« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月29日 (土)

年金下がって、生活の負担がアップ!

アベノミクスとは何だろう。

経済効果を上げるために給与は上げようとするが、

年金など国のお金は出さないということなのだろうか。

4月から介護福祉施設の利用料金も上がってしまう。

施設を利用される方の収入はほとんどが年金だろう。

在宅で年金収入のみで暮らす方にとっても影響が大きい。

介護が必要になった時、在宅で生活できるほどの環境が地域にあるのだろうか。

「買い物弱者」、「買い物難民」という言葉をよく聞くようになった。

・・・・・・・

消費税増税の影響がものすごく大きい。

「消費税が上がるから・・・」というのが最近の口ぐせに。

やっぱり買いだめをしてしまう。

8%の次が10%・・・

将来が不安になる。

介護を受ける必要になった時に、どのような社会であったり、制度があるのだろうか。

年金は、2013年4月からまた支給額が減る(0.7%)ではないか!!。

年金が下がって、利用料金や税金の納める額は上がる。

生活が苦しくなる・・・。

消費税が上がっても「福祉」に使われるお金は少ないという。

アベノミクスとはなんだったのだろうと最近よく思います。

原発事故のせいで事故を収束させるために税金が使われている。

事故が起こったために余計に税金が使われている。

再稼働なんてありえない。

放射性物質から人体や動植物など環境を守るために研究を行っている専門家、民間団体がありますが、なぜ国はサポートをしないのだろう。すべての取り組みをサポートしていないようです。

なぜ事故が起こる可能性のある原発を動かそうとするのだろうか。

まだ故郷に帰れない人たちがいる。10万人以上。

えさがなく餓死したニワトリさん、殺処分されたウシさん1700頭(福島県)・・・

自死された方・・・

忘れてはならない。

「原発事故のせいで亡くなった人はいない」と言いますが、亡くなられた方もいます。人だけでなく動植物もいます。 放射性物質の影響を少なくみさせて、

強制的に帰還させようとしているのではないだろうか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月23日 (日)

高村薫さんに刺激され、原発事故、福祉を考える

「震災や原発事故により、もともと日本にあった問題がより見えるようになった。

例えば、人口減少、過疎化・・・

原発事故により被災をしていない地域が原発を再稼動しようとしているのは言語道断!。

もっと怒って良いのではないか。」

・・・作家、高村薫さんが話していました。

最近の世論調査で、1番に、日本の「福祉や医療の面が向上している」という結果になったという。

「えっ?それって日本のこと?」

どこの国や地域で調査をしたのだろうかと思いました。

原発事故により、補償を受けられる人と受けられない人が同じ地域内にいる。

もしお隣さんが補償を受けられて、我が家は補償を受けられなかったらどのように感じるだろうか。

地域、住民、家族を分断させてしまっている原発事故。

働く場、生活の場、故郷を失わせた原発事故。

今なお続く・・・。

とても福祉が向上しているとは思えない。

もう少し考えてみる・・・。

・介護保険でも要介護3以上の方からしか施設入居ができなくなったと聞いた。

・いのちを支える介護職の人の給与は上がっているのか。

・年金生活をしている高齢の方は特に消費税増税は大きな負担となる。

・年金自体も減額されているではないか。

・何がアベノミクスなんだろう。逆に年金もあげるべきではないだろうか。

・非正規雇用の人が2000万人を越えようとしているなか、

非正規雇用の人も給与は上がっているのだろうか。

少し考えただけでも、「福祉は後退している」と思う。

最近、伊方沖で地震が起きている。

原発事故により、「地震」 ⇒ 「原発」 をより心配するようになった。

「やはり、キリギリスはキリギリス。」、「電力会社は今も原発再稼動をしようとしている。」

「キリギリスは、アリにはなれない。」・・・とても厳しい言葉。

高村さんの言葉が耳から離れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

私のお金は何に使われる?(税、ぜい・・ぜい・・)

確定申告の締め切りがおわりました。

私個人としては、住民税他の税金も納めましたが、

改めて年間の税金支払額をみると、

このお金は何に使われているのだろうかとものすごく思います。

復興予算・・・。

東日本大震災から3年。

住民が戻ってこないところを開発しているという話もよく聞きます。

ムダづかいではないでしょうか。

放射性物質による汚染はばくだいな税金が必要になります。

もう原発いらない。

この間、明石屋さんまさんが税務署に行き、抗議をしたという話を聞きましたが、

税金を取るだけとっておいて、有効に使っていない実態を知ると、

抗議をしたくなるのは当たり前です。

もっと声を出して良いのではないかと思います。

ムダづかいチェックも必要だと思います。

家計だけでなく、自分の住んでいる町、都道府県、

国の会計も知っておくことも大事だと思いました。

身近なところでムダづかいが行われているかもしれません。

4月から消費税が8%となり、「それまでに買っておくものがある!」

と会員のなかでも話題になっています。

ニュースでもかけ込み購入をしている人の話をよく聞きます。

会員のなかには、

鼻息をあらげて「私は4月から1万円以上のものは買わない!!」、

「4月からは私は変わるんだ!」などと宣言する人まで出てきました。

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

人生はマラソンではないというCM

リクルートポイントのCMが注目されている。??

ちょうどソチオリンピックの間に放送されていたのをみました。

最初、保険のCMかと思ったのですが、

最後まで観ないとどこの企業のCMかわかりませんでした。

ひとりひとりゴールは違っていい。

周り道、寄り道、休憩もいい。

どの道を走ってもいい。

人生はすばらしい。

犯罪や悪い事はいけませんが、

どんな道やゴールになっても受け入れてくれる社会であってほしい。

 

日本はどうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

伊方原発を一日も早く動かしたい電力会社と福島の現状

四国電力は3年連続赤字へ 14年3月期は再稼働困難

 四国電力の千葉社長は27日記者会見し、2014年3月期の連結純損益が90億円の赤字となる見通しを発表した。赤字は3年連続。伊方原発3号機について、14年3月期の再稼働が難しくなったことを織り込んだ。これまでは再稼働時期が不透明だとして予想を示していなかった。

 原発の代わりに動かす火力発電所の燃料費が損益を圧迫。ただ、昨年の料金値上げの効果で赤字幅は大幅に縮小する。

2014年2月27日 (共同通信より引用) 伊方3号機は原子力規制委員会が規制基準に適合しているかを審査している。千葉社長は「一日も早い再稼働を目指す方針に変わりはない」と強調した。 

企業の利益しか考えていないのではないか。

方法はないのか?。「火力発電の燃料費」がかかるからというのは本当なのか?。

原発を動かすことによる補助金等の仕組み、システムも改めるべきなのに

そういう働きかけや動きが全くないと思う。

原発を廃炉にしていくことで利益が上がる仕組みは作れないのか?。

原発から出る廃棄物の処分先も決まっていないなか、それでも再稼動をすすめようとする。

廃棄物の保管先も決まっていない。保管管理には何万年も必要という。

福島第一原発の事故はまったく収束せず、汚染水漏れが今尚続いている。

放射性物質を避けるために、避難している人がいる。故郷に帰れない人がいる。

家族もばらばらに生活をしている状況が続いている。

これほど、人、生命、地球に大きなリスクを与えているものをなぜまた動かしたいのか

意味がわかりません。

福島の現状を知れば知るほど、原発再稼動はありえないと感じる。

企業の利益 > いのち(生命) いのち(生命)の軽視は、ろくなことが起きません。

政府は原発を再稼動を行う方向で計画をすすめているが、原発30キロ圏内の市町村156自治体の2割しか再稼動を容認していない調査結果もでている

(2014年3月1日共同通信 「原発の再稼働容認は2割 30キロ圏156自治体」)。

政府や電力会社と原発がある自治体やその周辺自治体との原発再稼動に対する考えは違ったものになっている!!。

電気料金を納めている住民(消費者)の声も聞いて行動するべきではないだろうか。

だれのために原発再稼動をしようとしているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうした?香川、徳島の野菜摂取量

厚生労働省、国民健康・栄養調査結果(平成22年)から。

1日の野菜摂取量が男女とも低い、香川県、徳島県。

長野県が男女とも野菜の摂取量が全国1位

長野県は長寿県としても有名。

香川県は、うどんの食べすぎなのだろうか。

徳島県は、??。

それぞれの県の対策は、

香川県では、うどん県らしい野菜摂取量アップのために「ヘルシーうどん店マップ」を作成しています。

徳島県では、「そのままやないかい!!」と叫んでしまいましたが、野菜を食べようPRを行っています。

Photo

所得と喫煙率、肥満、朝食抜き、睡眠時間の関係を取り上げていますが、

永江一石氏の「厚生労働省の調査による、金持ちとそうで無い人の生活習慣の違いが面白い」の記事のなかで、

コメントのなかに因果関係のなかに年齢要因が大きいのではないかという指摘があ

ったので実際のデータをみてみました。

年齢の要因は考えられますが、悩みや不安が少なかったり、病気にかからないなど心身ともに健康体であればよく働ける、日々の生活を落ち着いて過ごすことができるということではないだろうかと思います。

環境的な要因も大きいと思います。

例えば、長時間労働・低賃金の職場環境、震災の影響、住んでいる地域の環境、家庭環境など・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

四国に新幹線?

四国に0系新幹線が登場!。
いよいよ四国にも新幹線が…と思ったら、新幹線を形取った電車?でした。
1輌編成でも走っているみたい。
駅弁など車内販売があれば新幹線気分。

四国内の線路を時速300キロで走ったら
とても危ない。

四国から、本州からでも岡山で乗り換えなしでいけたら便利ですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肩こりに悩んでいましたが、これは新発見!!

肩こり・・・に悩んでいます。

「健康カプセル! ゲンキの時間」をみました。

肩甲骨と僧帽筋の関係。Cocolog_oekaki_2014_03_01_08_56

頭を支えようとすると肩甲骨が傾き、僧帽筋が引っ張られて緊張する。

僧帽筋の緊張が肩こりの原因。

肩甲骨の傾きを直せば肩こりも治る。

①扉タイプ・・・前かがみの生活習慣のせい。

 改善法・・腕を後ろ側に伸ばし肩甲骨を寄せるように動かす。1日5セット、10回。

②おじぎタイプ・・・腰のせい。上半身、腰のバランスが悪いと肩甲骨が傾く。

 改善法・・・腹筋を鍛える。足を曲げへそをのぞきこむように10秒間キープ。

        1日3回。

③ハの字タイプ・・五十肩のせい。

 改善法・・・手のひらを上にして円を描くように片手ずつゆっくり回す。1日5回。

眼精疲労、高血圧、糖尿病などの内蔵疾患、睡眠不足も肩こりをひどくさせるという。

肩こり外来で診てもらったほうが正確。

近所に肩こり外来の病院やクリニックなどあるのだろうか。

肩こりは、もむやたたくだけでは解消されにくいことがわかりました。

・タイプ別のチェック方法については・・・ゲンキの時間のホームページで。

参照:健康カプセル ゲンキの時間

http://hicbc.com/tv/genki/archive/140223/

会員さんのなかでも肩こりを訴える人がいます。

肩をもんでいましたが、肩ががちがちです。

真剣にもんでみましたが、「真剣にもんでいるの!」となぜか怒られていました(笑)。

それほど肩ががちがちでした。

肩甲骨が問題ではないかと思いました。

早速試してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »