らす安倍政権の増長」
・・
TPPを批准させない!全国共同行動の
緊急署名活動を行っています。
・・
コープも署名活動に賛同しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »