« フランチェスコさんと良寛さんが生きていたら(映画「ブラザーサン シスタームーン」) | トップページ | ドキュメンタリー映画「日本と原発」上映(タブル2016年1月号) »

2016年1月 6日 (水)

食育と血だらけ(タブル2016年1月号)

コープ自然派ニュースレター
タブル2016年1月号を読みました。
2015年11月21日(土)コープ自然派しこく・えひめセンターで、
坂本廣子さんの「食育」のお話が掲載されていました。
・・
「子どもは地域の中でいろいろな体験を
重ねて育つのがいいと思っています。
幼児期に良い体験をし、きちんとした言葉で
伝えることが脳を育てる上でとても大切なのです。
でも、今の子どもたちは
『危ない』『汚い』など
大人の都合によって体験が奪われています。
最近、食べることを苦にする子がいます。
真面目なお母さんがちゃんと育てなければ
と必死に子どもに食べさせようとして、
子どもはその圧迫感で食べれられなく
なっていることが多いようです。
この悪循環から抜け出すためには
食の関係性の結び直しが必要です。
最近の子どもたちの傾向として
自尊感情を持てない子が多く、
日本の子どもたちは小学生の半数、
中学生の70%、
高校生の95%は自分に自信が持てないとのこと。
大人が子どもを思い通りにさせよう、
支配しようとすると
自尊感情は育ちません。」
・・・・
・・・
・・
食育の実習で必ず取り入れているのは、
手のひらに豆腐をのせて切る
手のひら切り」をするそうですscissors
難しいことに挑戦してできた時、
それが自信につながるという。
・・
本会にも子どもたちがいますが、
大人の都合で危ないものを止めさせたり、
子どもを思い通りにさせようとしていないかと
関わり方を振り返らなければ・・と
思いました。
「はさみを使っては危ないよぉ~!」と、
つい最近言ったばかりでしたdespair
・・・
ある会員さんは、奮発して
刺身盛りを購入したそうです。
そのなかの生エビの頭にかぶり
ついたそうですが、
その時にエビのトゲ?で口のなかが
だらけに!kissmark
エビはおいしく食べたそうですが、
そのかわりに
血だらけになったそうです。
こころよさといたさは紙一重?
少しは痛い思いをしながら経験を
積んでいくことが大切なんだなあ。
また血だらけになりながらエビの頭を
食べるのだろうか?think
その会員さんはもう大人なんですけど・・。
経験することは、
大人も子どもも関係ないですねhappy01
・・
年齢が上がるにつれて自尊感情を持てなくなる?
大人の自尊感情の調査結果はあるのでしょうか。

|

« フランチェスコさんと良寛さんが生きていたら(映画「ブラザーサン シスタームーン」) | トップページ | ドキュメンタリー映画「日本と原発」上映(タブル2016年1月号) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1413666/63339904

この記事へのトラックバック一覧です: 食育と血だらけ(タブル2016年1月号):

« フランチェスコさんと良寛さんが生きていたら(映画「ブラザーサン シスタームーン」) | トップページ | ドキュメンタリー映画「日本と原発」上映(タブル2016年1月号) »