« 自分から変えよう、マイケルさんより(大飯原発差し止め) | トップページ | ロイヤルホストで四国めぐり »

2014年5月25日 (日)

大飯原発差し止め判決、国富とは?

福島原発事故は、
国内で過去最大級の「公害」ということを忘れてはならない。
それが今なお続いている。
収束していないにもかかわらず原発再稼動はありえない。
・・・・
・・
福井地方裁判所の大飯原発差し止め判決文が
すばらしいとのことで全文を読んでみる。
・・・
「国富」とは何かを考えさせられる判決文と思います。
・・・
原告、「福井から原発を止める裁判の会」
被告、関西電力
判決文を一部引用:
被告は本件原発の稼動が電力供給の安定性、
コストの低減につながると主張するが、
当裁判所は、
極めて多数の人の生存そのものに関わる権利と
電気代の高い低いの問題等とを並べて論じるような議論に加わったり、
その議論の当否を判断すること自体、
法的には許されないことであると考えている。
このコストの問題に関連して国富の流出や喪失の議論があるが、
たとえ本件原発の運転停止によって多額の貿易赤字が出るとしても、
これを国富の流出や喪失というべきではなく、
豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、
これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失であると当裁判所は考えている。
・・
 また、被告は、原子力発電所の稼動がCO2排出削減に資するもので
環境面で優れている旨主張するが、
原子力発電所でひとたび深刻事故が起こった場合の環境汚染は
すさまじいものであって、
福島原発事故は我が国始まって以来最大の公害、環境汚染であることに照らすと、
環境問題を原子力発電所の運転継続の根拠とすることは甚だしい筋違いである。
避難したくても様々な理由で避難できずにそこで生活をせざるを得ない方たちの声を代弁しています。
・・・
・・
裁判所前で掲げた垂れ幕「司法は生きていた!」という言葉が印象的に残りました。

|

« 自分から変えよう、マイケルさんより(大飯原発差し止め) | トップページ | ロイヤルホストで四国めぐり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1413666/56302423

この記事へのトラックバック一覧です: 大飯原発差し止め判決、国富とは?:

« 自分から変えよう、マイケルさんより(大飯原発差し止め) | トップページ | ロイヤルホストで四国めぐり »