« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月22日 (日)

アベノミクスのネタ、疑問と思い

さきほどの笑点で、(「あなた変わったわよね~」のお題に)木久扇師匠が、「アベノミックスのおかげよ~」(正しくは、アベノミクス)と返しましたが、観客は無反応。

木久扇師匠「笑わないじゃねぇか」と苦笑。

アベノミクス効果が国民に行き届いていない証明になった感じがした。

介護保険が1割負担から2割負担?。

特別養護老人ホームの入居に要介護3以上?。

サービスを受けたくても受けられなくなる。

国民に負担を増やすだけで、国の介護保険に関する支出が減ったり、

老人ホームの入居を待つ人が減ったりするのだろうか。

消費税増税などでますます国民の負担が大きくなる。

国民の負担が増えるほど、逆に医療費や福祉関係費など国の負担が増えたりしないのだろうか。

なので国の収入を増やすために、例えば、

7年後に東京でオリンピックをすることになったのだから、オリンピックに関する活動に定年退職者や60歳代以上の方などを積極的に、優先的に雇用するなど、活動できる場やお金を稼げる場を作る必要があると思う。

日本のどこに住んでいてもその仕事ができるという仕組みをつくる。

健康な人~寝たきりの人もいらっしゃる。

どのような人でも希望があれば働くことができ、稼ぐことができる場を作ることが大事だと思う。

稼がなければ税金を納められない(間接税は除く)。国の収入も増えない。

消費税は、生活が苦しい人にとっては大きな負担になる。

苦しい!。

物品によって税率を変える話はどこに?。

原発事故のせいで、国はとてつもない額のお金を使おうとしたり、とてつもない額のお金が必要になってくることを忘れてはいけない。

たまに大学や高専などでロボットコンテストなどを行っているが、

原発事故対応のコンテストにするのはどうだろうか。行っている?。

特定の企業だけではなく、学生から多くの人が関わることができる。

今の時点で事故の隠蔽が行われていることに悲しみと怒り・・・。

多くの人が関わり、協力できる仕組みを作る必要があると思う。

もう隠して解決できる問題ではない。

この間、ガソリンスタンドの屋根にソーラーパネルをつけているところを見つけた。

「すごい!考えたなー」。空いている場所を有効活用。

「ちょっと工夫でこのうまさ」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月15日 (日)

トラクターは除染対象外?と自他利行(道元)

半解凍気味のみかんを食べる。

シャーベットのようなので,アイスの代わりになります。

みかんをパクパク食べながらテレビで除染の話を観る。

・・・・・

除染をしても線量計の数値が事故前に戻らない。

除染作業は効果があるのかといつも疑問に思う。

除染するのにも「できるもの」と「できないもの」がある。

このようなことで除染をする意味があるのだろうか。

・・・・

農作業を行ううえで非常に重要なトラクターが除染対象外と聴いた。

農業を営んでいた人の生活だけでなく,いのちや食の安全も軽視しているのだろうか。 

つい最近,伊方原発に原発の規制委員会が調査に入ったという。

伊方原発がある佐田岬半島には港が一つしかないときいたことがある。

頻繁に船も出ていないと思う。

地震で津波がきたり,道路が寸断されたり,悪天候であったり,港まで遠い場合にどうすればいいのだろうか。災害が台風の時期と重なったり,昼間ではなく夜間かもしれない。ヘリコプターも着陸できるかわからない。

その対策を十分に立てていない中,四国電力は再稼動申請を行っているのではないだろうか。

愛媛はみかんで有名であったり,今治市の「さいさいきて屋」も注目され,農業や食の力は地元の経済にとっても大きな影響を与えている。

もし,福島と同じ事故が伊方原発で起きるとどうなるのだろうか。

この地域でも除染をすることになったとき,「トラクターは除染対象外です」と言われたら・・・・。

そう考えると,やはり再稼動ではなく,廃炉しかないと思う。

電気料金を値上げするなら廃炉費用に使ってほしい。

あちらこちらでソーラーパネルを設置する住宅や企業が出てきている。

原発に頼らない方法が今の時点からでもできる。

今,汚染で帰宅できない,生活ができないなど被害を受けている人たち,自主避難をしている人たちも含めて救済方法を改めて考えて直して,行動に移していくことが大事だと思う。

・道元さんは,「自他利行」(じたりぎょう)という。

自分の利益ばかりを求めると,自分の苦しみが増す。

他者の利益を考えて取り組むと,自分の利益にもなる。

相手の喜びが,自分の喜びになる。

自分のみということを追及すると,苦しみや行き詰まりが起こる。

道元さんの言葉も自然から学んだものだと思う。

「森林は除染しない」という方針は,

全く自然から学ぼうとしていないように思う。

人は自然の恩恵を受けて生活をしていることを忘れてはならない。

人は自然と切り離しては生活ができない。

 誰のために,どこに向こうとしている?。

私も人のことは言えませんが。

自分のみを追及すると争いが起こりますね

「自他利行」・・・

道元さん・・・すごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

11日のニュース

11日ということで震災やテロの話がニュースで流れていた。

除染の状況、公営住宅の建築状況、避難者の状況などをみると、

全く収束していない。

被災した地域では住宅関係資材が高騰し、人手も足りないという。

このような状況でオリンピックをすることになると、どこに資材や人が流れていくだろうか。

ニュースをみているとオリンピックの方に流れていくのではないかと思う。

経済効果が3兆円・・・。

原発事故の本当の収束に向かってさらに加速するのだろうか。

心配。

 沈黙をするのではなく、伝えていくことが大切。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 9日 (月)

オリンピックと原発事故

オリンピックが東京で行われることが決まった。

手ばなしでは喜べない・・・。

将来に希望があるというのは,活力になると思う。

しかし,オリンピック招致のためのプレゼンテーションでの福島の原発事故に関する発言が

気になっていました。

と思っていたら・・やっぱり。

<東電>汚染水、首相の「完全にブロック」発言を事実上否定

毎日新聞 9月9日(月)引用

安倍首相が言及した「0.3平方キロ」のエリア

 福島第1原発の汚染水問題をめぐり、安倍晋三首相が五輪招致のプレゼンテーションで「完全にブロックされている」「コントロール下にある」と発言したことについて、東京電力は9日の記者会見で、「一日も早く安定させたい」と述べ、首相発言を事実上否定した。政府に真意を照会しているといい、政府と東電の認識の違いが出たと言えそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

東京電力が否定している。

汚染水が地下水に流れ込んだり,貯蔵タンクの汚染水漏れをしているのに,コントロールしている?。

太平洋沖の魚から放射性物質が検出されている状況は,ブロックされている?。

そのようななか,安倍首相は,国際公約をしてしまった。

原発事故で避難している方たちはどのように思うだろうか。

ごまかしではなく,本当にコントロールができるようにしてほしい。

これからオリンピックの方に力が入り,東北の復興や原発事故対応が手薄にならないのだろうかと心配しています。

 「沈黙しないこと。」,「伝えつづけること。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »