« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

電力は足りている

電力会社は原発を動かしたいという。

どこの地域の電力会社もそうなのだろうか。

動かしてほしい、動かしてほしいとニュースで言っている。

動かさないと赤字とのこと。

大飯原発は赤字回避のために動かしたという声も聞こえてくる。

動かすことより、廃炉に向けて雇用を確保したほうが地域経済にとっても良いのではないだろうか。

福島では2万人ほどの作業員が廃炉作業に関わっている。

しかし、被曝限度量を超えて作業ができなくなる。作業環境も悪いという。

鉛で線量計をおおってしまう不正も行われていた。

まったく人にやさしくない。

 仕組みを変えないといけないのに手をつけず。まだ原子力規制委員会の委員長を原発推進派の田中さんにしようとしているし、反対の声があるのに無視。

(そのあと、人事については民主党内からも批判があるため決定を先延ばしにしたというニュースが流れていた。 ⇒ 9月に入り、野田首相が単独で委員を決める。・・・・全く国民の声を聞いていない。

国会で承認を得ることができずに、野田首相が単独で委員を決めたことは原発デモの成果だと思う。党内からも反対の声があったという。

一人ひとりの力は弱いけれど集まれば大きな力になる。もっと関心をもたないといけない。

 国民的議論ということで、各地域で意見討論会、世論調査、パブリックコメントなどで原発再稼働に反対する声が圧倒的に多いのに。

 分析をする専門家は、国民は判断を決めかねていると分析をする。明らかに原発を動かしたい人たちの声を聞いて分析しているように思える。

 福島県で原発再稼働について賛否を聞いたら、賛否が分かれるのだろうか。

 再稼働に反対する人がほとんどだと思う。

 もう原発はいらない。青森のマダラから放射性物質が検出。

 海の汚染が全く把握できていない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

メロン熊出没!!

北海道の夕張で

メロン熊が出るという。

http://yubariten.com/

メロン熊こわい。

ゆるキャラではない??。

Photo メロンが食べられなくなりそう(笑)。

2012年5月、山形県の熊肉から放射性物質が検出された。

何もしていないのになぜ熊が被曝されないといけないのだろうか。

熊だけではなく、山や川や海も・・・。

十分な放射性物質検査もせずに、いつの間にか食卓に・・・・。

何年後かに体に異常ができてもそれが放射性物質の影響だと

どのように証明できるのだろうか。

  賠償や補償でこじれるのであれば、もう原発を再稼働しないほうが

良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

みんな大好き?

最近、興味のある歌があります。

エステー「消臭力」のCMの歌、「チカラにかえて」。

「ただそこにいるだけで。

君がそこに、いるだけで。

力あふれ~。」

 良い歌詞だと思います。

エステーのHPにいくと(http://www.st-sendenbu.com/cm/index.php)、

歌やCMが出きるまでの話がのっています。

 それを読んだり、みたりしてから歌を聴くと、さらに感動します。

歌いやすいし、覚えやすいです。

 ただそこにいるだけで、邪魔者扱いにされないように・・・したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月12日 (日)

養命酒生薬博士

よく飲んでいる養命酒。そういえば薬草を使っている養命酒は、放射性物質検査を行っているのか調べようとしました。

養命酒のホームページを検索していると、検定があり早速挑戦。

養命酒 生薬検定の博士になりました

Photo

引き続き、養命酒は、放射性物質検査を行っているのかホームページを検索中。

 国では、生薬等の放射性物質測定ガイドラインが出されている。

 平成23年4月4日に原子力災害対策本部から示された「検査計画、出荷制限等の品目・区域の設定・解除の考え方(最終改正:平成23年8月4日)」において対象とされている自治体(注)から東日本大震災以降に産出された漢方生薬製剤原料生薬(以下「対象原料生薬」という。)を使用して製造された漢方生薬製剤については、薬事法第56条第7号に該当する漢方生薬製剤及びその原料生薬が流通することのないよう、平成23年10月14日付け薬食監麻発1014第1号厚生労働省医薬食品局監視指導・麻薬対策課長通知(以下「取扱い通知」という。)により、その取扱いに係る考え方を示したところである。

(注)平成23年8月4日現在、対象自治体は、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、神奈川県、宮城県、岩手県、青森県、秋田県、山形県、新潟県、長野県、埼玉県、東京都、山梨県及び静岡県。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001xvf9-att/2r9852000001xvgz.pdf

生薬等の放射性物質測定ガイドラインの概要

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001xvf9-att/2r9852000001xzfu.pdf

放射性物質測定が行われていると思う(信じたい)が、そのデータが公表されているか??。

もっと情報がほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枕選び、人生の3分の1が睡眠

人生の3分の1が睡眠という。

快適に眠りたい。

そのためには枕が大切。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 9日 (木)

長崎の被爆

報道ステーションをみて改めて思う。

長崎の「被爆体験者」の方の声。

「被爆者」とことなり、必要な医療サービスが受けられない。

なぜ地域によって線引きがされ、その線引きによって補償が受けられないのか。

行政区にそって線引きされた。

「被爆体験者」とされた小川さんは、「同じ距離で被爆者と認められ、かたや認められないのか。

くやしい」と話す。

このような苦しみをまた福島の原発事故でくり返そうとしているようにみえる。

水俣病でも同じことが言える。

 だから二度とくり返さないためにも原発はいらないノダ!!!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妻、なでしこジャパンに加わる

午前3時から女子サッカーの決勝が行われる。

妻、トイレにいったのかと思っていたら、

「ふんふん」と言いながら寝ていました。

あとで起きてからサッカーやバレーをみるつもりなのでしょう。

 オリンピックで日本女子が金メダルをとるたびに

「女子は強い!!。気合が違う!!」と「ふんふん」と言いながら

話します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消費税引き上げ法案と生活

 消費税を上げたら生活が苦しくなります。

税をあげても、また無駄な公共事業をしようと考えています。

低所得ほど負担の大きい消費税

なぜ消費税引き上げ法案を通そうとするのでしょうか。

原発事故の補償費用や廃炉、除染費用などにも使われるのでしょうか。

原発事故収束への必要がとてつもなくかかると思う。

 もっとほかに削れるところがある。

 国民の生活を考えていない党や政府は解散。

「社会保障のための」という文句がとてもあやしい

法案をみると問題だらけ。

 ヤフーでは、消費税引き上げ法案について賛否両論が書かれてあります。

 なかには、諸外国と消費税率を比べたもの、貯蓄が増えているから増税が必要などの意見があります。

 そもそも諸外国と比率のみで比べることがおかしい。

 各国によってお金の使い道が異なる。税のかかり方も異なる。

 その違いを述べていません。

 国民皆保険であったからこそ、日本は長寿の国になったのではないかと思います。

 貯蓄については、不安だから将来のために貯めておく。当たり前でしょう。

 スウェーデンでは、高福祉高負担ですが、将来への不安が少ないため、あまり貯蓄をしないと聞きます。

 今回の消費税引き上げ法案は、「低福祉超高負担」ではないかと思います。

すでに介護保険では、介護保険料は上がるが、サービス時間数が減らされているという低福祉状態になりつつある。

その他、障害者自立支援法も廃案ということになっていたが、名称が変わっただけで中身が変わっていない。当事者と一緒に考えていこうと部会を立ち上げていたが、そこでの意見や声が活かされたのか。

 規制緩和をするべきという意見もあったが、

 規制緩和をして経済を刺激することは、不正や問題を広める温床にもなる。

 ツアーバス会社の度重なる事故や不正が証明しています。

 TPPも規制緩和の一つですが、食の安全をおびやかします(他の記事で問題を書いています)。

Cocolog_oekaki_2012_08_09_21_57  

今の心の状態を絵に表すとこんな感じです。

涙が止まりません。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

サイサイライダー、サイサイキカイダーあらわる?!

さいさいきて屋のホームページを検索。

「サイサイライダー

サイサイキカイダー」と書いてあったので、そんなキャラクターも作ったのかと

思ったら、「サイサイダー」という今治産のレモンサイダーでした。

勘違い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さいさいきて屋HP変更!!

いつの間にか「さいさいきて屋」のホームページが変わっていました。

6月15日に変更されたみたいですね。

パワーアップしています。

http://saisaikiteya.com/

サイサイカフェでは、

ブルーベリータルトを販売しているみたいです。目に良い!!。

通販でも販売!!。

瀬戸ジャイアンツ」?って何だろう。

巨人?。

8月10日から「瀬戸ジャイアンツタルト」が販売されるという。

楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カステラプリンサバラン

プリンを作ろうとしたけれど、生クリームと牛乳の量をケチったため、

カステラのようになってしまいました。

妻、「カステラになってしまったー!!」とさけぶ。

そのため、急きょラム酒を入れたシロップを作り、カステラのようなプリンの上にかける。

サバランのようなものが完成。

「冷やしたらサバランになるんじゃー」と妻。

サバラン・・・・うーん、わからん。

 写真はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

細野大臣、フェイスブックで炎上(7月28日)

細野豪志大臣、自分のFacebookで「オリンピックに使われた瓦礫メダル」の件を、美談仕立てに紹介し、コメント欄が罵詈雑言尽くしになり炎上中と話題

Photo

衆議院議員 細野豪志 事務所 Facebookページ
http://www.facebook.com/hosono.goshi

Facebookは、匿名ではなく、殆どの人が実名で登録し使用していますが、 自分の名前が判る状態であっても、この様なコメントをするということは、皆の怒りも相当なものだと分りますね

 日々雑感HPより引用(http://hibi-zakkan.net/archives/13445217.html)。

 お金を有効に使ってほしい。

 がれき処理問題をオリンピックに便乗して世界へ広めないでほしい。

 それと、子どもを利用するのも止めてほしい。

 しかし、この件で世界から注目され、世界中からがれき広域処理の中止や原発再稼働中止・廃炉の声が大きくなってくれたら良いけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放射性物質、「うすめたら大丈夫」は違反!!

ドイツ放射線保護協会が、日本政府の食品、がれき処理の“希釈処理”は国際合意違反と、撤回を警告(FOE Japan)
December 7th, 2011 | ◆

【プレスリリース】
ドイツ放射線防護協会より:放射線防護の基本規則は、福島原発事故後も無視されてはならない
ドイツ放射線防護協会は問う:原子力利用と引きかえにどれだけの死亡と疾病を許容するのか?
放射線防護の国際的合意として、特殊措置をとることを避けるために、汚染された食品や廃棄物を、汚染されていないものと混ぜて「危険でない」とすることは禁止されている。

日本政府は現在、食品について、および地震・原発事故・津波被災地からのがれき処理について、この希釈禁止合意に違反している。ドイツ放射線防護協会はこの「希釈政策」を至急撤回するよう勧告する。撤回されない場合、すべての日本の市民が、知らぬ間に東京電力福島第一原子力発電所事故の「二次汚染」にさらされることになるだろう。空間的に隔離し、安全を確保し、管理された廃棄物集積所でなければ、防護策は困難である。「汚染を希釈された」食品についても同様である。現在の汚染がれきおよび食品への対応では、日本市民に健康被害が広がってしまうだろう。
日本ですでに始まっている汚染がれきの各県への配分、焼却、および焼却灰の海岸埋め立て等への利用は、放射線防護の観点から言えば重大な過ちである。焼却場の煙突から、あるいは海洋投棄される汚染焼却灰から、がれき中の放射性物質は必然的に環境に放出される。ドイツ放射線防護協会は、この計画の至急撤回を勧告する。
チェルノブイリ事故後ドイツでの数々の研究により、胎児や乳幼児が以前の想定よりはるかに放射線影響を受けやすいことが明らかとなっている。乳幼児の死亡率、先天障害、女児出生率の低下など、チェルノブイリ後の西ヨーロッパで明らかな変化が確認されている、すなわち、低量あるいはごく微量の追加放射線によって数万人の子どもが影響を受けているのである。さらに、ドイツの原発周辺における幼児のがんや白血病についての研究でも、微量の追加放射線でも子どもたちに健康被害を与えうることが示されている。ドイツ放射線防護協会は、少なくとも妊婦と子どものいる家庭について、現在の避難地域より広い範囲で至急の避難・疎開が支援されなければならないと強く警告する。われわれは同時に、子どもに年間20 ミリシーベルトの被曝を強要することは悲劇的な過ちであると考える。日本政府は、現在の避難基準になっている年20 ミリシーベルトを直ちに撤回するべきである。
日本での現行の食品中放射性物質暫定基準値は、商業と農業を損失から守るためのものであり、人々を被曝から防護するためのものではない。ドイツ放射線防御協会は、この基準値が、日本政府ががん死亡者数、がん発症者数の甚大な増加、およびその他のあらゆる健康障害の著しい蔓延を許容する姿勢であることを意味するとして、厳しく指摘する。

このようなやり方で自国民の健康を踏みにじることは、いかなる政府にも許されない。当協会は、原子力エネルギー利用のもたらす利益と引き換えに、果たして日本社会がどれだけの死者と病人を受容できる準備があるのかについて、全国民参加による公開の議論が絶対不可欠であると考える。このような議論が必要なのは、日本だけではない、これまで原子力ビジネスと政治的思惑によって阻まれてきた、世界のすべての国々において必要なのである。
ドイツ放射線防護協会は、日本の皆さんに強く訴える:できるだけ、専門知識を身につけるよう努めてください。そして、食品における基準値の大幅な低減と、厳密な食品検査を要求するのです。すでに各地に開設されている市民測定所を支援してください。
ドイツ放射線防護協会は、日本の専門家の皆さんに訴える:日本の市民のサイドに立ち、放射能とはどんなものか、どのような障害をもたらしうるものであるかを、市民に説明してください。

ドイツ放射線防護協会
会長 セバスティアン・プフルークバイル(博士)
(翻訳、下線:FoE Japan)

http://www.foejapan.org/energy/news/pdf/111127_j.pdf

とても心配!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 3日 (金)

毎週チェック、放射性物質検査

コープ自然派の宅配が届くと、一番初めに放射性物質検査結果をみます。

Table(タブル)の情報誌に、原発再稼働反対の声という記事が書かれてありました。

大飯原発再稼働の経緯が書かれてあり、原発再稼働は改めて問題だと思いました。

2012年7月3日の「地震・津波に関する意見聴取会」(以下、意見聴取会)にて、関西電力が「当時の写真などを探しているが、まだ見つからない」と、議論が先送り。

7月17日の「意見聴取会」では、大飯原発と志賀原発について断層の再調査の必要があると、保安院は両原発の再調査を指示。

しかし、7月18日、大飯原発4号機が稼働された。

 「いのち」より経営を優先させる野田政権、電力会社。

 関東地方や東北地方では放射性物質が検出された食べ物がみつかっている。

 たとえ基準以下であっても蓄積していけば放射能の影響を受けると思う。

福島第一原発の事故処理もまだ途中のなか、「収束宣言」を出した野田政権、野田首相。

それと、原発再稼働を進めたがる電力会社。

 規制委員会の委員決定も政府の都合で決めようとしている。事故調査委員会が提案している人選の仕方を無視!!。

ありえない!!。

また同じことの繰り返し!!。

 群馬県のうどん(生めん)に微量の放射性物質が検出された(2012年6月27日、群馬県ホームページ参照)ことに、うどん県の人たちはどう思うだろうか。

 うどん県の人は、「朝、昼、晩の3食がうどんでも大丈夫」といううわさ?があるが、たとえ微量でも毎日食べていれば蓄積されてくる。

 例え、かけうどん、ぶっかけ、冷やしうどん、ざるうどん、釜揚げうどんと変えても、めんは同じだから変わらない。

 いまなお食品の放射性物質検査体制が不十分。

 気をつかうことなく、おいしく食べたい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

原発を止める、廃炉にするには政治を変える必要

今日、山口県知事選が行われた。

脱原発、反原発を訴えて続けていた飯田さんは落選。

 どれほどの人が投票に行ったのか、投票率に関心があります。

また東京では、国会議事堂前、首相官邸前でのデモ、包囲活動が行われた。

デモも政治への不満を訴える一つ手段だと思いますが、政治を変えるためには選挙で投票しなければならない。投票しなければ何も変わらない。

 民主党を信じて投票したのに・・・マニフェストとはいったい何だったのかと思っている人たちもたくさんいると思います。

 マニフェストまでの政策提案や動きを調べないと、マニフェストだけでは判断できないところもあります。

 それが今回の民主党マニフェストの裏切りでよくわかりました。

 マスコミの報道の仕方、取り上げ方も政府よりだということもわかってきました。

 原発事故後、デモが毎週のように行われている。毎週、人数が増えている。今日もデモを行うことを宣伝していた。マスコミは中継を出して放送しても良いのではないかと思いました。

 ニュースで報道をしていましたが、一部の人しか反原発、脱原発を訴えていないかのような報道の仕方に腹が立ちました。

IWJ(Independent Web Journal)のインターネット中継で反原発デモを観ています。

民報やNHKより自由な報道をしていると思います。

 マスコミの報道が不十分ななか、どのようにして事実をとらえるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »