« ルネッサーーンスリゾートナルト(徳島県)がっちりドラッカーさん、原発再稼働反対 | トップページ | 難問にも必ず答えはある!原発を再稼働しない! »

2015年12月 6日 (日)

伊方町のコミュニティをデザインする案

「伊方町「佐田岬灯台100周年記念プロジェクト」チャレンジ企画募集
締切延長2014年11月28日必着」
・・
そんな企画を募集していたなんて知りませんでした。
・・・
伊方原発再稼働で伊方町が注目されていますが、
再稼働で注目される前に、
上記のような取組の周知に
もっと力を入れるべきだったのではないか
と思います。
・・
私たちにその案内は届いていませんでした。
・・・
【観光で原発依存見直し】愛媛県伊方町、長期停止に危機感
(引用:47NEWS2015年3月23日:http://www.47news.jp/47topics/e/263397.php
 四国電力伊方原発が立地する愛媛県伊方町が、観光振興に力を入れている。
原発の長期停止によって経済不安が生じたことから、原発に依存しすぎた町づくりを見直そうとした動きで、観光戦略に基づいて温泉施設やフェリー乗り場などを整備する。
しかし、伊方町はアクセスが悪く、周辺の自治体から観光客を呼び寄せるのは難しい。
担当者は「町民を巻き込み、アイデアをひねり出したい」と意気込んでいる。
 「原発に大きく依存した地域振興策を見直す」。東日本大震災(2011年)後の13年6月の町議会で、山下和彦 (やました・かずひこ) 町長が表明した新たな振興策の柱は観光だ。
14年3月には、町として初となる総合戦略を策定。14年度予算に関連事業費として約2億1500万円を計上し、15年度予算にも約1億9500万円を盛り込んだ。計画では、年間約50万人が利用する大分県との間を結ぶフェリー乗り場のそばに、地元特産のミカンや魚介類の直売所を造る。また、温泉施設「亀ケ池温泉」に宿泊施設を新設。湯治客を呼び込むため、はり・きゅうなどの東洋医学を取り入れた旅行プランを模索中だ。いずれも15年春にオープンする。加えて、四国最西端に位置する町内の灯台を観光拠点として整備し、カフェやバーベキュー場として利用する予定だ。
 伊方原発は11年4月の3号機を皮切りに順次定期検査に入り、12年1月までに全3基が運転を停止、町を訪れる作業員の数が減少した。町商工会が12年夏、町内の約120事業所にアンケートをしたところ、4割超が景況悪化を訴えた。
 四国電力は3号機の再稼働に向け、13年7月に規制基準に適合しているか確かめる審査を申請。これに伴う追加の安全対策工事などで再び作業員が集まり始めたものの、地元経済界の関係者は「原発によって町の経済が大きく左右される実態が浮き彫りになった」とこぼす。
 原発の老朽化の問題もある。1号機は17年、2号機は22年に運転開始から40年を迎え、廃炉も視野に入る。町議の一人は「今後の町の在り方が問われる」と不安げだ。
 かといって、観光振興策が万能なわけではない。松山市から亀ケ池温泉までは車で約2時間、灯台周辺までは約2時間半とアクセスが悪い。また、約50万人のフェリー利用客を町にとどめるためには、近隣自治体と違いを出さないといけないものの、効果は未知数だ。
 そもそも、町の歳入の約3割は、電源3法交付金や固定資産税といった「原発マネー」。
町長は新産業創出の重要性を訴えるものの、「脱原発ではない」と強調する。
「伊方原発反対八西連絡協議会」の 近藤誠 (こんどう・まこと) さん(68)は
「原発と縁を切ると腹をくくらない限り依存は続くし、自主的な動きが出てきづらいのでは」と手厳しい。町は灯台が100周年を迎える18年4月までに、観光関連事業に集中投資する。課題克服のため、広く町民を巻き込んでアイデアを募集したい考えだが、担当者は「いまのところ反応は鈍い。引き続き周知を徹底させたい」と話す。模索は今後も続く。
(共同通信)
・・
原発に依存しないように取り組もうとしていますが、
経過はどうでしょうか。
・・・
伊方町に住む住民の声や意見を十分に聞きながらプロジェクトを
すすめていかないと意味がない感じがします。
町広報では話し合いをしている紹介をしていますが、
経過や内容をもっと広く周知してほしいです。
原発再稼働は、伊方町だけの問題ではないんです。
しかし、愛媛県は容易に(私たちの印象)原発再稼働に容認しました。
もっと再稼働しない方向で町を助けるべきなのではないかと思います。
国も同様です。
「原発依存しない方向で伊方町は考えていますが、みなさんお力をください。」
と近隣市町、県、国の広報サイトやCMなどを使って宣伝の支援をしても
良いのではないですか案。
・・
「愛媛銀行寄附講座・聖カタリナ大学「風早の塾」第1部
第1~7回概要 幸福の地域コミュニティ
ソーシャルワークにおける“人─地域
自然”との関係のあり方」
など企画していますが、
伊方町でも企画して行ってほしい案。
地元企業や大学でおもしろいことをやっているではないですか!
・・
プロボノさんとか日本各地にいます。
専門知識、技術を持って助けてくれる方もいます。
今はネットでもつながります。
現地に直接行くことができなければ
ネットを使うなどの案。
原発に依存しない方法を考えること、
できることはたくさんあると思います。
・・
自然や癒しをテーマにした
南予いやし博2016」をするんですよね。
自然と相いれない原発を動かそうとしているのであれば、
全くいやされません。
脱原発と言いながら、原発は残るような方向で
政府は言っています(エネルギーミックス)angry
・・・

|

« ルネッサーーンスリゾートナルト(徳島県)がっちりドラッカーさん、原発再稼働反対 | トップページ | 難問にも必ず答えはある!原発を再稼働しない! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1413666/62836931

この記事へのトラックバック一覧です: 伊方町のコミュニティをデザインする案:

« ルネッサーーンスリゾートナルト(徳島県)がっちりドラッカーさん、原発再稼働反対 | トップページ | 難問にも必ず答えはある!原発を再稼働しない! »