« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月28日 (土)

カツオは大丈夫?

2012年5月に行った検査で、三陸沖のカツオから放射性物質が検出された(東都生協)。

2012年6月には、鹿児島県で水揚げされたカツオから放射性物質が検出された(グリーンコープ)。

カツオのたたきで有名な高知県は大丈夫かと思う。

高知県では、昨年(2011年12月)に微量の放射性物質が検出された。

高知県では、月に1回、放射性物質検査を行っている(高知県のホームページでも公表)。

しかし、月に1回の検査で大丈夫?。

高知県のホームページでは、『カツオは、高知市での一世帯当たり消費量が全国一位である「高知県の魚」です』と書いている。

土佐湾で初カツオ(3月~5月、春)、戻りカツオ(9月~11月、秋)が獲れる。

鹿児島県沖で獲れたカツオに放射性物質が検出されたのは6月です。

東北から戻ってきたカツオ?。それとも、東北から戻ってきたカツオの子?。

もう少し検査回数を増やしたりするべき。

海で何が起きているのかわかりません。

「事件は海で起きているんだ!!」。

昨年、お店でかつおのたたきをおいしく食べました・・・。

 引き続き、カツオの回遊ルートを調査中。

飯舘村では避難区域の線引きが行われているが、その線引きによって補償も変わってくる。

水俣病の補償問題と同じようなことが行われているように思った。

どれほどの人が苦しんできたのだろうか。

将来、日本全体に放射性物質の補償問題が発生するかもしれない。

なぜ同じ過ちを繰り返すのか。

まさに原発の再稼働は過ちの繰り返し。

原発は止める。廃炉にする。これしかない!!。

規制委員会の委員も原発推進派の人が多い。

決まれば5年は委員を変えられない。

危ない!!!!。

By the inspection which went in May, 2012, the radioactive material was detected from the bonito off Sanriku offing(east capital co-op).
The radioactive material was detected from the bonito landed in Kagoshima Prefecture in June, 2012 (green Co-op).
I think whether Kochi Prefecture famous for minced raw bonito is OK.
A little radioactive materials were detected in Kochi Prefecture by the end of last year (December, 2011).
In Kochi Prefecture, the radioactive material inspection is conducted once per month (it announces officially also by the homepage of Kochi Prefecture).
However, OK per month at one inspection? .
In the homepage of Kochi Prefecture, it is writing "A bonito's( The fish of Kochi Prefecture )amount of consumption per time belt is only No.1 of the country in Kochi."
A first bonito (March ~ May, spring) and a return bonito (September ~November, autumn) are caught to the Tosa bay.
It is in June that the radioactive material was detected by the bonito caught off Kagoshima.
Bonito which has returned from the northeast? .
Or child of the bonito which has returned from the northeast? .
。 which should increase the number of times of an inspection to a slight degree
It does not understand what has occurred in the sea.


"The incident has occurred in the sea!!"


Minced raw bonito was eaten with good appetite in the store last year ...
Although drawing of the evacuation zone is performed in Iitate-mura, compensation also changes by the drawing.
I thought that it was performed that it is the same as that of the compensation issue of Minamata disease.
Has how much person been in pain?
In the future, the compensation issue of a radioactive material may occur in whole Japan.
Why does it repeat the same fault?
Re-operation of a nuclear power plant is just a repetition of a fault.
A nuclear power plant stops.
Decommissioning is used.
There is only this!! .
There are many people of a nuclear power plant group of promoters also among the committees of the regulation committee.
If decided, a committee is unchangeable five years.
It is dangerous!!!.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年7月26日 (木)

しあわせってなんだっけ

中沢さんと河合さんの対談。

仏教について詳しくはないけれど、仏教の考えは日本にとって大切な考えではないかと思います。

幸福とは何だろうと最近思います。

本のなかでも幸福について話されていることがあります。

-------------------------------------------------------

仏教に、「幸福」という言葉はないらしい。

仏教語で「幸福」に近い言葉として、「楽」や「安心」がある。

安心でない状態とは、自分の心がほかの場所にひかれてふらふらと外に出かけていって、そこで自分では制御のできない力にひっぱり回されて、本来の落ち着きを失ってしまっていること。

安心しているとは、お金やら名誉やら、自分の心とは本来無縁なものにひきずり回されることなしに、もともといる場所に落ち着いていられること。

お金と物のある人が幸福そうな顔をしているようにみえる。多ければ多いほど幸福の度合いがあがると思っている。

-----------------------------------------------------

お金と物がある人が幸福そうにみえるけれどもそうではない。

しかし、お金と物を獲得したいために生命の大切さを二の次にしているような

ことも起きている。

水俣病などの公害問題や原発事故後の再稼働、オスプレイ問題、戦争・・・・。

安心していられない。

心がひきずり回されているような気がしています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月21日 (土)

鳩山さん官邸に乗り込む

昨日の総理官邸前での反原発デモで

民主党の鳩山さんが「官邸に乗り込んでみなさんの思いをつたえる」と

話していた。

鳩山さん・・・・沖縄の基地問題について県外移設と言っていたのに、途中から発言が変わってしまい、沖縄県民の思いを聞かずに県内移設をしようとしていたのですが・・・・。

鳩山さん、官邸に乗り込んで反原発、脱原発を伝えてくれたのでしょうか。

元総理大臣がデモに参加!。元総理大臣も原発の再稼働はおかしいと言

っているのに再稼働は止めるべき。再稼働を止めることになると、野田首相は、政治生命をかけていたから政治家を止めなければならない。野田首相は政治家を止めたくないから再稼働も止めないのだろう。

経団連は、原発維持に賛成とのこと。やはりもうけ主義なんだなーと思います。

経済成長のためには、まずは一人ひとりの生命が大切なのにその部分が軽視されているような状況があります。

原発事故のせいで「ふるさと」に住めなくなっている、帰れなくなった人がいる。

事故前と同じような生活ができなくなっている、取り戻せなくなっている。

このようなことが実際に起きているのに原発の再稼働はありえない。

----------------------------------------------------------------

毎日、新聞などで各地域の放射線量が掲載されているが、この数値は嘘なのではないかという話も出ている。本当はもっと深刻なことがおきているのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

反原発と奥大山の天然水(鳥取県)

今日の報道ステーションで,
「古館取材 飯舘村あす再編 線引きに意味はあるのか」を観た。

線引きは,全く意味がない。虫さんや生き物は,区域に関係なく行き来する。放射性物質を運んでいくだろう。

食物連鎖で行く行くは人間の体に入ってくるだろう。

区域の線引きは,年間の放射線量でわけているが,その測定方法がおかしいという。

地上から測ったものと思ったが,ヘリコプターで上空から測ったものから計算されているという。飯舘村の人たちは,ヘリコプターが飛んでいるほど標高の高いところで生活していたのだろうか。
古館さんのように住んでいる人たちの声や生活をみなさい。

なぜこのような事故が起こっても上から目線なのだろうか。

上空と地上では違う。このようなことはほとんど報道されていないのではないか。

山の除染も20m入ったところまでしかしないという。

これで除染をしたというのだろうか。

飯舘村のすべての地域は,帰還困難区域にすべき。

賠償も全く足らない。帰還困難区域で,一人600万(5年分一括)。今までの収入分で賠償するべきではないか。それに住めなくなったこと,年齢などを踏まえると,もっと額を増やすべきだと思う。

避難している方が,「私たちはモルモットにされている」と。

なぜ住む場所まで突然奪われてた上に,実験台にされないといけないのだろうか。

東京の代々木公園での反原発デモ集会の様子も流されていた。17万人参加!!。

集会で大江健三郎さんが発言したが,テレビでは放送されていなかったと思うが,

さよなら原発1000万人アクションでは,700万ほどの署名を集め,政府に署名を渡した翌日に野田首相,政府が原発再稼動を決定したという。

だから発言のなかで「私らは侮辱のなかに生きている」という言葉が出てきた。

野田首相や政府は,今の状況に全く国民の声を聞いていない。国民の生活第一ではない。

消費税増税もオスプレイ,沖縄の状況,TPPも全てに通じてくる。

デモの力を政治を変える力に。

もうこんなひどい政治,マニフェストを守らない政治はいらない。

地方議会でも原発再稼動反対の請願を可決していくべきだ。

原発比率の意見聴取会ではやらせが目立つ。政府は,やらせではないというが,なぜ各地(仙台,名古屋)で,電力会社の関係者が発言の一人として出ているのだろうか。

今日は,名古屋での聴取会で,中部電力の社員が出ていた。これが「国民的議論」というのだろうか。

嘘ばかり。

原発比率3つの選択は,国民に中間の15パーセントを選ばせようとさせているという声もある。

反対の力が増すと,賛成側もあの手この手でおさえようとしてくる。

反対(国民)と賛成(政府,電力会社など)がみえてくる。今の政府は,賛成側なんだなーと改めて納得。

「結論ありきだからこういうことになるんだろうなー」と会員さん。

おいしい食をおいしく食べるための調査の一つとして,

サントリー天然水 奥大山ブナの森工場へ工場見学にいきました。http://www.suntory.co.jp/factory/water/okudaisen/

奥大山のなかに工場があった。

Photo 玄関前

道中,道端には色とりどりのあじさいが咲いていた。自然バンザイ。

工場では,休みなくボトルがラインを走っている。

いつも飲んでいる水のひとつ。放射性物質を測定しているのか気になったが,定期的に測定しているという。少し安心。

サントリー天然水(奥大山)を試飲。硬水のヴィッテルと比較しながら飲んだ。

天然水の方は,飲んだ後にやわらかさを感じた。好みです。

サントリーでは,子どもたちに森や水の大切さを伝えていく水育(みずいく)をしている。

飯舘村の区域線引きや山の除染の仕方は,森や水の大切さを訴える水育に反している。福島県の河川では,今なお高濃度の放射性物質が溜まり続けている。このような環境破壊をする原発はいらないと強く思った。

奥大山ブナの森工場のまわりも自然な森にしようと植樹をしたり,残雪を夏の空調に利用したりと,自然と共生した工場となっている。

Photo_2

自然に囲まれています。奥にみえる山は,

烏ヶ山(1,448m)だと思います。

左に大山があるはずですが・・・。

もし,飯舘村のように放射性物質が奥大山森のブナ工場周辺(採水地)に降ったらどうするだろう。

人間も自然の恩恵を受けて生きていることを忘れてはいけない。

自然も受け付けていない放射性物質を出す原発はいらない。

当会としても引き続き反原発・脱原発に賛同していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

モリモリおどりで反原発

Cocolog_oekaki_2012_07_14_19_58

「体重なんか気にしない~♪」とおどる妻。

クネクネしています。

「モリモリおどり」。

YOU TUBE で反原発デモ関連のものを観ました。

瀬戸内寂聴さんが、原発再稼働反対のハンガーストライキをしていた。

悪いものは私達が止めていかなければいけない。

戦争を体験されたときよりも、今の状況は悪い、怖いという言葉が印象に残る。

ほかにも観ていましたが、

「こんな原発まで再稼働するの!!伊方原発」2012.5/8 放映を観て衝撃!!。

会で話をしましたが、全員が伊方原発が事故になってしまうと、「さいさいきて屋」で買い物ができなくなると、とても心配と不安になりました。

内容(引用):
中央構造線(日本最大級の活断層)のすぐ近くにある伊方原発

1号機設置許可取り消しを求めた裁判(原告側敗訴)の原告側弁護団長は
国の安全審査を検証すると、、
「安全審査委員会に議事録がない」
「一人だけしか出席しない委員会がある。"これ会議ですか?" (笑)」

東京大学 松田時彦 名誉教授は、審査の会合で伊方沖の活断層で危険性を繰り返し指摘したにもかかわらず、報告書に反映されなかったと憤ります。
「驚くべき偽証ですよね。意見だけ聞いて "分かった分かったご苦労さん"で。委員にしておきながら、委員の意見を聞かないような報告書ができていたんですね」

専門家や四国電力が活断層の存在を把握していたにもかかわらず、なぜか国の安全審査では考慮しなくてよい、とされていました。

あかん!!

四国でも原発再稼働反対を!!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

もっと原発デモ全国にひろがれー

もう原発を再稼働するのはやめるべきだ。

事故が起こってからでは遅いよ。

「報道ステーション」で全国のデモの様子がながれていた。

こんなに多くの人が反対しているのに、政府はなぜ止めないのか。

NHKは反原発デモを取り上げなかったらしい。もうNHKも国の都合の良いように

報道している。受信料を払う意味が全くない。NHKも政府と国民のどっちを向いているのだろうか。NHKは政府の方を向いていると思われてもしかたない。

「あぁーーーーーーーーーー!!」

電力会社、政府の組織が全く変わっていない。

今までどおりだったら同じ事をするのは目に見えている。

一方では、東電の会長と社長が新潟県知事に会いにいき、柏崎刈谷原発再稼働をお願いにいっている。動かさないと電力料金が値上げされる。脅しだ。

家にも計画停電のお知らせがきた。

本当に電力が足らないのか、どうしても嘘を言っているようにしかみえない。

 なぜなら、今まで原発は、「安全、安全」と言ってきたという過去がある。

それが嘘だった。またごまかそうとしている。

報道せずに反原発デモがなかったかのようにしようとしている。

政府も反原発デモについて何も応えていない。

 

 ふるさとに帰りたくてもかえれない場所が日本にできてしまった。

「福島・・・」。

もう二度とそんな場所を作ってはならない。それなのに、また住めない場所をつくろうとしている。

 野田総理大臣が責任を持つというのであれば、今の福島第一原発内に自宅を建て、そこから国会へ行ったり、活動をしてみれば良い。防護服を着て、除染をして・・・どんなに生活が不便になるか。また建屋が倒壊する危険性、恐怖、不安を感じながら生活することがいかに苦痛かを身を持って経験するべきだと思う。原発周辺は、避難区域のため、建てたとしても住めないだろう。でも、福島県民のなかには家を建てたけれど住めなくなった人もいるはずだ。

 それでも、原発は再稼働するべきと思うのだろうか。

 自然エネルギー発電の検討や仕組みづくりにも力を入れずに原発再稼働が必要なんてありえない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

讃岐富士(さぬきふじ)をみながら思う

Photo

讃岐富士(飯野山)周辺には住宅が建っている。 

うどん県にある讃岐富士(さぬきふじ)。

いつかは登りたいと思う。

讃岐富士も放射性物質が降ったら除染するのだろうか。

1000メートルもない讃岐富士(421.87メートル)。

讃岐富士を除染する場合、どのくらいの費用がかかるのだろうか。

木がなくなる?。ハゲ山に?。

福島の山々、川の除染は一向に進んでいない。

ため池の多い讃岐。池の水をぬいて除染・・・。

水不足、田植えも難しくなるのでは。

どうなるのだろうかと考えながら眺めていました。

----------------------------------------------

福島第一原発事故の「33枚の写真」・・・津波による原発が壊れたのではなく、地震で原発が壊れた可能性が高くなった。

ストレステストなんて信じられない!!。

やっぱり原発再稼働反対。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラゲの力で原発を止める

大飯原発でクラゲが大量発生した。

そのため、再稼働に不具合が出たという。

クラゲも「原発再稼働は危ない」と止めようとしているようにみえる。

原発の再稼働を止めるべき。

もう一度、地震がきて事故が起きてからでは取り返しがつかない。

地球が怒っている!!。

原発が再稼働したから、火力発電所を停止するという話もでている。

電力が足らないわけではない。

「電力が足らない」という言葉を鵜呑みにしてはいけないと思う。

第三者機関が調べたわけでもないのに(たぶん)。都合の良い情報しか伝えない。

それをそのまま伝えるマスコミ。

スポンサーに原発関連の企業が関わっているのではないかと思ってしまう。

忌野清志郎さんの曲が出なかったのも同じこと。

その同じことが今も続いている。あれから20年・・・体制(原子力村)は変わっていない。

福島第一原発事故の写真も、つい最近になってから公表された写真もある。

谷岡一郎著「社会調査のウソ」を思い出した。

データにだまされるな!!

 電力量不足も同じことが言えるのではないかと思う。

「たった5人しか見ないのに一生懸命書いている」と横から妻の声。

Cocolog_oekaki_2012_07_10_21_41

クラゲも原発再稼働反対!!

クラゲもがんばっている。私達もがんばらなくては。

毎日がおいしく食べれるように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土)

反原発、報道とのたたかい

金曜日、反原発デモが首相官邸前で行われたが、

報道の仕方が各テレビ局によって異なっている。

昨夜のNHKのニュース9では、トップニュースにもならず、後半頃に30秒も報道しなかったらしい。

期待をしていた報道ステーションでは、全く取り上げていなかった

報道だけでなく、過去には反原発を歌った曲が発売禁止になるなどがあった。

忌野清志郎さんの「サマータイムブルース」など。

昨夜は、反原発デモがなかったかのような報道の仕方だったと思う。

そのような報道の仕方をするマスコミが怖い

昨夜は、首相官邸前に15万人も集まったらしい。これほどの人が集まっても報道しないというのはおかしい。それも首相官邸前のできごとなのに。

正しい情報、公平な情報を伝えていないのがよくわかる。

パンダより原発問題の方が、日本国民にとってとても重要なことだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

東京と大阪の反原発デモの予定

妻が拡散しろとのことで・・・以下。

------------------------------------------------------------------

7.6緊急!大飯原発3号基を停止せよ!

首相官邸前抗議

Posted on by on 7月 3rd, 2012 | コメントは受け付けていません。

7.6緊急!大飯原発3号基を停止せよ!首相官邸前抗議

【日時】7/6(金)18:00〜20:00 予定
【場所】首相官邸前(霞ヶ関駅より徒歩7分、虎ノ門駅より徒歩10分)
※千代田線・丸ノ内線の国会議事堂前駅は大混雑が予想されます。
【呼びかけ】首都圏反原発連合有志

★この抗議行動の情報を拡散する為に、緊急拡散のご協力をお願いします!

ツイート文:【今週金曜!緊急大拡散!】大飯原発3号機をただちに停止し、再稼働を撤回せよ!7/6(金)18〜20時首相官邸前と大阪・関電本店前にて再稼働反対の超大規模抗議!前回を上回る空前の規模で抗議を!このページのツイートボタンで拡散にご協力下さい!→ http://coalitionagainstnukes.jp/?p=689

呼びかけ

野田首相、枝野経産相、細野原発担当相、藤村官房長官らによる、閣僚会合での中長期の安全対策をすべて後回しにした、「暫定的な安全基準」による「安全」との政府判断。
おおい町議会の、再稼動に慎重な多くの住民の意見を無視する形での再稼動容認。

福井県の原子力安全専門委員会による、「安全」との政府判断の追認。
野田首相の再稼働の必要性を訴える記者会見の「儀式」。
責任を負いたくないばかりに、この「儀式」を受けてようやく再稼動に同意した、西川知事や時岡町長。

そして、野田政権による、世論の大半を占める反対の声を踏みにじる大飯原発再稼動の正式決定。
こうした出鱈目で拙速なプロセスにより、今回の大飯原発3号機再稼動は進んでしまいました。

私たち、首都圏反原発連合は、3月29日より毎週、大飯原発再稼動反対の首相官邸前抗議を行ってまいりました。
当初300人程度だった参加者は、1000人→2700人→4000人→12000人→45000人→200000人と、回を追うごとに劇的に増加しています。
福島第一原発事故の収束もままならないまま、そこから何の教訓を得る事もなく、再稼動ありきで物事を進めていった野田政権に対しての怒りがいよいよ噴出する形で、この抗議行動の規模は拡大を続けています。

野田政権は、世論の大半を占める市民の声を無視し、この再稼働を進めました。
したがって、私たちもまた、今回の決定を黙って受け容れる必要は一切ありません。
7月6日(金)18時より、首相官邸前にて原発再稼動反対の抗議行動を行います。

前回をはるかに凌ぐ、空前の規模の抗議行動で、大飯原発3号機の即時停止と、再稼動決定をただちに撤回、そして、私たちが一切諦めていないことを、野田政権に対して突きつけましょう。
今まで以上の情報拡散とご参加をどうか宜しくお願い致します。

注意事項:
※反原発・脱原発というテーマと関係のない特定の政治団体や政治的テーマに関する旗やのぼり、プラカード等はなるべくご遠慮ください。
※現場が混雑しているため、ビラ配布や署名集め等は抗議終了後の20:00以降にお願いします。
※この首相官邸前抗議は、あくまで非暴力直接行動として呼びかけられたものです。その趣旨を十分にご理解頂きご参加いただきますよう、宜しくお願い致します。
※その他、基本的に主催者の指示に従っていただきますようあらかじめご了承お願いたします。
※スピーチに関しましては以下のご協力をお願いいたします。
1.一人あたり 「1分以内」 でお願いします。
2.反原発・脱原発テーマに関係のないテーマでのスピーチはご遠慮ください。
3.特定の団体のアピールにつながるスピーチはご遠慮ください。個人としてアピールをお願いします。
4.主催者側の意向に沿わない内容であると判断した場合、中断をお願いすることもあります。あらかじめご了承ください。

また、大阪でも同日18時〜19時半、関電本店前にて再稼働反対の抗議行動を行います。
http://twitnonukesosaka.blog.fc2.com/

【日時】7/6(金)18~19時半予定
【場所】関電本店前(大阪府‎ 大阪市北区中之島3丁目6-16)
地図 → http://www1.kepco.co.jp/office/honten.htm
【呼びかけ】TwitNoNukes大阪有志

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発ヤーマートー

愛媛新聞社の記事

伊方原発の安全対策十分65% 県内市町長

 四国電力伊方原発(伊方町)をめぐり、愛媛新聞社が県内20市町の首長を対象に行ったアンケートで、地震や津波への安全対策を「十分」「ほぼ十分」とする評価が65%にのぼったことが1日までに分かった。東京電力福島第1原発事故直後の2011年4月に行った前回調査に比べて、ほぼ倍増。事故後に追加された安全対策が首長から一定の理解を得た結果となった。

 地震、津波対策ともに「十分」と評価したのは1人(前回ゼロ)で、「ほぼ十分」は12人(同7人)。判断保留は7人。前回は地震で6人、津波で7人が回答した「不十分」「やや不十分」は今回ゼロだった。
 だが、伊方3号機再稼働への現時点の賛否は、半数の10人が判断を保留。

 賛否を示した10人のうち、電力の安定供給などの理由から再稼働に「賛成」は2人、「どちらかというと賛成」は6人。政府の新安全基準が未策定であることなどを踏まえ、「どちらかというと反対」が2人。「反対」はゼロだった。
2012年07月02日(月)
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20120702/news20120702882.html

宇宙戦艦ヤマトの歌が、頭を横切った。「さらばー地球よー」。

「さいさいきて屋」のおいしい野菜や果物がー・・・食べられなくなる。

なぜか、さいさいきて屋のカフェで買ったシュークリームや、直売所で買ったシフォンケーキをくれる妻。

新しいおやつが手に入ったのだろうか。教えてくれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

さいさいきて屋から原発再稼働反対

考える会の会員(妻)が、「福井の大飯原発に行く」と

さけんでいましたが、会員1名の遠出は中止となりました。

 そのかわり、愛媛の今治市にある「さいさいきて屋」へ行きながら、

大飯原発再稼働反対の声をあげ、祈っていました。

201207011049000

カフェにて、モーニングセットを注文。

砂糖も有機砂糖。自然にこだわっています。黄色のものはかぼちゃ。やわらかい。

201207011049001

サラダのドレッシングがみかん味

さすが愛媛。あまりにおいしいのでドレッシングを買いそうになりました。

 原発が再稼働され、事故が一度起きてしまうと、パンや野菜がおいしく食べられなくなる・・・。再稼働、反対、反対・・・と思いながら食べました。

201207011307000

隣りの食堂で昼食。おからコロッケなど。

201207011359000日本食研へ行く。

お城のなかで、焼肉のタレを作っているとのこと。休日は、休み。

原発再稼働(だけではなく、消費税増税やTPP、沖縄基地問題など)について、国民の声を無視された動きに、現実逃避しそうでした。

推進する側の思うつぼ・・・にならないように。

声をあげないといけないと思う。

妻は、帰ってくると、大飯原発再稼働反対のデモの中継を観ていました。

工場見学がしたい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »