« すごいぞ敦賀原発再稼働申請。安全ってなんだ? | トップページ | 愛媛県、佐田岬半島の急傾斜地崩壊危険個所と食品の放射性物質汚染 »

2015年11月 9日 (月)

原発の地元ってどこだ?ここだ!!

NNNドキュメント
2015年11月8日(日)
3・11大震災 シリーズ(64) 再稼働元年Ⅱ
原発の“地元”のはずなのに
今年、鹿児島県の川内原発1・2号機が相次いで再稼働した。
ある集落は原発から5.5キロしか離れていないのに、
原発が立地していないため、
“原発の地元”とみなされず、
電力会社からは再稼働される日さえも知らされなかった。
一方、日本一細長い半島の付け根に建つ愛媛県伊方原発。
近く再稼働の予定だが、そこには“避難できる地元”と“避難できない地元”があった。
“原発の地元”のはずなのに。再稼働の現場を取材した。
・・
NNNドキュメントを観て、より原発再稼働反対の思いが強くなりました。
まったく原発周辺に住む人たちのことを考えていません。
・・
市町が違うというだけで情報格差ができるのだろう。
それは原発事故前と変わっていないという。
・・
急斜面をくだらないとたどり着けない伊方原発。
・・
土砂崩れがあり、道がふさがれてしまうと
たどり着けません。
・・
伊方原発から西に住む5,000人の住民が
避難できません。
・・
フェリーが来るという三崎港までたどりつくことが
とても難しいと思います。
・・
Photo 県道255号線
道の横は斜面です。土砂崩れがあったら車通れません。
・・
南海トラフ巨大地震で津波が来た場合、
三崎港には13mの津波が来ると予想されています。
・・
港使えません。
どうやって逃げるのだろう。
・・
インタビューに答えていた
みかん農家の方が
「安心」ではないと
話されていたと思います。
不安が増すばかりです。
今の状況で再稼働するのはありえません。
不安を少しでも軽くするために、
住民説明会も行う必要があると思いますが、
それも行われていません。
きちんと説明をされていません。
・・
怒り、怒り、怒り。
・・
原発を動かさないこと、
廃炉にすることが一番安全です。
・・

|

« すごいぞ敦賀原発再稼働申請。安全ってなんだ? | トップページ | 愛媛県、佐田岬半島の急傾斜地崩壊危険個所と食品の放射性物質汚染 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1413666/62437413

この記事へのトラックバック一覧です: 原発の地元ってどこだ?ここだ!!:

« すごいぞ敦賀原発再稼働申請。安全ってなんだ? | トップページ | 愛媛県、佐田岬半島の急傾斜地崩壊危険個所と食品の放射性物質汚染 »