« 家カフェオープン。安全保障法制を白紙に(願い)・税金の使い道に不満。 | トップページ | ラザニアをつくる »

2015年7月20日 (月)

東京湾、葛西海浜公園の海水浴復活、放射性物質は大丈夫?

海開き。
あちらこちらでセミが鳴き、
暑い夏がきたという感じです。
あっそういえば、今日、7月20日は「海の日」でした。
・・
各地の海水浴情報がニュース等で知らされています。
・・
そのなかでとても気になったのが、
・・
葛西海浜公園で海水浴を復活させるための社会実験 江戸川区
07/18 18:55
およそ50年ぶりの本格的な海開きとなった。
・・
ニュースの映像をみて、東京湾の放射性物質はなくなったのかと
とても気になりました。
・・
調べてみました。
・・
東京都公園協会【葛西海浜公園】海水浴社会実験 2015年7月19日
・・
サイト内をみましたが放射性物質に関することは書かれていないようです。
東京湾の放射性物質を調査しているデータを調べてみました。
・・
千葉県 東京湾における水質・底質の放射性物質モニタリング調査結果
(平成26年度4回目)
・・
・・
水質
放射性セシウム(134及び137)
全地点で不検出でした。
・・
底質
放射性セシウム(134及び137)
東京湾流入河川河口部:不検出~236Bq/kg
湾北部・中央部:不検出~119Bq/kg
内房海域等:不検出~139Bq/kg
※底質の放射性セシウム(134及び137)の値を2015年5月18日付けで修正いたしました。」
(グラフ:
・・
東京湾の水質では放射性物質はみつからなかったようですが、
海底には放射性物質があるということがわかります。
・・
まだ調べてみました。
葛西臨海公園での放射線量を調査している大学が
論文を出しているのをみつけました。
・・
平成 26 年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集
葛西臨海公園西なぎさ海浜における放射線量実態解析について
結言
本研究では葛西臨海公園西なぎさ海浜における放射
線量を毎月 2 回ほど測定し,その実態を把握した.2014
年 5 月から 8 月までの測定で東側堤防付近では西側に
比べ線量が高く,スポット的に値が高い数値が測定さ
れた.
・・
放射性物質のホットスポットがある。
観測点以外のところをみると
高濃度の放射性物質がみつかるかもしれない。
定点観測だけではなく、
メッシュ(網目)観測で調査する
必要があるのではないでしょうか。
・・
以前、東京湾の放射性物質についてテレビや新聞等で
紹介されていました。
必要な情報をもっと市民や国民に知らせてほしい。
何か都合の良いところしか伝えていないように
思います。
・・
「正しく恐れる」ために、
市民や国民にもっと情報を伝えてほしい。
・・
「正しく恐れる」ことも難しいです。
・・
NEWSWEEK 池上彰「正しく恐れる」ことのむずかしさ
2011年04月05日(火)16時06分
人は、自分の考えを補強する情報ばかり欲しがる傾向になるのだなと思います。
放射能や放射線が恐い人は、今回の事故がいかに危険かという情報ばかりを集めて読みたくなるのでしょう。
放射線が人体にどれだけ危険か、その情報を見て得心すると、
テレビで「直ちに健康に影響が出るレベルではない」と伝えられても安心できません。
むしろ、「政府やマスコミは危険なデータを隠しているのではないか」と疑心暗鬼に駆られてしまいます。
不安の悪循環です。
 一方、楽観視している人は、私たちが自然界で日常から放射線を被曝していることなど安心情報を求めます。
成田~ニューヨーク間の航空機に搭乗することでどれだけ被曝するか、
今回初めて知った人も多いのではないでしょうか。
・・
・・
「無意識のうちに自分に都合のいい情報、
自分の主張を後押しするような情報ばかりを集める傾向のこと」を
「確証バイアス」や「確証のワナ」と言われています。
この記事は、不安の悪循環で書いていると思います。
しかし、原発の安全神話のせいで
日本中に原発が乱立された状況、
住民の避難計画が不十分ななか、
川内原発を再稼動をしようとする
動きをみていると、
とても不安の方が大きいです!。
・・
不安と怒りに満ちていますが・・・
・・
私たちができることは、
「安斎育郎著 福島原発事故 どうする日本の原発政策 かもがわ出版 2011年」から、
『東京電力と原子力安全・保安院と政府に対して
隠さず、ウソつかず、過小評価に
陥らず」、「最悪に備えて最善を尽くす」ように求め続け、
緊張感を絶えず醸し出し続けることが必要なので、
新聞に投書するもよし、インターネットを使える人は
人々に発信するもよし、集会を開くもよし、デモを
組織するもよし、さまざまなアイデアを駆使し、
この人類的な事態に目を向け続け、等身大で
できることを試みることを期待したい』。
・・
・・
電力会社や政府に「隠さず、ウソつかず、過小評価に
陥らず」、「最悪に備えて最善を尽くす」ように求め続け』るために、
できることをしていこうと思います。
・・
安全保障法制にも同じことが言えます。・・
・・
東京湾での放射性物質が問題になったにも
かかわらず、今回の報道では放射性物質のことには
触れなかった。
また葛西海浜公園に関係する
東京都公園協会のホームページを
みても容易に放射性物質に関する内容をみつける
ことができなかった。
・・
そういう状況をみると、
どうしても、
何か
隠しているのではないか?、
ウソをついているのではないか?、
過小評価しているのではないか?
と、思ってしまいます。
・・
みなさんはどう思われたでしょうか?

|

« 家カフェオープン。安全保障法制を白紙に(願い)・税金の使い道に不満。 | トップページ | ラザニアをつくる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1413666/60812879

この記事へのトラックバック一覧です: 東京湾、葛西海浜公園の海水浴復活、放射性物質は大丈夫?:

« 家カフェオープン。安全保障法制を白紙に(願い)・税金の使い道に不満。 | トップページ | ラザニアをつくる »