2018年2月18日 (日)

調査データ偽装 安倍首相のウソ露呈 裁量労働で「労働時間短縮」根拠ナシ

調査データ偽装 安倍首相のウソ露呈 裁量労働で「労働時間短縮」根拠ナシ
安倍首相のウソ露呈 裁量労働で「労働時間短縮」根拠ナシ
引用:日刊ゲンダイ:
(一部引用)『
「裁量労働制で働く方の労働時間は、一般労働者よりも短い」
先月29日の衆院予算委で、こう強弁した安倍首相。目玉政策として「働き方改革」を掲げ、なにがなんでも「裁量労働制」を拡大させるつもりらしいが、冒頭の発言の根拠が“デタラメ”だったことが、9日の衆院予算委で明らかになった。
(略)
要するに、安倍首相は都合の良いデータを基に、実態とかけ離れたウソを繰り返していたのである。
そもそも、「裁量労働制」が適用されれば、長時間労働になることは常識中の常識である。
2013年、福島の状況はアンダーコントロールされていると、IOC総会でオリンピック招致演説をした安倍首相。
参考:
・安倍首相「アンダーコントロール」のウソ
:WEBRONZA:
・安倍首相が五輪招致でついた「ウソ」 “汚染水は港湾内で完全にブロック” なんてありえない
「科学的根拠に基づく政策」が大事と
言われているようですが、調査データを偽装し、事実も隠ぺいする。
科学的でも何でもない。
だれのための何ための政策なのでしょうか。
だれのためにうそをつき
何のためにうそをついているのでしょう。
「働き方改革」って誰得?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国納税者一揆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発説明のフレーミング効果と石牟礼さん

原発説明のフレーミング効果と石牟礼さん
原子力発電についてどのように説明をしているのか気になり調べてみました。
例えば、
電気事業連合会
CO2を排出しない
火力発電は石炭・石油・天然ガスなどの化石燃料を燃やし、その熱エネルギーを利用して発電を行っているため、発電の過程でCO2を排出します。一方、原子力発電は、ウラン燃料が核分裂した時に発生する熱を利用して発電しているため、太陽光発電や風力発電と同じように発電時にCO2を排出しません。原子力発電は地球温暖化防止の観点で、優れた発電方法の一つです。
関西電力
原子力発電
再生可能エネルギーと同じく、発電時にCO2を出さない原子力発電は、地球温暖化防止に大きく貢献できます。当社は、引き続き原子力発電の安全性のさらなる向上に、自主的・継続的に取り組んでまいります。
都合の悪い情報は書かれていないようにみえます。
原発って、地球温暖化防止になるために「ええやん」となりそうですが、
メリットだけでしょうか。
表現方法によっては、原発は安全と思えてしまうのが怖いです。
フレーミング効果」を思い出しましたが・・・。
『フレーミング効果とは、
本来、同じ内容を表すにもかかわらず、表現の仕方(これが「フレーム」と呼ばれます)によって、人間側の受け止め方、したがって選好が変化することを表します。』
(引用:依田高典 「ココロ」の経済学 ちくま新書 27ページ)
フレーミング効果を使った表現をすると、例えば・・・
1.原子力発電は、事故が起き、放射性物質が環境に漏れたりすると、人体や自然に甚大な被害を及ぼします。その代わりに、発電時にはCO2を出さないため、地球温暖化の防止に大きく貢献できます。
2.原子力発電は、発電時にCO2を出さないため、地球温暖化の防止に大きく貢献できます。その代わりに、事故が起き、放射性物質が環境に漏れたりすると、人体や自然に甚大な被害を及ぼします。
1.2.のどちらが良いかと考えると、2.を選びそうですが、
人体や自然に甚大な被害を及ぼしてまで地球温暖化防止って意味があるのかと思います。
CO2削減による地球温暖化防止する効果以上に、放射性物質による地球環境破壊を促進させるように思います。
電気事業連合会や関西電力の説明では、事故処理に莫大な費用がかかることも説明されていません。
なぜ福島第一原発事故の教訓を活かした文言になっていないのか。
まだ原発事故は終わっていません。
「いのち」よりも利益優先ですか。
本会では、
先日亡くなられた石牟礼道子さんの人となりや
「苦海浄土」を新聞や本などで読んでいるところです。
原発事故が起きて7年をむかえる今、安全と原子力規制委員会が認めた原発が再稼働されつつあり、福島第一原発事故の教訓だけでなく、水俣病の教訓さえも活かされていないことに、私たち一人ひとりが私ごととして気づき、動かなければならないのではないかと思います。
企業の、悪しき巧妙さは、患者たちが水俣病であることを公言できない、するべきではない、という空気を造っていきます。その結果、水俣病患者の訴えは減っていく。さらに原因が不明であるという風潮を造ることで企業側は、責任を免れることができた。
 「水俣病」という表現は、それが、あたかも肉体の弱化や感染による病気のようなものであることを暗示させますが、事実はまったく違います。それは人間による、確信的な
行いに基づく人災です。「患者」と呼ばれている人々は、完全な被害者であることを私たちは幾度でも確認し直さなくてはならない。
(引用:若松英輔 100分de名著 石牟礼道子 苦海浄土 2016年9月 NHK出版 58-59ページ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月15日 (木)

映画「独裁者」のスピーチとアレン・ネルソンさんやっぱり9条、平和が大事と綾瀬さん。

会員さんからの紹介で、映画「独裁者」の最後のスピーチも良いそうです。
映画「独裁者」 (1940)
チャップリンが監督・製作・脚本・主演を務め、
アドルフ・ヒトラーとナチズムの風刺が主なテーマ。
ヨーロッパの大国トメニアの独裁者ヒンケル(チャールズ・チャップリン)は、
世界征服とユダヤ人排斥を旗印に、世界に君臨しようとしていた。
一方、ユダヤ人のゲットーの床屋であるチャーリー(チャールズ・チャップリン)は、
ヒンケルと容貌が似ていた。
そして、ふとしたことからチャーリーがヒンケルに間違われてしまうのである。
(一部引用)『
兵士よ。奴隷を作るために闘うな。自由のために闘え。
『ルカによる福音書』の17章に、「神の国は人間の中にある」と書かれている。
一人の人間ではなく、一部の人間でもなく、全ての人間の中なのだ。
君たちの中になんだ。君たち、人々は、機械を作り上げる力、
幸福を作り上げる力があるんだ。君たち、人々は人生を自由に、
美しいものに、この人生を素晴らしい冒険にする力を持っているんだ。
だから、民主国家の名のもとに、その力を使おうではないか。 
皆でひとつになろう。 新しい世界のために、皆が雇用の機会を与えられる、
君たちが未来を与えられる、老後に安定を与えてくれる、
常識のある世界のために闘おう。
そんな約束をしながら獣たちも権力を伸ばしてきたが、奴らを嘘をつく。
約束を果たさない。これからも果たしはしないだろう。
独裁者たちは自分たちを自由し、人々を奴隷にする。
今こそ、約束を実現させるために闘おう。
引用:「絶望してはいけない」チャップリンの史上最高のスピーチ【独裁者】
映画の最後にある6分間のスピーチの一部ですが、
兵士に向けた言葉は、今の私たちにも向けられた言葉のように思います。
映画「独裁者」は、1940年、第2次世界大戦がはじまった頃につくられましたが、
今の私たちにも向けられた言葉のように聞こえてしまうのはどういうことでしょうか。
「戦争の足音が聞こえてきている」と考えてもおかしくはないと思います。
そのような方向に日本も向いて行ってはいないだろうか。
スピーチの内容とともに、
アレン・ネルソンさんの言葉も思い出しました。

元米海兵隊員アレン・ネルソン氏
ベトナム戦で殺戮を繰返し心を病んだ後、平和を語り出した彼は、日本国憲法9条に初めてふれ「9条はいかなる核兵器、軍隊より強力。戦争の恐怖や苦しみから皆さんを救った。今度は皆さんが守る時です」と語った。 pic.twitter.com/jVOKkRT1cu

— ike1962 (@8icsRtq8Pz2NoMi) November 2, 2017 v>
核兵器、軍隊よりも強力な日本国憲法第9条。
こんな強みを持っている憲法を守らなあかんでしょう。
9条を使って平和外交をしないとあかんでしょう。
と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

行政に働きかけるパブリックコメント(中国・四国地方)

「子どもの貧困を考える」の記事
(2018年2月10記事:
で、行政や国に働きかけることの必要性を
書きました。
働きかける方法の一つにパブリックコメントがあると思います。
パブリック・コメントとは、
県が基本的な政策等を決定する過程において、
その政策の趣旨及び内容を県民の皆様に予め公表し、
皆様からいただいたご意見や情報を考慮して、
当該立案に係る意思決定を行う制度です(岡山県HPより)。
子どもの貧困については、
子どもの貧困対策法による
県の子どもの貧困対策推進計画があります。
見直しがありますので、
計画内容をチェックして意見をすることも
働きかける一つになると思います。
◇中国地方
岡山県(おかやま県民提案制度)
島根県
山口県(山口県パブリック・コメント制度)
広島県
◇四国地方
愛媛県
香川県
徳島県(オープンとくしま・パブリックコメント)
高知県
市町村の計画も気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«子どもの貧困を考える、つながって行政や国に働きかける タブル2018年2月号