« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月28日 (土)

お茶を頂きながら生を感じ、死を考える

お茶会に参加しました。

・・
桜をみながらお茶を頂く予定でしたが、桜の開花はもう少しのようです。
・・
お茶を飲みながら季節の移り変わりをながめる。 そういう時間も必要です。Photo
いろいろな話を参加者のなかでしていましたが、
・・
死について。
・・
Aさん「東京の方では火葬場が混雑している。 火葬場では火葬釜の前で順番を待っている光景があるとのこと。 参列者に対して「迷子にならないでください」というアナウンスがあるらしい。 個室のような場所もあるが別料金になっている。」
・・ ・・
Bさん「お墓を作らずに寺院や霊園などの納骨堂に遺骨を納める方が増えている。 お墓をみたり、参拝しなくて良いなどのメリットがあるかもしれないが、 お亡くなりになった人の歴史が分からなくなる。存在自体が残らなくなるおそれがある。」
・・ ・・
Cさん「高齢者福祉施設や病院で最後を看取るなど、自宅で亡くなりたいという希望がかなえられない状況がある。」
・・
Dさん「死後の世界があるのかという問いに、若い人ほど死後の世界はあると思い、年齢を重ねるごとに死後の世界はないと考える人が増えている。」
・・
Eさん「自分が死んだら後のことは誰がどうするのか。」
・・
Fさん「献体される方が増えている。献体すると遺骨を供養してくれる。」
・・
Gさん「いのちを軽視したり、自分からいのちを捨てているようなものではないか。」
・・
参加者の方からいろいろな話が出ましたが、現在の日本では、いのちを軽視したり、 いのちを捨てるような状況があるのではないかということに、 みなさんうなずいていたように思います。 ここ中四国地方ではありえない状況が関東の方ではあるのだと驚きました。
お墓を作らない、納骨しないことのメリットはありますが、生きてきた歴史が残らないおそれもあるというのは何かさみしい気持ちになります。
・・
「死後の世界はあるのか」 について、本やインターネットで調べてみると、
「死後の世界はある」と思ったほうが、「人生が豊かになる」(山折哲雄さん)、
「あの世があると思ったほうが希望-希望というか、慰めがもてるような気がしますね。」(瀬戸内寂聴さん)、
「お釈迦さまはあの世があるという問いについては「無記」としてお答えにならなかった。  それは端的に言えば、口で言ってもわからないだろうから言わない、ということなんですね。」(玄有宗久さん)(「あの世 この世」新潮文庫)
・・など有名な方はおっしゃっています。
・・
人生を豊かにしたり、希望や慰めがもてるためには、
やはりいのちを軽視したり、
捨てるようなことはしてはいけないのではないかと思いました。
・・
Photo_2
茶室にてお茶を頂いた時の茶碗と、その後のコーヒーカップです。
・・
みなさんとお茶を頂きつつ、
桜のつぼみのほころびに、
生の息吹を感じながら、
死についてもお話したり、
考えることができたことは
とてもよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月25日 (水)

社会をよくしていくためのソーシャルデザイン(原発、食、生活)

『「きっと誰だって、等身大の自分から、社会を変えていくことができるはず」。
・・
社会の課題を、自分らしくクリエイティブに解決していく。
そんな新しい働き方をしている人たちが増えています。
個性を生かして働くことが、社会をよりよくすることに結びつく。
・・
ソーシャルデザインとは、
自分の「気づき」や「疑問」を「社会をよくすること」に結びつけ、
そのためのアイデアや仕組みをデザインすること。
・・
「自分らしい気持ちやアイデアを軸に、
少しの勇気を持って行動してみたら、
きっとあなたにも、社会を明るくする物語を描くことができる」。』
(「希望をつくる仕事ソーシャルデザイン」から引用)
・・
「原発再稼動は社会を明るくするのだろうか。社会をよくするのだろうか。」と
思いながら本を読んでいました。
・・
今年の3月11日頃、震災から4年目を迎えた東北の様子、
人々の声を新聞やニュース、ラジオなどで放送していました
震災で避難されている人々の声を聞くと、
改めて「原発はいらない。再稼動は必要ない」と思いました。
・・
「原発事故のせいで故郷に帰れない人。
やはり原発はいらない、再稼動は必要ない。」という気づき
「なぜ事故の収束作業が不十分なままであったり、
原発から出る放射性廃棄物の処理や保管方法が未定、
コストが他の発電方法よりも
大きいにもかかわらず原発を再稼動をするのか」という疑問
・・
原発事故で故郷に帰れない人をなくしたり、
自死者をなくしたり、
食や生活の安全を守ることなどは、
社会をよくすること」にならないだろうか。
・・
東京新聞、通販生活、
コープ自然派などでは、定期的に原発の問題を取り上げてくれています。
また、サントリーなどの企業では独自に放射性物質の検査をしています。
そのような団体や企業などが扱っている商品を
社会をよくしていこうと意識しながら購入して応援することを、
エシカル(倫理的)消費」というそうです。
・・
だれでもいつもの買い物を少し意識して行えばできそうです。
ちょっとしたことから社会貢献ができるということを
改めて思いました。
・・
社会をよくしていくため、
改めてアイデアと仕組みを考えていきたいと思いました。
・・
「社会をよくする」とは、
原発については、再稼動をすることは
社会をよくすることにはならないと思います。
・・
ソーシャルデザインは、
まちづくり」にもつながります。
・・
自分たちが住んでいるまちを
どのようにソーシャルデザインすると良いか。
まちをよくすることができるか。
課題です。
・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

パスタ、とりつくね、マーボー豆腐、モロゾフプリン

パスタ
細めのパスタでつくりました。
Photo
近くで「ウィンナー、ウィンナー!」と叫んでいる人がいます。
・・
とりつくね
火力は、中火より少し弱めにして、
シソが付いている方から先に4分焼き、
ひっくり返してまた4分焼く。
ひとつ崩れたようなものが写っていますが、
中身が焼けているか確認しました・・・。
Photo_2
つくねとしそって合うんですね。
・・
マーボー豆腐
九条ねぎと
やまいもが入っています。
ねぎ、やまいも、豆腐が同じ大きさのため、
それぞれの食材が同じ量で口に入ってきます。
そのせいか食材から出てくるうま味が口の中で融合します。
「フュージョン!!」(笑)。
Photo_3
・・
モロゾフのプリン
春なのでプリンのふたが桜模様。
プリンは購入しました。
モロゾフのプリンは何か記念や出来事があった時に買っていましたが、
今回は久しぶりにということで・・・。
頂きました。
Photo_4
春がきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月20日 (金)

塩パン登場。パン・メゾン。

・・
がっちりマンデーでも紹介されていました。
・・
(2015年3月8日放送:その業界でだけ超有名!「儲かる業界スター!!」
パン屋が集まるパン屋さん!本屋が集まる本屋さん!)
・・
パン・メゾンでは、
1日6000個の「塩パン」が売れているという。
・・
元祖「塩パン」!!。
・・
作り方を企業秘密にしていないところがまたすごい。
・・
八幡浜が1号店(八幡浜市北浜)。
2号店は、松前に(松山市松前町)。
塩パン効果?で八幡浜店が移転するという(2015年5月オープン)。
・・
パン・メゾンの影響で、近所のパン屋にも「塩パン」が登場。
「塩パン」と言っても、パン屋によって値段や味、作り方に個性があります。
私が知っているだけでも4軒、個性的な「塩パン」を見つけました。
どこの「塩パン」が好みでしょうか。
・・
本会でも、「塩パン」に、ハマッている人がいます。
「塩パン、塩パン」と叫んでいます。
一度にパンを10個購入して、
2日以内にはほぼ食べてしまうという。
・・
ちょっと食べすぎでしょう・・・(汗)。
「塩パン」が好きだからといって
一度にたくさん食べるのは
身体によくないと思います。
・・
気をつけましょう。
・・
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »