« 朝からアーサー、するどくつく | トップページ | さいさいきて屋でケーキを食べる(愛媛県今治市) »

2013年12月22日 (日)

TOKIO、半農半X、食に感謝

半農半X(はんのうはんえっくす)。

小さな農のある暮らしをして、残り半分は好きなことをしようとする生き方。

今流行りなのでしょうか。

コープ自然派の「タブル」でも掲載されています。

原発事故による放射性物質の拡散。

土壌にも降り積もり続けている。

安心、安全でなければ農業や生活はできないと思う。

ダッシュ村はどうなっているのだろうか。

TOKIOさんも半農半Xの生活をしていたと思う。

 自分で栽培や飼育などをしてみると、

食べ物のありがたさが良くわかると思います。

 栽培や飼育は簡単ではありません。

 栽培している途中で、虫や動物に食べられたり、病気になったり、上手く育たずに枯れたり、実がならないこともある。天候によっても上手く育たないかもしれない。

 毎日、気を配っていなければならない。

 収穫や食べることが出来るまでの作業も大変。

 いろいろな過程を経て、私たちは食べることができている。

 あたり前のことですが、あまり意識していない自分に気づきました。 

 感謝。ありがとうございます。

だから、原発の再稼動には反対。

原発はいりません。

|

« 朝からアーサー、するどくつく | トップページ | さいさいきて屋でケーキを食べる(愛媛県今治市) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1413666/54341408

この記事へのトラックバック一覧です: TOKIO、半農半X、食に感謝:

« 朝からアーサー、するどくつく | トップページ | さいさいきて屋でケーキを食べる(愛媛県今治市) »