« 2011年10月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月28日 (火)

おいしい食 環境からの影響と個人の状態

おいしく食を食べるためには、

環境と個人の状態が関係していると思います。

環境では、例えば、食卓が片付いていたり、妻の機嫌がよかったり、

良いニュースが流れていたりなどで、

個人の状態は、例えば、お腹が空いていたり、体調がよかったり、

機嫌がよかったりなどがあると思います。

それらが影響しあいながら、おいしく食べることができるのだと思います。

「いただきます」、「ごちそうさま」。

 しかし、いつも良いことばかりや調子がよい、機嫌がよいというわけでもない。

 それをどのように調整していくか。

環境や個人の状態を整えるだけでなく、

おいしいものを作ったり、おいしいものを食べて気分をあげたりすることもできると思います

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月27日 (月)

沖縄 パン ヨーグルト

沖縄に首相が訪問。

基地問題について沖縄県知事と話をする。

県民が「基地はいらない」と言っているのに県外移設は難しいのだろうか。

かぼちゃ入りのパンを作ろうとしている。パン作りに熱中している妻。

「どれがかぼちゃパンか、チーズパンか覚悟して食べなよ」。

「わかりました」。

・ヨーグルト。食べ過ぎてお腹が痛い。

また寒くなってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

あつあつおかず。生きる・食べる

201202231038000

あつあつおかずです。写真が蒸気でくもっています。

骨付き鳥とかぼちゃ・・・。

コショウがきつい鳥でしたが、薄味のかぼちゃがカバーしていました。

佐々木十美さんの本に影響され、日々作っています(妻が)。

全く本にのってあるレシピとは違うものを作っているのですが。

「生きるために食べる。食べるために生きる」。

日々、「おいしい」と感じながら食べれる生活を過ごしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

悲しくてやりきれない

「悲しくて やりきれない」

フォーククルセイダーズの歌が身に染みます。

この前に観たNNNドキュメントだったか、被災して避難している方のなかに、「原発事故前と後、同じ空の色なのに放射性物質が飛散しつづけ、汚染されつづけている」というようなことを話していた。

いつもと変わらない空なのに、いつもの空ではないと思う時、どのように感じるだろうか。

そう思うと悲しくて、やりきれない。

この思いをどこにぶつけたら良いのだろう。

今の心境をこの歌が言っているように聴こえます。

十分に事故の検証と終息もしてもいない状況で原発を再開しないでほしい。

まだ放射性物質は飛散しつづけ、飛散した放射性物質は積もり続けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

食器洗いじゃんけん

食器洗いを誰がするかじゃんけんで決めました。

・・・結局、言い出した私が食器を洗うことになりました・・・。

つけ置きをしていると菌が繁殖するので、

食べたあとになるべく早く洗うようにしています。

 つけ置きにしているとものすごく菌が繁殖してしまうとのこと。

 食中毒に気をつけるのもおいしく食事をとるためには大事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

放射能から子どもを守る

ロシア、チェルノブイリの原発事故から民間の研究所が、放射能の被曝から子どもを守るために20年間の研究と活動を行なってきた成果が書かれています。

肉、魚、野菜などについた放射性物質を少しでものける方法にとても関心がありました。

著者のバべンコさんがコメントをしているビデオ映像がみれます。

バベンコさんが東京に来て幼稚園児を見かけたときに、「子どもは何も悪いことをしていない。何も責任はない」と思ったそうです。

全くそのとおりだと思います。

原発を再稼働しようとすることはやはりおかしいです。

愛媛県の伊方原発周辺で大規模な避難訓練が行われたそうですが、放射能がもれる前提で訓練をしているところが安全神話の崩壊を証明しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

おうちで給食ごはん!

佐々木十美さんの本を読みました。我が家では、早速、本を参考に下の料理を作りました。

201202050900000 

201202072001000 おいしかったです。

本に載ってあった伝説?のカレーを作ってみたい。しかし、さまざまな香辛料を入れて作らないといけない。

食べ残ったギョウザを袋に入れて冷凍したものを、いざ解凍しようと冷凍庫から取り出してみると、ギョウザ同士がくっついていた。それを妻が切り放そうと机の角で叩いていると、ギョウザが袋から飛び出し床にコロコロと・・・。

妻「揚げれば大丈夫!」。

・・・・。

見なかったことにしよう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

科学戦隊バイオマン?

バイオお風呂のカビきれい。

バイオ、微生物でカビを抑える。環境や人にもやさしい。

早速使用しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コープ自然派の放射性物質検査

コープ自然派では食品の放射性物質検査を行っている。

コープ自然派を利用している一人です。

毎回注文票と一緒に入っている放射性物質検査をみている。

「今回も不検出でよかった・・・」。

もっと安心して食べ物が食べられるようになりたい。

原発事故で食品に放射性物質がどれぐらい入っているかを気にしないと

いけなくなった。気疲れします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

缶、瓶、ペットボトルが楽にあけられる

妻が「これ、おすすめ!と、アマゾンで購入したものをみせてくれた。

メイダイ 爪の傷めず、力が無くても 「らく〜にあく」 13cm ECM033 Kitchen メイダイ 爪の傷めず、力が無くても 「らく〜にあく」 13cm ECM033

販売元:メイダイ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これなら「握力が弱く、気が強い妻」でも簡単にあけられる。

そういえば最近、

いつもペットボトルや缶を開けるときに、妻が「開けて!」と私を呼んでいたが、「らくーにあく」を購入してから、呼ばれることもなくなったような気がする。

子ども、年配の方など、握力が弱い方

誰でも便利。

 この寒い時期、養命酒を飲もうとすると、キャップが固まってしまって手の力では回せません。そんな時に、この道具を使えばらくらくに開けれました。

↓は、養命酒を作っている会社が製造しているお酒です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年3月 »