« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月23日 (日)

解散選挙(サンデーモーニングと本)

サンデーモーニングで。
・・

国会の議長の「解散します」という言葉の後に、

復興担当の小泉新次郎氏が万歳しなかったとのことで
インタビューを受けていました。
・・
「解散より東北の復興を」というようなことをコメントしていました。
・・
避難して生活をされている方のインタビューでは、
「なぜ今解散をするのか」という疑問を話していました。
・・
自民党のなかでも解散に疑問を持っている方もいらっしゃることがわかりました。
・・
総選挙に700億円かかる(東京新聞)。
無駄づかいでは?。
・・
国民のことを考えているのだろうか。
・朝日新聞の全国緊急世論調査では、
 65%の方が総選挙の解散理由に納得していない(11月20日)。
・徳島県でアンケートを行った結果、
 7割の方が総選挙を行うことに疑問を持っています(11月20日朝日新聞)。
朝日新聞の情報しかのせていませんが、
解散に納得しない方、反対する方が多いのがわかります。
・・
アベノミクス解散というが、その後ろには、特定秘密保護法、集団的自衛権、
原発再稼動、沖縄基地問題などが隠れているとコメンテーターの方々は話していました。
・・
「野党を含めてアベノミクスのことばかり」と関口さんは話していましたが、
マスコミの取り上げ方に問題があるのではないかと思います。
・・
『評価は「頑張る自分」(自我)を励ましてくれますが、
いのち」を元気にすることはできません。
「いのち」を元気にするものは「」なのだということを
F子ちゃんとご家族から教えていただきました。』
(高垣忠一郎 「登校拒否を生きる 脱落から脱出へ」 新日本出版社 144ページ引用)
本のタイトルのとおり、登校拒否をテーマにした本ですが、原発の話も出てきます。
・・
鹿児島の川内原発再稼動や
沖縄の辺野古沖の基地建設などに「」はあるのだろうか。
やはり「いのち」が軽視されているのではないかということを
改めて思いました。
これでは「いのち」が元気になりません。
・・
今回の総選挙は、これからの日本国民の「いのち」をどうしていくのか。
そういう課題が多く含まれている選挙だと思いました。
・・
うち(家)にも「」を。
足らないかな・・。
・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

タバコイヤ(健康カプセル ゲンキの時間)

2014年11月16日、「禁煙」がテーマでした。

受動喫煙が原因で亡くなる方は年間7000人!!。
喫煙者周辺の被害が大きい。
・・
受動喫煙の実験で、人は約27メートル離れた場所でタバコの煙のニオイを感じた。
犬は40メートルぐらいですでに感じていました。もういや!。
・・
ベランダで吸ったとしてもその煙がサッシから入ってくる。
喫煙者が吸い終わったあとでも、煙が身体についている。
結局、受動喫煙してしまう。
・・
タバコいらない。
・・
外食をする時がありますが、
タバコの煙のなかで食事はしたくないです。
・・
お店に行くと、喫煙、禁煙とわかれているところ、
全くわかれていないところ様々あります。
・・
分煙をしていても場所をただ分けただけのところ、
壁やガラスなどで遮断しているところなど様々です。
・・
店内に入った途端にタバコの煙のニオイ。
・・
ありえません。
・・
モスバーガーは、
インターネットで店内分煙のお店を検索できます。
(http://mos.jp/shop/?sv06=1)
すごく良心的。
・・
健康増進法第25条では、
「学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店その他の多数の者が利用する施設を管理する者は、これらを利用する者について、受動喫煙を防止するために必要な措置を講ずるよう努めなければならない」こととされています。
・・
受動喫煙は、妊娠中のお母さんにも影響を与えます。
乳幼児突然死症候群(SIDS)を起こす原因になることも言われています。
・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガイアの夜明け、快適な環境とは?

ガイアの夜明け
2014年11月11日放送 第640回
「シリーズ「働き方が変わる」第9弾 社内の"見えない壁"をぶち壊せ!」
をみました。
・・
放送概要
「今、社員のコミュニケーション不足を悩みに思う会社や、経営者が増えているという。その理由として、やはり昔に比べ働く環境が変化してきていることが大きいようだ。例えば、パソコン、携帯電話の発達で社内の人と面と向かって話すことが減り、連絡事項はほとんどがメールになってきている...。」(番組サイトより)
・・
JTBの新しい形の社員旅行。
170社以上が参加する運動会。
・・
小学校で集団活動や運動会、楽しそうでした。
職場の人と仕事以外のことで交流する機会は少なくなっているのではないかと思います。
大手企業の取組を紹介していましたが、従業員が少ない職場ではどうなのだろう。
・・
厚生労働省の「職場の快適度チェック」
(http://kokoro.mhlw.go.jp/comfort-check/)でも
「人間関係」「社会とのつながり」「職場の快適度」にも関係しています。
「快適な環境」でないと仕事もはかどりません。
福島原発事故後の収束作業に多くの企業が参加しています。
第3次・・6次など下請けがあるなど話を聞きます。
また、危険手当が作業員に渡っていない実態もあり、
「危険手当」を求め東電に提訴している状況もあります。
原発事故対応に関わる作業員の方たちは、
「快適な環境」で仕事をしているのだろうかと考えてしまいました。
・・
「快適な環境」は、地域でも言えます。
原発事故が起こり、
安全神話が崩壊したあとの原発をみていると、
原発があるだけでもストレスになります。
地域を快適な環境にするために原発はいりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

中村屋のインドカリーをアレンジしてトマトカレーに変身

中村屋のインドカリーをアレンジして

トマトカレーに変身させました。
インドカリーは結構辛いのでお子様は苦手かもしれません。
トマトを入れて辛さをおさえてみました。
Dcim0716 プチトマトが大活やく。
たまねぎとにんじんとすじ肉を足しました。
中村屋インドカリーアレンジのトマトカレー
Dcim0717
もやしと肉、ねぎとアスパラの塩炒め。
肉汁で野菜をいためました。

インドカリー重宝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やばい、やばい風刺曲(GLAY)

GLAYの「百花繚乱」という歌がやばい。

最初聴いた時に、GLAYとは思いませんでした。
東北のこと、原発のことを歌っているようにきこえます。
GLAYの故郷にも泊原発があります。
沢田研二さんの「一握り人の罪」の歌に通じるものがあるように思いました。
沢田さんの曲は、ストレートに原発の罪や反原発を歌っています。
「原発廃炉」
やばいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

歴史をみると、やっぱり原発再稼動に反対

NNNドキュメントで、「放射線を浴びたX年後3」をしていました。

「2014年9月19日、厚生労働省である文書が開示された。

アメリカが太平洋上で実施した1954年の水爆実験。
そこで被ばくしたとされるマグロ漁船乗組員がいる。
彼らの被ばく実態について、
これまで厚生労働省は「保有していない」としていたものの一転して文書の存在を認めた。
開示された文書は全部で約1900ページ。
「文書は今回開示した分がすべてだ」とする厚生労働省。
しかし、被ばく者の救済活動を続ける高知県の元高校教師山下正寿さんらは「重要な部分が公開されていない可能性がある」と、再請求に踏み切ろうとしている。
水爆事件による被ばく事件を10年以上取材してきた南海放送は、
乗組員や有識者の証言を元に、開示された文書と事件を改めて検証する。」
(番組ホームページより)。
・・
感想、国は事実を隠しすぎ。
・・
「被ばく者が見捨てられることはあってはならない」。
Photo
映画でも「放射線を浴びたX年後」があります。
2年前(2014年)に愛媛県で上映されていたんですね。
http://x311.info/
・・
原発事故の対応や情報公開の仕方、川内原発再稼動の動きなどをみると、
また事実を隠すのか!と思えてなりません。
・・・
事故後、30年もの間、救済を訴え続けてきた
元高校教師の先生と南海放送はすごい。
・・
コープ自然派では、
伊方原発再稼動反対の署名活動を行っています。
原発が自分の住んでいる県になくても、
近隣の県には必ずあるくらい原発がたくさんあります。
身近な問題。
私たちの問題。
私の問題。
・・
「この食べ物は放射性物質が入っているのだろうか。
汚染されていないだろうか。」
と毎回気にしながら食事をしたくありません。
・・
世界規模で放射性物質の影響が出ています。
・・・・
福島第1放射性物質 米で検出:2014年11月15日(土)
「米沿岸で福島原発からの放射性物質を初検出 研究所発表」
・・
 米カリフォルニア州の沿岸部で、東京電力福島第一原発事故で放出された放射性セシウムが海水から検出されたと米ウッズホール海洋研究所が発表した。米国での検出は初めて。非常に微量で人体への影響はないとしているが、原発事故から約3年半かけて太平洋を渡ったことになる。(朝日新聞デジタル)
・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

日本国憲法と原発

憲法第25条(生存権)と原発について考えました。

検索サイトで、「憲法第25条 原発」と入力すると、
たくさんヒットします。
・・
日本国憲法第25条(生存権)
1 すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
・・
原発事故は、国民の最低限度の生活を奪うことになりました。
・・
原発の再稼動の動きは、憲法をも無視しているような感じに思えてなりません。
・・
最近、伊藤真さんの本や伊藤塾のサイトをみながら
法律や憲法について学ぼうとしています。
・・
理由は、
伊藤真さんの講義は、単に法曹資格を取るための法律の学習だけではなく、生きるための法律を学べるというのを観た?聞いた?ことがありました。
伊藤塾の宣伝ではありません(注)。
前々から、特定秘密保護法や憲法9条を改正する話や動きなど、
何かおかしいことが起きているのではないかという
危機感を感じていました。
・・
安倍政権内で起きている「政治と金」の問題。
一向になくなりません。
それはなぜなのかという疑問など。
・・・
学校では教えてくれなかったように
思います。
・・
川内原発が再稼動される動きについて、学生さんはどのように考えたり、見ているのでしょうか。
大人は信じられない。」と見ているのでしょうか。
・・
福島第一原発事故の近くに住んでいた子どもたちはどう思うでしょうか。
悲しい顔をしているのではないかと思います。
・・・
マガジン9より。
伊藤真さん「官が提供する情報を鵜呑みにしているだけでは、自分の安全は守れないということは今回の原発事故後の政府の対応でよくわかったことだと思います。
民主主義国家においては、権力は信頼の対象ではなく、常に監視や批判の対象です。我々が主体的な意思をもって1人1人が学習し、これからのエネルギー政策を考え、意見を持っていくことが何より大切なことです。」
(引用:http://www.magazine9.jp/juku3/110511/)
・・
政府を信頼してはいけない。
憲法は権力をしばる、監視するものであって、国民をしばるものではない。
急いで川内原発を再稼動させる動きに注目しなければならないのですが、
マスコミはほとんど取り上げない。
一つの出来事として放送をしていたと思いますが。
川内原発が動くと全国の原発が動く可能性が高くなるのに。
やっぱりおかしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

ぐんまちゃんより川内原発再稼動の動きが気になる

本サイトでもゆるキャラを紹介してきましたが、
今は、川内原発再稼動の動きが気になります。
・・
鳥取のカニットリ。
岡山のももぽん。
愛媛のみきゃん。
高知のかつお人間。
香川のうどん脳。
徳島のすだちくん。
など・・
ゆるキャラとご当地の食べ物は切り離せない。
・・
ゆるキャラグランプリ2014で、みきゃんが3位!!。
・・・
原発事故が起きると、食べ物への被害が大きくなる。
○○県産だから嫌!など、風評被害の問題も起きる。
・・
鹿児島県もたくさんの有名な農作物がある。
あー!。
絶対に原発再稼動に反対。
・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「通販生活」が訴える原発の危険性

「通販生活」があつい!

・・

通販生活では、

原発の危険性について専門家や関係者のインタビューや

独自の調査を行っています。

・・

川内原発の再稼動はありえないと改めて思います。

子どもをも守っていない状況・・・。なんじゃこりゃ!。

Photo

通販生活:

http://www.cataloghouse.co.jp/yomimono/genpatsu/hino2/

原発を再稼動を止めるために、

自分のできるところから行動を起こすことが大事。

・・・・

検索サイトで調べていくと、

川内原発の再稼動を止めるために、

異議申し立て活動を行おうとしている団体があるようです。

・・・

できるところから。

「通販生活」を応援します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民意を反映せずに再稼動を目指す川内原発

・・

川内原発再稼働反対59% 南日本新聞世論調査 (2014年5月5日)

・・
南日本新聞社が、
原子力規制委員会の優先審査が進む九州電力川内原発1、2号機(薩摩川内市久見崎町)の再稼働をテーマに鹿児島県内で実施した電話世論調査によると、
再稼働に「反対」「どちらかといえば反対」と答えた人は、前年の調査に比べ2.8ポイント増の59.5%を占めた。
「賛成」「どちらかといえば賛成」と回答した人は2.4ポイント減の36.8%だった。  
政府は原発を「重要なベースロード電源」と位置付けたエネルギー基本計画を閣議決定したが、県内では依然として反対や慎重姿勢が根強い実態が浮き彫りになった。
・・・
・・・
5月に調査した結果ですが、
その後、賛成する人がたくさん増えたのでしょうか?
・・・
・・・
川内原発再稼働「国が責任持つ」宮沢経産相
日本テレビ系(NNN) 11月3日(月)18時41分配信
・・・
 九州電力・川内原発を訪問した宮沢経産相は3日午後、鹿児島県の伊藤知事と会談し、川内原発の再稼働や万が一の事故についても国が責任を持つと明言した。
・・
 今回の訪問は、川内原発の再稼働に「国」が責任を持つ姿勢を「地元」で示してほしいと、県側が要請したもの。
・・・・
 宮沢経産相は「川内原発については再稼働を進めるというのが政府の方針です。万が一事故が起こった場合であっても、国が責任を持って対処いたします。これはお約束します」と述べ、再稼働をめぐる国の責任を明言した。
 これにより、再稼働に向けた地元の動きは一気に進むことになる。
・・・
・・・
事故になったら国が責任を取る?
・・
今の福島の状況をみて、国は責任をはたしているのか?
よく言うなあ。
・・・・
これで鹿児島県や薩摩川内市、その周辺自治体の議員さんは納得しているのだろうか。
反対している議員さんもいますが、日置市長は、再稼動の同意に必要な地元の範囲を「鹿児島県や薩摩川内市にすべき」と九州電力社長との話で述べている。
・・
だれも責任を取りたくないのがみえみえ。
・・・・
だれも責任を取りたくない原発を再稼動させようとしているんだから
たちが悪い。
・・
原発事故のせいで、地元に帰れないなど苦しい思いをしている人たちを
馬鹿にしているとしか思えない。
だれかが「わたしたちは棄民です。」と話していた人がいらっしゃったと思う。
・・
検索サイトで、「私たち棄民 原発」と入力すると、何万件もヒット・・・。
ビックリ!!
・・・
そう思わせてしまっている人がいる時点で、「国が責任を取る」という言葉が
とてもうすっぺらなもの、その場しのぎの言葉に聞こえる。
地元は、鹿児島県、薩摩川内市だけではありません。
ここ、中四国も地元です。
日本すべてが「地元」になりますよ。
・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

ラジオ(クロノス)で原発再稼動問題について

10月31日、ラジオ クロノス(TOKYO FM/JFN) の番組で原発の話をしていました。
・・
最近、電力会社が再生可能エネルギーの買い取り制度を一時休止した話で、
元経済産業省の方のお話だったと思いますが、いきなり原発を再稼動することを
国民に伝えてしまうと反感や即原発廃止になってしまう。
それを避けるため、再生可能エネルギーを拡大させながら原発も動かそうと考えてきた。
・・
しかし、政府が原発はベースロード電源を宣言したことなど、政府の方向が原発再稼動に確実に向かっているために、電力会社は買い取り制度を一時休止したのではないかという話があったかと思います。
・・
このお話が本当であれば怒りマックス!
・・
番組のスポンサーがホンダですが、ここまで原発再稼動の問題を取り上げていたのは少し驚きました。
・・・
ホンダだから放送ができたのでしょうか。
「ホンダ スマイルミッション」と言いながら全国の人たちにインタビューする番組もあります。
・・・・・
みんながスマイルになるために・・・。
原発再稼動の話を聞くたびに、「福島」の事故は何だったのか。
故郷に帰れない人たち、元の生活に戻れない人たちが今なおいることを忘れてはいないだろうかと思ってしまいます。
「お金」か「命」か・・・何を優先にしているのか。
原発再稼動は、「お金」の方を優先にしているのがわかります。
原発でもうかるシステムを変えないといつまで経っても原発はなくなりません。
ため池が多い香川県では、ため池の上に太陽光発電を置く案を考えていたそうです。
良い案だと思います。
・・・
しかし、電力会社の買い取り制度の一時休止で案も白紙になってしまうのだろうか。
川内原発では市議会が原発再稼動に賛成する陳情を出し、市長も同意したというニュースが流れていましたが・・。
住民の半数以上が原発再稼動反対としているのに!。
これはどういうことなんだろう。
・・
どの議員さんが賛成したのか確認をしてしまいました。
・・・
自民党政権のなかで原発開発が進められた背景を考えると、
原発が再稼動する方向に進むのは当然と考えられる。
・・・・・
しかし、でも、原発事故のせいで自死をされる人がいたり、裁判を起こしたりする人たちがいるなか、なぜ原発を再稼動させるのだろう。
・・
ヨーロッパでは、再生可能エネルギーを進める方向で政治が動いているという。
・・・
原発がある地域の問題ではない。
私が住んでいるまちの問題でもあり、日本全体の問題だと考えて動かないといけないと思う。
・・・・・・
住民や国民の世論を無視した政策を続けようとする議員をチェックして次は当選をさせないとわかるくらい、
住民や国民は政治をみなければならないと思うのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »