« 伊方原発と米のショアハム原発の違い。避難計画では命を守れない | トップページ | 伊方原発再稼働に怒り »

2016年8月 1日 (月)

食事で病気のリスクを上げない方法(ゲンキの時間)

食事で病気のリスクを上げないためには、
血糖値を上げないことだそうです。
①朝食をとる(朝食を食べないと脳出血のリスクを高めるそうです)
②ゆっくり食べる
③野菜から食べる
④色を意識して食べる。
 緑や黒色の食材を多めにとる。
その色とは? 5色をとることが大事だそうです。
5色とは・・
①白、炭水化物
②緑、ビタミンや食物繊維などを多く含む野菜
③④赤・黄、動物性タンパク質、植物性タンパク質
⑤黒、ビタミン、ミネラル、食物繊維が多いキノコや海藻
・・
③④が多い気がします。
会員さんのなかでも寝る前にウィンナーを食べるという強者もいます。
・・
暑い夏が続き、体調も崩しそうになりますが、
食事から体調を整えようと思います。
引用参考、
健康カプセル!ゲンキの時間2016年7月31日:

|

« 伊方原発と米のショアハム原発の違い。避難計画では命を守れない | トップページ | 伊方原発再稼働に怒り »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1413666/66776921

この記事へのトラックバック一覧です: 食事で病気のリスクを上げない方法(ゲンキの時間):

« 伊方原発と米のショアハム原発の違い。避難計画では命を守れない | トップページ | 伊方原発再稼働に怒り »