« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

ブラックコーヒーと炭酸飲料

ブラックコーヒーが濃いので、炭酸飲料で薄めて飲みました。

微妙なコーヒーの味の後から来る炭酸のシュワシュワ感が・・・・。

炭酸飲料でコーヒーは飲まないほうが良いです。

冷やしてもだめでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

低い放射線量でも健康被害に

線量限度の被ばくで発がん 国際調査で結論

 【ワシントン30日共同】放射線被ばくは低線量でも発がんリスクがあり、職業上の被ばく線量限度である5年間で100ミリシーベルトの被ばくでも約1%の人が放射線に起因するがんになるとの報告書を、米科学アカデミーが世界の最新データを基に30日までにまとめた。報告書は「被ばくには、これ以下なら安全」と言える量はないと指摘。国際がん研究機関などが日本を含む15カ国の原発作業員を対象にした調査でも、線量限度以内の低線量被ばくで、がん死の危険が高まることが判明した。  低線量被ばくの人体への影響をめぐっては「一定量までなら害はない」との主張や「ごく低線量の被ばくは免疫を強め、健康のためになる」との説もあった。報告書はこれらの説を否定、低線量でも発がんリスクはあると結論づけた。

2005/06/30 12:03   【共同通信】

  • 引用:http://www.47news.jp/CN/200506/CN2005063001003768.html

    過去に低い放射線量でも危ないという調査結果が出ているのに、低い放射線量は、「大丈夫」という言葉を耳にしませんか?

  • 原発推進派は、なんとしても原発を推進したい思いでいっぱいなのだろう。文部科学省が、先日、年間の放射線量を20ミリシーベルトから1ミリシーベルト以下を目標にと変更したが、子どもの健康を二の次にしている!!。全く過去の調査結果や放射線事故の教訓がいかされていない!!

    講談社/週刊現代 2011年6月4日号

    講談社/週刊現代 2011年6月4日号
    販売元:ココデカウ
    ココデカウで詳細を確認する

    今の原発の実態がわかります。NHK「ETV特集」で有名になった岡野眞治博士のことも掲載されている。ETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図 福島原発事故から2ヶ月」も観てほしい。絶対に原発はいらない。

     最近、「ひとこと」書いても原発のことが気になる。

      | | コメント (0) | トラックバック (0)

      2011年5月28日 (土)

      俳優の山本太郎さんを応援します

      | | コメント (0) | トラックバック (0)

      2011年5月23日 (月)

      被曝でくちていった命

      朽ちていった命―被曝治療83日間の記録 (新潮文庫) Book 朽ちていった命―被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)

      販売元:新潮社
      Amazon.co.jpで詳細を確認する

      妻がアマゾンで買った本を読んだ。

      きっかけは、妻が本書の中にある被曝された作業員(大内さん)の写真を見せられたが、あまりにも悲惨なものだった。放射線がどれほど人体に影響を与えてしまうのか。世界でもトップクラスに位置する日本の医療技術でも治せないのか。被曝治療のなかで何が起きていたのかを知りたかった。

      睡眠時間を削るほど集中して一気に読みました。

      1999年9月に茨城県東海村で起きた放射線被曝事故。

      被曝した作業員の治療に当った医師が大内さんが亡くなった後の会見で、「原子力防護の施策のなかで、人命軽視がはなはだしい。現場の人間として、いらだちを感じている。責任のある立場の方々の猛省を促したい」と訴えた。

      被曝をされた作業員の大内さんは、身をもって放射線事故の悲惨さを訴えていた。

      現在にいたるまでこの教訓が活かされていたとは思えない。

      まだ原発は必要だという方がいるが、この本を読んでほしい。

      ・・・というか、強制的に読むべきだと思う。

      この本を読み、それでも原発は必要だと思うのだろうか。

      そう思う理由を教えてほしい。

      長らく原発を推進してきた自民党は、原発に対して民主党に意見することはできないと思う。それより、率先して事態を終息させるために動くべきだと思う。

      | | コメント (0) | トラックバック (0)

      2011年5月16日 (月)

      原子力発電所についての世論調査

      各新聞社で原発についての世論調査が行われた。

      先月の調査に比べて、原発縮小を求める回答が出されている。

      調査の質問項目を詳しく見てはいませんが、「日本の電力の3割を原発でまかなってきた」などと、

      前置きをしたうえで回答させるのは、回答の誘導をしているように思える。

      日本に原発がなくても十分まかなえる電力があるというデータもある。

      回答が偏らないように質問項目を作るのは、質問紙調査を作るうえでもっとも大事なことです。

      もっと公平な調査と報道をしてほしい。

      原発のことを考えずには寝られない毎日です。

      | | コメント (0) | トラックバック (0)

      2011年5月14日 (土)

      原発の疑問と不安

      浜岡原発が運転停止となった。

      この勢いで日本にあるすべての原発を停止、廃止してほしい。

      原子力発電コストは、他の火力、水力の発電コストよりも低いとされているが怪しい・・・。

      原発に関する報道やサイトをみて疑問や不安があります。

      何個かあげてみます。

      • 発電コストは、使用済みの核燃料の処理費用、保管のコストを含めているのか。
      • 原子力発電に対する国から莫大な助成を受けている電力会社にとっては、負担が軽くなるから、原発の発電コストは安いと言っているのではないか。
      • 事故が起きてしまった後の環境や人への影響を考えているのか。福島原発の事故対応をみても、原発を制御できていないのに、まだ原発を推進するのか。
      • 発電をしていないのに原発の維持費に莫大なお金がかかっていることについて、マスコミはもっと取り上げないのか。取り上げない理由は、電力会社からお金をもらっているからという話があるが本当なのか。
      • 高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)、高速増殖実験炉「常陽」(茨城県大洗町)でのトラブルは大丈夫なのか。水に触れると発火するナトリウムを使用しているため、冷却するにも水を使用できない状況になるのでは?。とても危険すぎます。

      日々おもってきたことを出してみましたが、やっぱり原発に対する疑問と不安が消えません。

      原発はいりません。必要なし!!。

       

      | | コメント (0) | トラックバック (0)

      « 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »