« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月21日 (日)

食べることは自然を感じること(TBS 世界ふしぎ発見!)

2016年2月20日、

TBS「日立 世界ふしぎ発見!」で、

ウルグアイを特集していました。
・・
牛肉がおいしいとのこと。
日本からだと、地球の裏側に位置している
国です。
・・
牛肉がおいしい理由は、
自然のもので牛さんを育てる。
まさに自然。
・・
食べることは自然を感じることという。
食べることで自然を感じる心を育む。
・・
やっぱり福島第一原発事故を思い出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18歳選挙権の教材案、国会中継と道徳

18歳選挙権の教材について
国会中継をみながら考えるほうがとても参考になると思います。
・・・
政治的中立性」って何?
・・
18歳から選挙権を持つようになったために
学校教育のなかにも選挙についての授業を
行うようになってきています。
・・
安全保障、
原発、TPPなど様々な問題がありますが、
・・
学校では、意見が対抗していることについては
中立的に伝えようとしていると思います。
(政治的中立性についてはもう少し調べてみます)
・・
NHKなど学校の授業で選挙でどの候補者に入れるのか、
今の問題をどのように伝えるかについて
放送していましたが、その放送内容に怒りを感じました。
・・
さも意見が対抗しているかのように伝え、
政府側の言い分を学生に訴えて、納得させているかの
ようでした。
例えば、NHKニュースおはよう日本
・・
意見が対抗していないもののひとつに、
例えば、原発についてです。
国民の7割は原発再稼働に反対しています。
九州、四国、関西地方の原発も動いたり、
動きつつありますが、世論調査(怪しい場合もありますが)
では、半数以上が再稼働に反対しています。
この状況で意見は対抗していません。
(例えば、愛媛新聞:県民世論調査 伊方再稼働に69%が反対2015年03月11日(水)
・・
伊方町の住民の方たちは避難できません。
伊方原発事故が起きたら逃げられないとあきらめの声も出ています。
・・
安倍首相は、オリンピック招致の
プレゼンテーションで、
「まず、結論から申し上げますと、まったく問題ありません。
新聞のヘッドラインではなくて、事実を見ていただきたいと思います。
汚染水による影響は、福島第一原発の港湾内の、
0.3平方キロメートルの範囲内で完全にブロックされています。
 福島の近海で、私たちはモニタリングを行っています。
その結果、数値は最大でもWHOの飲料水質ガイドラインの500分の1であります。
これが事実です。
 そして、わが国の食品や水の安全基準は、
世界でも最も厳しい基準であります。食品や水からの被曝量は、
日本どの地域においても、100分の1であります。
つまり、健康問題については、今までも、現在も、
そして将来も、まったく問題ないということをお約束いたします。
 さらに、完全に問題のないものにするために、
抜本解決に向けたプログラムを、私が責任をもって決定し、
すでに着手をしております。
実行していく、それをお約束いたします」
引用:IWJ Independent Web Journal http://iwj.co.jp/wj/open/archives/100898
・・
今なお放射性物質は漏れています。
地下水を冷却して放射性物質が海に流れないようにする凍土壁は動いていません。
・・
政治的中立性より、道徳から
政治を観た方が良いと思います。
・・
「梅原猛の授業 道徳」朝日文庫を思い出して
本をみつけてペラペラと読みました。
・・
そのなかで、戒律として
生きとし生けるものを殺してはならない。
 嘘はついてはならない。
 人のものを盗んではいけない。」とあります。
・・
福島第一原発事故では、
多くの牛さん、鳥さんなどが殺処分されました。
出荷を控えていた農作物を廃棄することになりました。
安倍首相は嘘をついています。
これだけをみても、
戒律を守っていません。
東北ではまだ10万人を超える方たちが
避難生活を送っています。
故郷に帰れない方もいます。
・・
梅原さんの本は2007年に発行され、
その当時の農水省の狂牛病問題、
雪印や日本ハムの偽装事件、
銀行の不良債権の事件などを紹介していますが、
今も同じようなことが起きています。
・・
日本が滅ぶとしたら、
その原因のひとつは、
日本人から道徳心が失われていることにあると思います。
と梅原さんは言います。
・・
安全保障関連法には問題が大ありですが、それを
学生さんたちに伝えているのでしょうか。
学生だけではなく、大人たちも
学ぶべきだと思います。
・・
先ほど紹介したNHKの番組のなかで、
安全保障について、
生徒「協力しない理由がわからない、逆に。
“やらなくていいか”じゃなくて、“やらなくちゃいけない”かな。」
と、生徒さんは肯定意見になりました。
・・・びっくりポンやわー!。
・・ふぅ~。
・・・
国会中継を観る方が選挙の参考になると思います。
与野党のやり取りを観ると、
何を隠したいのか、
ごまかしたいのか
わかります。口先三寸かがよくわかり、
マスコミでも伝えない情報もわかります。
・・
マスコミで、
愛媛県の八幡浜市で伊方原発についての
住民投票を行おうという活動は
紹介されていましたか?。
・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木)

原子炉と圧力鍋(タブル2016年2月号)+アドラー、内村鑑三のセットで

福井県の高浜原発が再稼働した。
・・
コープ自然派機関誌タブル2016年2月号の1面に
「原発再稼働の再稼働の動きに対して」という記事がありました。
・・
伊方原発や川内原発、高浜原発など福井県の原発は
加圧水型で福島原発は沸騰水型です。・・
加圧水型は沸騰水型に比べて温度も圧力も高い状態で
運転されているので、配管の破損が起きた場合には
冷却水の噴出が高温・高圧な分だけ激しく、
メルトダウンに至る速度は格段に速くなります。
・・
「四国には中央構造線が走っていて、
伊方原発から約6㎞の沖合にA級の活断層が走っています。
高知大学・岡村真教授の調査では最大1000ガルの
巨大地震が目前に迫っているとのことですが、
650ガルの耐震で安全審査に合格しています。」
・・
「おいおいおい」とつっこみ。
圧力鍋と同じじゃないですか!。
圧力鍋を使うと調理時間が
短縮できたり、
お肉など柔らかくなるなど重宝しますが・・。
・・
圧力鍋は圧力がかかっている状態でふたを開けようとすると
ふたが吹っ飛んでいきます。また高圧力を緊急に冷やすためには
水が必要です。鍋に水をかけて徐々に中の圧力を下げてから
ふたを開けるようになっていたと思います(説明書参照)。
・・
圧力鍋を原子炉とみると、
危険すぎるでしょう。
容易に危険性が想像できます。
地震が来たらどうするんだろう。
安全基準って何ですか。
安全じゃないではないですか!
自然を敬っていない
人間のおごりです。
・・
最近、テレビで流れ出した
電気事業連合会のCMを見るたびに
とてつもなく怒りがわいてきます
原発ありきです。
・・
最近、
NHK出版の100分 de 名著 
岸見一郎「アドラー 人生の意味の心理学」
若松英輔「内村鑑三 代表的日本人」の2冊を読みましたが、
原発再稼働や沖縄県の基地問題、憲法を変えようとすることが
この著者や先人たちの考え、日本の歴史にもかえりみないことを
しているように思えてなりません。
・・
どうしても今の政治や世の中のあり方に違和感がありすぎて
本著に手をのばしました。
・・
2冊から少し引用
「自分の思っていることを実現するのが革命ではない。
無私になれる人物でなければ、虐げられていた人の声
に応えることはできない。」
「力で人を圧しない。人を自分の思い通りに使わない。」
「東洋思想の一つの美点は、
経済と道徳を分けない考え方であります。」
「国を愛することは民を愛することです。」
「後世に何を遺すべきか。」
「生きることは、自分の願いを成就させることではなく、
いかに先人たちの生涯から受け継ぐものを見出すか」
「アドラーのいう「共同体感覚」は理想であり、
すべての人が他者を仲間と見なして、互いに協力しあう
世界が、そう簡単に出現するとは思えません。しかし、
実現していないから理想なのであって、理想だけが
この現実を変える力を持っているのです。
現実はこうなのだと現実を追認するだけでは
世界は変わりません。」
・・
2冊は、別々の内容ですが、共通するものを感じます
・・
憲法を現実に合うものに変えるという声が出ていますが、
今の日本国憲法第9条は変えるべきではないと思います。
武器を使って人を傷つけない方向、戦争に結び付く武力を
持たずに平和をつくっていく。
憲法第9条は、世界の理想であると思いました。
憲法第9条が日本にあることで、
世界での日本の立ち位置や活動の仕方がはっきりと
わかりますが。・・話が憲法にいってしまいました。
・・
今の自民党、公明党政権が進める政治、
電力会社のやり方には、
先人たちの生涯から
受け継がなければならないことを
見出していません。見誤っていると思います。
・・
選挙が近づくにつれて、
国民に対しておいしい話を
するのでしょうか。
・・
東北では今なお震災関連死は続き、
「福島は棄民だ」と感じてしまわれたり、
中間貯蔵施設ができることで、よりふるさとに帰れなく
なる人たちができる可能性(『NNNドキュメント'16
我ら じじい部隊 ~中間貯蔵に揺れる故郷(まち)~』
があるにも関わらず、各地で原発再稼働・・
まだ福島第一原発事故は収束していません。
・・
民は愛されているのでしょうか。
もうだまされてはいけないと
思います。
私たちはあきらめません
・・
・・
福井から原発を止める裁判の会:http://adieunpp.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »