« 今の国会で安全保障関連法案を成立させることに反対の声が大きくなる | トップページ | ひとりの学会員、天野さん“ヤマグチ”職員に署名渡す、インタビュー »

2015年9月 9日 (水)

平和の党ってなんだろう。署名受け取り拒否。

会員さんから情報が拡散されてきました。
・・
創価学会員にして
公明党員の天野達志さん(愛知県安城市・農業=51歳)は、
きょう午後、「安保法案の白紙撤回を求める」
署名9,143筆を提出するために公明党本部を訪れた。

中略。

「9,143人の苦悩と命が込められているんです。
警備員に渡して帰るというわけにはいきません」。
天野さんは署名の志を示した。

 田中も手にしてみたが、署名はズシリと重い。
学会幹部からの圧力にもめげずに集めた9,143筆は格別だ。

 電話のやりとりは4回ほどあったが、
コジマ氏は判で押したように「警備員に渡して帰って下さい」と繰り返した。

4回目になると「対応は変わらない。会うことはない」と切り捨てた。
 台風18号に伴う激しい雨が打ちつけた。

バケツをひっくり返したようだ。
冷たい強風が体温を奪った。
それでも天野さんは、公明党職員が現れるのを待った。

午後5時25分、
公明党本部のシャッターが降りた。

待つこと4時間40分。

「あまりにも無慈悲、
冷酷無比。
どんな小さな声でも聞くのが公明党ではなかったのか」
・・・天野さんは目を赤くした。

「山口代表に会えるまで毎日でも足を運ぶ」。
学会員たちの平和への執念を、
公明党の議員たちは何と思っているのだろうか。
・・
・・
どこが「平和の党」?。
・・
「平和の党」や「福祉の党」と名乗らないでほしい。
・・
福祉ともほど遠い対応です。
・・
「福祉」とは何か
「福祉」とは、「幸せ」や「ゆたかさ」を意味する言葉です。
憲法 25 条の「生存権の保障」を基盤とし、
その上で、憲法 13 条「幸福追求権」の実現をめざ
すものです。
つまり、「福祉」とは、
「人を幸せにすること」や
「よりよく生きること」ということであるといえ
ます。
そして、「福祉」は、
「『ふだんの くらしの しあわせ』を実現させる営み」
であるといわれることがあり
ます。
しかし、何を幸せと思うのかは、
人によって様々な感じ方があり、
だれもが「自分の幸せ」を願っています。
だからこそ、「他の人の幸せ」
も大切にすることが求められます。
「福祉」とは、
自分のことだけでなく、
周りの人も大切に思い、
一人ひとりそれぞれの人の考え方、
生き方を尊重し、
「ともに生きる力」を培うこ
とであるといえましょう。

|

« 今の国会で安全保障関連法案を成立させることに反対の声が大きくなる | トップページ | ひとりの学会員、天野さん“ヤマグチ”職員に署名渡す、インタビュー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1413666/61537750

この記事へのトラックバック一覧です: 平和の党ってなんだろう。署名受け取り拒否。:

« 今の国会で安全保障関連法案を成立させることに反対の声が大きくなる | トップページ | ひとりの学会員、天野さん“ヤマグチ”職員に署名渡す、インタビュー »