« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月29日 (金)

さくら、バリィさん探し(愛媛県、松山市・今治市)

さくら,さく。

Photo

サスペンスドラマでよく使われる??愛媛県にあるダム(石手川ダム)。

Photo_2

エンディングあたりでよく出てくるダムらしい。

今治~道後間,317号線沿いの桜はもうすぐ満開。

317 さくら祭りをしています。

玉川町(玉川湖付近)・・・

バリィさんを探しに今治城まで行きました。

Photo_3 GO!GO!今治城

城の周りをぐるぐる回りました。

「バリィさんー!」・・・。

バリィさんをみつけたかと思ったら

Photo_4

手ぬぐいでした・・・・。

Photo_5 

お腹が減ってきたので,さいさいきて屋でモーニングとおすすめケーキを食べる。

201303281121000 サンドウィッチが好き。

201303281121001_2

さいさいきて屋はバリィさんいませんでした。

201303281122000 

バリィさんがみつからないストレスで、いちごのおすすめケーキを食べる。

さいさいきて屋内でもバリィさん商品を売っていましたが・・・。

バリィさんグッズがものすごく多い。いつの間に・・・。

バリィさんのお酒,スープ,あられ,手ぬぐい,タオル,バッグ,スマホカバー,ストラップ,付せん,ぬいぐるみ,クッキー・・・。

あまりにも多いので「山丹正宗バリィさんカップ」酒をグビグビと飲む(意味不明)。

飲みやすく,水のように飲んでしまった。「うまいがねー」。

今治市議会がTPPを反対するのがよくわかります。

食 = 「バリィさん効果」がとても大きい。

バリィさんはみつかりませんでしたが、

やっぱりTPPや伊方原発再稼働には反対です!!。

第6次産業に融資とのことで、愛媛銀行も動き出す。

(第6次産業とは・・・農業や水産業などの第一次産業が食品加工・流通販売にも業務展開している経営形態)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

TPPと世論調査

「TPP参加を評価する」が6割を超えるという世論調査結果だったとラジオで聴いた。

調べてみると、毎日・日本経済新聞などどこの新聞でも6割ぐらいを超えているという内容だった。

「本当なのだろうか?」と思ってしまう。

地方新聞は反対しているのに、なぜ大手の新聞は賛成なんだろうと同じように感じている人もいた。

農業(農協)だけが問題かのようにマスコミで報道されているが、それ以外の分野(医療や保険など)にも大きな影響があることを忘れてはいけない。

あとから交渉に参加する国は、その前に取り決めされた内容は絶対に受け入れなければならないなど。交渉する前から条件が出されている協定とは何でしょうか?。

そのような話が出ること事態、怪しい協定と思ってしまう。それより、新しい協定を作って各国と貿易をしたら良いではないかと思ってしまう。

・・・地方紙では、例えば、北海道「釧路新聞」では、

2013年03月07日 TPP参加表明に怒り、組合全戸にのぼり旗/中標津

 中標津町農協(高橋勝義組合長)は6日、安倍晋三首相が環太平洋連携協定(TPP)交渉参加を表明したことへの怒りを断固反対の「のぼり旗」に託し、組合員233戸全戸の農場看板に「TPP交渉参加断固反対」のぼり旗を立てるメッセージ運動を始めた。道路から目立つのぼり旗に酪農家個々の思いを込め、道行くドライバーや町民に問題を提起する。

「農業だけではないんです!」というのぼり旗も出してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

瀬戸内国際芸術祭2013

瀬戸内国際芸術祭2013がはじまりました。

岡山県玉野市にいる「宇野のチヌ」がリニューアルしたみたいです。

また観にいきたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

カルシウムをとりすぎると死亡率が上がる??

NEWSポストセブンの記事で。

今年2月、「カルシウムを摂りすぎると死亡率が約2.6倍になる」という驚きの研究が発表された

 研究報告を発表したのは、スウェーデンにあるウプサラ大学の研究チーム。今年2月にイギリスの医学雑誌に研究結果が掲載された。

 50才以上のスウェーデン人女性6万1443人の食事を平均19年間にわたって追跡調査。その結果、通常の食事で1日1400mg以上のカルシウムを摂取していた女性は、摂取量が欧米の標準値である600~1000mgの女性に比べ、死亡率が1.4倍も高かった。

 さらに、通常の食事にサプリメントを加えて1日1400mg以上のカルシウムを摂っていた女性は、なんと死亡率が2.57倍に跳ね上がったのだ。

 この研究で死亡リスクを上昇させたのは、心筋梗塞、狭心症などの「心血管疾患」だった。

なぜ、体に不可欠の栄養素であるはずのカルシウムが「死」につながるのか。

 東邦大学医療センター佐倉病院教授の東丸貴信さんは、その理由をこう解説する。

「体内のカルシウムの99%は骨や歯に存在し、残り1%は血液や筋肉など体内のさまざまな器官にあるのですが、カルシウムを過剰に摂取すると、血中のカルシウム濃度が上がり、血液がドロドロになってしまいます。

 同時に、カルシウムが血管の細胞や組織に付着して固まったり(=石灰化)、プラーク(脂肪などの塊)という堆積物をつくりだすことで動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞などを発症すると考えられます。サプリは一般の食事より吸収率が高く、服用すると血中のカルシウム濃度を急激に高めるため、体に影響が出やすいと考えられます」

うちにはサプリメントがたくさんあります。過剰摂取には気をつけます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さいさいきて屋とTPP

TPPの「交渉参加」。

TPPでは、対等に交渉できないようになっていることを十分にマスコミは伝えていないような気がする。

TPP参加は日本の農業に大きな影響を与える。

食の安全が守れない。

食の安全 = いのち

さいさいきて屋も影響を受けると思う。

心配。

無理にTPP参加をしなくても良いのに。

対等に交渉できないTPPになぜ参加をするのだろう??。

アメリカの市民団体も日本がTPPに参加することに疑問と心配をしている。

★アメリカ市民団体ロリ・ワラックさんが訴えている内容(以下)

表向きは「貿易協定」だが、実質は企業による世界統治。加盟国には例外なく全ての規定が適用され、国内の法も規制も行政手続もTPPに合わせないといけない。
TPPについての情報が全く公表されていない。
TPPに「参加」するのではなく、「すでに条項の定められた協定」に参加するということ。

さいさいきて屋のある今治市。今治市議会でも、「TPP交渉参加への慎重な対応を求める意見書」を出した(一部、以下)。

 今回、政府の方針では、日本農業の強化策を検討する「食と農林漁業の再生推進本部」が設置されましたが、現下の我が国農業の情勢は、高齢化等により、極めて厳しいものがあり、TPPへの対応いかんでは、国内農業の疲弊と農村社会の崩壊を招き、将来に大きな禍根を残すことにつながるものと大変危惧するものである。
 また、農業分野において「国を開く」ことを目標に掲げているが、農業分野は十分に開かれ、我が国は、すでに世界最大の農林水産物純輸入国である。そして、圧倒的多数の国民は、食料自給率の向上を望んでいる。
 今治市では、全国に先駆け、範とすべき「食料の安全性と安定供給体制を確立する都市宣言」を基本に「食と農のまちづくり条例」の事業推進を行っており、TPP交渉に参加することは、今治市においても大きな影響をもたらすと考える。
 よって、国会並びに政府においては、TPPに関しては、下記事項を踏まえたより慎重な対応を行うよう強く要望する。

1  TPPへの対応については、国内の農業・農村に甚大な被害をもたらすのみならず、我が国の食料安全保障のあり方にも影響が及ぶ極めて重要な事柄であることから、今後の検討に際しては、国民に対し十分な説明責任を果たすとともに、国民からの意見聴取や国会での審議等を通じ国民の合意が得られるよう慎重を期すこと。
2  国際貿易交渉に当たっては、食料の安定供給の確保、農業の持続的発展、農村の振興等に十分配慮するとともに、「多様な農業の共存」という基本理念を堅持し、「守るべきものは守る」というこれまでの政府の姿勢を貫徹すること。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

今治市議会が意見書を出すぐらいだから相当な影響を受けると思う。

バリィさんも泣いていると思う。バリィさんを探していたら・・・

「2012年の「ゆるキャラグランプリ」で優勝した愛媛県今治市の「バリィさん」が15日、東京中央郵便局(東京都千代田区)の一日局長に就任した。」とのこと。

バリィさん、TPP反対も訴えてほしい。

TPPは農業だけの問題ではないことを注意しなけばならない。

経済効果第一(優先)にしてしまうとろくなことが起こらない。

原発もそうだったことを思い出さなければならない。

愛媛県議会では、第324回(2012年9月)定例会

で、「環太平洋連携協定(TPP)交渉への参加を
行わないよう求める意見書」をすでに出している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

発達障がいの拡大

発達障がいの診断がどんどん拡大した背景には、本来の発達の仕方というものが存在するかのような思い込みに、いつのまにか多くの人がとらわれたことがあるように思う。

岡田尊司著「発達障害と呼ばないで」幻冬舎新書

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

報道ステーションは福島から

報道ステーションは今日も福島から発信している。

これぐらい他の番組もするべきだと思う。

「震災が忘れられている、風化してきている」などというが、

マスコミの影響はとても大きいと思う。

忘れないためにも、風化させないためにも情報を発信することが大事だと思う。

日本に原発は必要なしと強く思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »