2017年9月17日 (日)

唯識に学べ。柏崎刈羽原発適合。

唯識に学べ。柏崎刈羽原発適合。
柏崎刈羽原発、13日「適合」へ 「東電資格ない」一転
 
東京新聞:2017年9月7日 朝刊
一部引用:
◆自力で事故処理できぬまま
<解説> 福島第一原発事故を起こした東京電力に、
原子力規制委員会が、来週にも柏崎刈羽原発を再稼働する権利を与える状況になった。
東電は福島事故に伴う損害賠償や除染などの費用を自力で工面できていない。
そんな事業者に、巨大な潜在リスクを抱える原発を、新たに動かす資格があるのか。
はなはだ疑問だ。
 政府は福島事故の処理費用を二十一兆五千億円と見込む。
この額は、業績が良かったころの東電の利益の五十年分に匹敵する。
費用の一部は税金や電気代でまかなわれるが、大半は東電の“借金”と言える。
 東電は、自前の資金では賠償などが滞るため、
政府と原発事業者でつくる原子力損害賠償・廃炉等支援機構からの立て替え資金でしのいでいる。
 柏崎刈羽原発では、津波を防ぐ防潮堤が築かれ、建屋の防水性向上、
電源の多重化などにより安全性が向上したのは確か。だがリスクは残る。
新たな事故が起きれば、つけが国民に回ってくるのは必至だ。
・・
今なお東北に甚大な被害を与え続けている
東京電力に原発を再稼働させる資格はないと思います。
・・
東京電力
原子力規制委員会
アベ政治・・
・・
『自我執着心』の塊だ。
本ブログでも取り上げていた
マインドフルネス(瞑想法)にも
関係する「唯識思想」のなかの
言葉です。
「唯識」は、仏教の根本思想と言われています。
法然(浄土宗)、親鸞(浄土真宗)、日蓮(日蓮宗)
、道元(曹洞宗)という日本の仏教に
多大な影響を与えた人たちも
唯識を学んだと言います。
・・
その思想から今の出来事をみると、
自我執着心の塊だと思いました。
・・
『「自分」というものへ執着し、
「他者」への思いやりを閉ざしている心』
のありようではないかと思います。
・・
「自分」とは、「自分のお友達」、「自分の会社」
「自分の国」・・など。
『このような思いから
自他対立の意識が生じ、その結果、戦争や
紛争、そして貧困・差別・搾取などの状態が生じる』
・・
私も人のことはあまり言えませんが、
自分自身の思い、行動を振り返る時に
唯識思想は大事な考えの一つになると思います。
・・
私たちは、
ありとあらゆる「いのち」の縁によって
生かされていることを
もっと気づかなければならないと思います。
・・
気づいて行動。
・・
人のいのち、生活や自然、環境を
破壊する原発の再稼働はありえません。
・・
身近な人間関係から、
いのち・生活、
原発問題・・
日本の社会問題や、
外交、紛争、戦争、
自然環境破壊・・
国際社会の問題
など、唯識を学ぶと、
私たち自身ができること。
日本が海外に対してできることが
たくさんあるように思います。
・・
日本で生活していると、
唯識思想が私たちにうっすらと身についているようにも感じます。
改めて唯識に学び、気づこう。
・・
(『 』引用:横山紘一 NHKこころの時代 宗教・人生 唯識に生きる NHK出版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

食べ方は生き方 枝元なほみさん(コープ自然派 タブルvol.349 2017年8月)

コープ自然派 タブルに、
枝元なほみさんの講演記事がのっていました。
これまで本会でも
枝元さんのおっしゃっていることと同じことを会員さんと話していました。
記事を読んで、
食の安心、安全がおびやかされていることは、
人の安心、安全、いのちもおびやかされる。
それをくい止めるためには、
私たちの日頃の食事からできることがあるんだと再確認しました。
本文の最後に、講演内容に関係する資料をつけました。
記事では、
枝元さんが高校で授業をした時、
朝食がコンビニ弁当やファストフードの生徒が多かったことに
ショックを受けます。
その高校では、生徒がアルバイトをして生計を立てないといけない
家庭が
多いと高校の先生から聞いたそうです。
枝元さん『「子どもが何を食べているかは親の意識や
経済レベルに左右されます。だから、何を食べたかを
否定することは生きていくことを否定することであり、
あれはダメ、これはダメと否定することから始めたくない
なと思うようになりました」』。
その他、食べものの安心、安全がおびやかされている
ことについて話していました。
枝元さん『「健康や食べものがないがしろにされ、
安全性より企業利益が優先
されています。~略」』。
2017年4月、主要農産物種子法(種子法)が廃止されたことについて
説明されています。
種子法廃止については、国会で十分な議論もなく、
私たちにも十分に知らされていません。
知っていますか?。
種子法廃止の影響について、枝元さんの話をまとめると、
・遺伝子組み換え(GM)作物が栽培される可能性が高くなる。
・コメの種子価格が4~5倍になり、農家はお米をつくることができなくなる。
・日本の食料自給率が10~20%になる。
・GM作物の種子を開発した多国籍企業が参入しやすくなる。
などです。
 ⇒ 日本の食べものの安全性、いのちがおびやかされる。
枝元さんは講演の結びに、
映画フードインクのエンドロールの言葉を引用し、
『「私たちは日に三度、社会を変えるチャンスがある」~略~
「食べて、生きて、子どもたちを養い、
これおいしいと伝えながらつながっていくことでいろんなことが
できるのではないでしょうか
と、提案されていました。
・・・・
・・・
・・
〇枝元なほみ(脱原発に一票)
ツイッター:https://twitter.com/eda_neko
〇食料自給率、38%に下落 23年ぶり低水準
〇京都大学大学院経済学研究科
ディスカッションペーパーシリーズ
久野 秀二(京都大学大学院経済学研究科・教授)
「 主要農作物種子法廃止の経緯と問題点
-公的種子事業の役割を改めて考える- 」
〇2017.07.21 【寄稿・種子法廃止】種子は食の根源 パルシステム 山本顧問
〇映画「フードインク」
『フード・インク』(原題: Food, Inc.)は、2008年のアメリカ映画で、
アメリカの食品産業に潜む問題点に切り込んだフード・ドキュメンタリーである。
広大な農場に散布される農薬、遺伝子組み換え問題など、大量生産低コストの裏側にあるリスクを伝え、
オーガニック・フードの本当の価値を訴えている。

〇日本の種子(たね)を守る会
HP・リーフレット:
・リーフレットは、種子法の問題点、影響をまとめています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

コープ自然派らしさとは?

総会が6月の末にありました。
タブル2017年8月号から引用。
理事長のあいさつでは、政治学者の山口二郎さんの言葉を引用し、
『日本の政治状況は、「法治国家から家産性国家への逆行」であると指摘。』
家産性国家とは、
支配階級の長が土地や社会的地位を自分の家産のように扱い、
家父長制支配で統治する
支配形態のこと。
『私たちの課題は常に政治とかかわりがあることから、
このような政治状況下、
コープ自然派としてどうあるべきかが問われる』と述べられました。
また、生産者の方からは、『生産者のこだわりを
消費者にきちんと伝えてくれるコープ自然派に感謝。
共働き家庭の増加など社会的ニーズに応えられるよう
安心・安全で使いやすい食材を提供したい』と話されました。
コープ自然派らしさは、
ホームページをみるとわかりやすいです。
安心・安全であることは、ココロにもいいです。
いろいろな名前の生協
(コープデリ、パルシステム、おうちコープ、生活クラブ、グリーンコープなど)
がありますが、コープ自然派は、
食の安心・安全にたくさんの力を注いでいると思います。
また、食の安心・安全に影響を与える共謀罪反対、TPP反対、原発反対などの政策に対しても、
勉強会を開いたり、署名などのソーシャルアクションを行っています。
商品の値段が高いのは、安心・安全に力を注いでいるからだと思っていますが・・。
価格の検討も議題に上がっているようでした。
安心がくれる、おいしさ。
 
コープ自然派は、食と農と環境は一体であると考えています。
安全な食べものを食べることが、
生産者を支え、環境を守ることにもつながる。
そんな、いのちをつなぐ食べものづくりの好循環を
産地で、食卓で、広げたい。
コープ自然派は、国産オーガニックを推進しています。
』(引用:コープ自然派:http://www.shizenha.ne.jp/coop/view/139/
『環境を守る』、『いのちをつなぐ食べものづくりの好循環』のためにも、
政治にかかわる。
・・
タブルやコープ自然派のホームページをみながら、
コープ自然派らしさとは何かを考えていると・・
新しい安倍内閣がスタートしたというニュースが流れてきました。
安倍首相の演説を聞きましたが、
「きょうから新たなスタートだ。謙虚に、丁寧に、一つ一つ結果を出していきたい」、
「国民の声に謙虚に耳を傾けながら結果を出していきたい」など、
耳さわりの良い言葉が一人歩きしているように思いました。
〇沈黙の佐川新長官 国税庁就任1カ月 異例の会見なし
引用:東京新聞:
なぜ会見をしない?。森友、加計、自衛隊の日報問題などの疑惑が全くはれて いません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

うそ、ごまかしをしても良いのか。金平キャスターがすでに指摘。

教育行政を担う文部科学省がうそ、ごまかしをしても良いのか。
国会の閉会中審査の答弁を観ましたが、
納得できません。記憶にない、記録にない・・どういうことでしょうか。
・・
金平キャスターがすでに指摘していました。
・・
#報道特集
金平茂紀氏
道徳の小学校学習指導要領にこう書いてあった。
「嘘をついたり、ごまかしをしないで、素直にのびのびと生活をすること」。
この文言をそのまま今の文科省と内閣府に示したいと思った。
効果があるかどうかはわからないが。
・・
憲法も国民をしばるためのものではなく、
国家権力をしばるためのものであるはずが、
安全保障関連法の強行採決のように、
その時の一内閣が憲法を改正せずに都合の良い解釈で
法を成立させてしまう。
・・
同じように、
森友、加計学園問題も
都合の良いように、
うそ、ごまかしを使って
進めようとしている。
・・
私たちに関係ないところで
するのであれば文句は言いませんが、
私たちの税金が使われています。
人のいのちがかかっています。
・・
東京都議選の秋葉原の街頭演説で、
都民を「こんな人たち」と言った安倍自民党総裁。
なぜ上から目線なのでしょうか。
「謙虚な心をもち,広い心で自分と異なる意見や立場を大切にする。」(道徳教育より)
道徳性を養っているのかと思いました。
というのは、オバマ前大統領の演説を観て衝撃を受けたからです。

2016年11月のノースカロライナ州。
オバマの演説に1人のトランプ支持者が乱入し、トランプを称賛するプラカードを掲げる。
聴衆が腹を立て会場は物々しい雰囲気になったが、オバマは「我々の国は表現の自由を尊重する。彼に敬意を」と呼びかけ、和やかな雰囲気を取り戻した、という出来事。
・・
オバマさんように対応ができる大人になりたいと思いませんか?。
・・
私たちも一度、文部科学省の道徳の目標と内容を確認することが
大事だと思います。
内容については賛否があるかと思いますが、
ここに書かれてある道徳性を、
私たち一人ひとりが養っていれば、
誰もが生きやすい社会になるのではないかと思いました。
・・
当然、国を動かすことができる権力を持っている人、組織が
道徳性を持っていなければいけないと思います。
うそ、ごまかしが当然のようになっているのは、
有権者である私たち、国民のせいでもあると思いました。
・・
GO VOTE!
選挙に行く。
道徳性を養っていない人は選ばない。
候補者のこれまでの活動や人間性をみる力、
うそ、ごまかしでだまされない力を
私たち自身が身につけなければならないと思います。
努力します。
・・
道徳教育の内容、一部引用
主として他の人とのかかわりに関すること。
(1) 時と場をわきまえて,礼儀正しく真心をもって接する。
(2) だれに対しても思いやりの心をもち,相手の立場に立って親切にする。
(3) 互いに信頼し,学び合って友情を深め,男女仲よく協力し助け合う。
(4) 謙虚な心をもち,広い心で自分と異なる意見や立場を大切にする。
(5) 日々の生活が人々の支え合いや助け合いで成り立っていることに感謝し,それにこたえる。
主として自然や崇高なものとのかかわりに関すること。
(1) 生命がかけがえのないものであることを知り,自他の生命を尊重する。
(2) 自然の偉大さを知り,自然環境を大切にする。
(3) 美しいものに感動する心や人間の力を超えたものに対する畏敬の念をもつ。
主として集団や社会とのかかわりに関すること。
(1) 公徳心をもって法やきまりを守り,自他の権利を大切にし進んで義務を果たす。
(2) だれに対しても差別をすることや偏見をもつことなく公正,公平にし,正義の実現に努める。
(3) 身近な集団に進んで参加し,自分の役割を自覚し,協力して主体的に責任を果たす。
(4) 働くことの意義を理解し,社会に奉仕する喜びを知って公共のために役に立つことをする。
(5) 父母,祖父母を敬愛し,家族の幸せを求めて,進んで役に立つことをする。
(6) 先生や学校の人々への敬愛を深め,みんなで協力し合いよりよい校風をつくる。
(7) 郷土や我が国の伝統と文化を大切にし,先人の努力を知り,郷土や国を愛する心をもつ。
(8) 外国の人々や文化を大切にする心をもち,日本人としての自覚をもって世界の人々と親善に努める
会員さんより、押しつけの道徳はおかしいとの声。
「道徳の授業に答えを用意する学校教育はおかしい」 12歳の投書に日本中が共感
道徳の授業で評価をつけることに疑問を感じている意見もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

原発による滋賀県の影響をがっちりマンデーと公害から考える

原発による滋賀県の影響をがっちりマンデーと公害から考える
がっちりマンデー「その県だけの儲かりエンターテインメント」を特集
県民のハートを鷲づかみする舞台裏に密着!!
2017年7月9日放送をみました。
滋賀県は、県内で楽しめる場所がいくつもあることを紹介していました。
県内の自然、環境を活かした取り組みをされていることがわかりました。
Photo びわ湖テラスから琵琶湖をながめたい!夏休みは混雑しそう。
高浜原発が2017年5月に再稼働しました。
Photo_4
滋賀県内の取り組みは、環境を破壊する原発とは全く合わない。
地図でみると、若狭湾近辺にいくつもの原発が建設されていることに改めて驚きと衝撃を感じています。
Photo_3ラ コリーナ近江八幡、クラブハリエでバームクーヘンを食べてみたい! 子どもたちも楽しめそう。
原発問題は、水俣病とダブってみえます。
たまたま水俣病に関する講演の資料を持っていました(現場で活動されてきた原田正純氏のお話です)。
水俣病は、環境汚染から食物連鎖を通じて中毒になった。放射性物質も食物連鎖を通じて人間に何らかの影響を与えるのではないかと思いました。
過去に起こった公害問題からもう一度考えて、動くことが大事ではないかと思います。
自然界の中では、薄まったものを濃くする働きがある(希釈と濃縮)。人間は都合の良いほうだけ考えて、海は広いから、海に捨ててしまえば、毒は毒でなくなるのではないか、希釈するのではないかと考えられていた。しかし、自然界では濃縮されることもあると(原田氏)。もうその考え方は、水俣病の公害問題の時に指摘されていたことです。
今起きている原発事故でも、自分たちの都合の良いように解釈しようとしてはいないでしょうか。
公害は差別のあるところ、弱いところにしわよせがいく。
公害問題の根底には、差別の問題、人権の問題があると、原田氏は指摘しています。
現に原発避難をされている方々に対するいじめが起きています。
原発のせいで避難者に対するいじめという出来事が新たに起きています。
原発さえなければ起こらなかったことが起きています。
環境破壊だけではなく、人権も侵害することにつながっていく原発はいりません。
原発のせいで地球のありとあらゆるものに痛みが生じます。
一体誰が得するのでしょうか?。
経営を立て直すためにも原発再稼働が必要と記者会見で答えていた
電力会社の役員の言葉が今でも忘れられません。
事故の責任の所在もはっきりせず、痛みも引き受けようとしていない、
できないのに、これ以上、原発を続けることは無理だと思います。
滋賀県、琵琶湖への影響、痛み、いのちを引き受けられることはできますか?。
避難計画もずさんだったと思います。
参考:神戸新聞:広域避難見切り発車、戸惑う自治体 高浜原発再稼働
絶対に原発いりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«閉会中審査をみましたが、完全にアウトと思います