2019年9月17日 (火)

消費税増税の理由で災害対策本部をつくらないのか?

 

 

 

災害対応、報道の仕方に疑問を感じます。

災害支援のお金が加計学園よりも少ないことに驚きました。

なぜ?なぜ?疑問に思います。

ブルーシートで屋根を保護している家がたくさんあったり、

被害状況がまだわからない地域もあったり、

まだ停電が続いている地域もあります。

いのちの危険にさらされている状況が今もあります。

それなのに対応が不十分なのか?なぜ?なぜ?。

千葉県から愛媛県に話題が飛びますが、

最近、

愛媛県今治市にある「さいさいきて屋」にひさしぶりに行きましたが、

加計学園を観に行く気持ちにもなりませんでした。

さいさいきて屋では、シャインマスカットのケーキに大福をいただきました。

産直市場のなかに、「愛媛産には、愛がある。」というキャッチフレーズが書かれてあるのを見かけましたが、

「加計学園の大学設置をすすめてきた国や県、市は、今治市民の方たちに対して愛があったのだろうか?。」と、

心の中でつっこんでいました。

愛媛産でもう一つ言いたい。愛があるなら伊方原発を止めてほしい。

農林水産物と原発はあいいれることはできないと思います。

「棄民」という言葉が、福島だけでなく、千葉や愛媛でも同様に当てはまるように感じる。

他人事ではない。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年9月14日 (土)

思い出すな~「適材適所」

「適材適所」。使い勝手がいい言葉ですね。

菅さんように返答するのにどう答えて良いか言葉が出て来なくて苦し紛れに「適材適所」という言葉を使ったことを思い出しました。

菅さんは本当に「適材適所」と思ったのかもしれませんが・・。

 

選挙活動中の質問に答えていた今井さん。これも思い出しましたよ。

 

「うーーーーーーーーん」と、

うなってしまいますね。

 

どうなっているの?。

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

千葉も、大分も

 

閣僚決定報道より災害報道の方が優先だろう。

ここに来てやっと被害状況などを詳しく報道している感じがする。

初動が遅すぎます。

NHKが閣僚決定報道を災害報道よりも先に放送していたことに腹が立つ!。

本会の会員さんでも4時間の停電でパニックになっていたのに、数日間停電ってどんだけ辛いことなんだろうと思います。

すでに亡くなられた方もいる。痛すぎる。苦しい!。

 

 

| | コメント (0)

2019年9月10日 (火)

今は千葉

 

| | コメント (0)

2019年9月 7日 (土)

文学や芸術の力で正気を保つ(自分の感受性くらい)

 

『別冊NHK100分de名著 読書の学校 若松英輔 特別授業 自分の感受性くらい』を

一気に読みました。平野さんの意見に同感です。

茨木のり子さんの「歳月」という詩と若松さんの解説を読んで涙が出てきました。

自分のなかでいろいろな思いが出てきて、言葉にならないこみ上げてくるものがありました。

詩の力はすごいなあ。

詩なんてわけわからんと思っていましたが、いろいろなことに通じていることを発見できました。

自分の生活、人生にも力になりそうです。ひいては社会のためにもなるなあと思います。

(そう考えると、あいちトリエンナーレの出来事は残念でした。)

読むだけでなく、書くことも大事なんだ。それを続けることで自分の感受性を高めていくことにもなる。

自分の指針となる言葉はすでに自分のなかにあるとのこと。

自分の感受性を高めようと

すればするほど

その感度で社会を見渡すと

生きていけるのかと

恐怖をかんじる自分がいた

そこで文学や芸術の力が大事になるんだなあと思えた一冊になりました。

言葉を大切にしてほしいと改めて思いました。

政治でうそ、ごまかしを続けながら日本の社会が悪い(多くの人にとって恩恵がすくない)方向にすすんでいることに危機を感じます。

 

| | コメント (0)

«「国内で販売される小麦製品の約7割から除草剤検出」が心配