2017年12月14日 (木)

伊方原発差し止め判決!高裁全国初判断

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

ICANノーベル平和賞受賞を祝い

引用:
朝日新聞社:
ICANノーベル平和賞受賞を祝い原爆ドーム前で集会
引用:
ANNnewsCH :
ノーベル平和賞授賞式 ICANにメダル授与(17/12/11)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

【2017年】世界人権デーと言葉の重み

【2017年】世界人権デーと言葉の重み
12月10日は、世界人権デーで、
4日~10日は、人権週間です。
図書館などで人権関係のチラシ、パンフレットを
おいていたので「何だろう?」を思っていましたが、
ニュース記事を見て気づきました。
東京新聞(株式会社中日新聞社)は、
12月10日の「世界人権デー」に、
社会的少数者といわれる人びとの声を集めた小さな新聞
「Silenced Newspaper」を発行します。
「Silenced Newspaper」の記事をみられるサイト
(一部引用)
「世界人権デー」は、国際連合が世界における自由、
正義及び平和の基礎である基本的人権を確保するため、
すべての人民とすべての国とが達成すべき共通の基準として
世界人権宣言を12月10日に採択したことで定められました。
日本では、法務省と全国人権擁護委員連合会が、
同宣言の採択を記念して毎年12月10日を最終日とする
一週間(12/4〜10)を「人権週間」としています。
 昨今、人権問題は新聞をはじめ、
多くの団体やマスメディアで取り上げられていますが、
2017年の現在においても、
女性の人権や、
貧困家庭の子どもの権利、
障害者、
LGBTなど埋もれている声、
声にならない声を全て拾い上げているとは言い難い状況です。
「Silenced Newspaper」は、
そんな社会的少数者といわれる人びとの現状を視覚化することで、
人権について考えるきっかけになればと製作されました。
先日、サンデーモーニングの風をよむ
~失われる言葉の重み~の感想を書いたことにもつながりますが、
「人権」について、
子どもだけでなく、
大人たちも積極的に考えることだと思います。
(2017年12月 9日 (土)
「風をよむ~失われてゆく言葉の重み~ 2017年12月3日」:
早朝から「人権」について考えます。
参考:
「世界人権宣言70周年(1948 - 2018):
人権のために立ち上がろう - あなたの声を加えよう!」
国連広報センター (UNIC Tokyo):https://youtu.be/ZWvO_miLjfU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

「2020年の給与明細 月収30万円会社員の手取り年収は29万円減」って知っていますか?

2020年の給与明細 月収30万円会社員の手取り年収は29万円減
Photo
テレビやラジオなどのニュースで、
年収800万円以上が増税されると
聞きましたが、
年収800万未満でも保険料や年金の負担増で
手取りが減っているではないですか!!。
それも年間だと1ヶ月分も減っている。
マスコミはもっと情報の伝え方を考えてほしい。
相撲の事件で
ものすごくマスコミが
毎日おっかけて、
毎日つっこんでいましたが、
同じように、国会の答弁やモリカケ問題に
もっともっとつっこんでほしい。
会員さんのなかには、
「また相撲かー!」と叫んでいました。
今の国会状況をみると、
マスコミは
ごまかしに加担しているように見えます。
気のせいだと良いのですが・・。
それにしても、手取り減とは・・・
えっ?、生活保護費引き下げを検討しているの?
「子どもの貧困」問題が言われていましたが
解決したの?。
待機児童の問題は?。働きたくても働けない。活躍できない状況は
解決したの?。
物の値段が上がっているのに、手取りや生活保護費を引き下げる
とどうなりますか?
財布のひもをきつくしめる⇒個人消費が落ち込み⇒景気が下降
となりませんか?
アベノミクスはどうなった?。
地方にその果実がくるのではなかったのですか?。
不思議~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風をよむ~失われてゆく言葉の重み~ 2017年12月3日

風をよむ ~失われてゆく言葉の重み~ 2017年12月3日
政治家の失言は、
ネットやSNSを使う私たちも同じことが言えるとのこと。
このような状況は、
世界でも国のリーダーが平気で感情に訴える乱暴な言葉は発している。
私的な感情を公にさらけ出す風潮が行き着く先は、
差別や不寛容社会を生み出すことにつながる。
基本的人権の崩壊、民主主義の崩壊になるとのこと。
コメンテーターの方たちは、
言葉を磨くことは、思考を磨くことになる。大人になるということ。
昔の人たちは、自分の発する言葉に命をかけて磨いてきた。
他人の痛みがわからない。大人は律する立場にあるのに率先して使っているのはどうなのか。
ネットやSNSは悪いところだけでなく、良いところもある。新しい価値規範を作ったり、社会を変えていくにも役に立っている。
道徳観、正義感が薄れている。「忖度(そんたく)」が悪い意味で使われている。
言葉の重みがなくなっている。
国会は言論の府。メディアにも問題がある。こだわって検証する必要がある。
と、話されていたと思います。
・・
本会としては、
ネットやSNSの良いところを活かして
新しい価値規範や社会を変えていくことにつなげていきたい。
会員さんのなかでは、いくつになっても言葉を磨き続け、
自分自身を成長させていきたいという思いを持っている人が
多かったように思います。
私自身はまだまだですが、
私の周りには、
言葉を丁寧に使う方、
言い方を考えながら相手に伝えている方など、
言葉の重みを自覚されている方は何人もいます。
そのような方々もいる一方で、
最近の
ヘイトスピーチや
神奈川県の津久井やまゆり園の事件などをみると、
差別や不寛容な社会になっているのではないだろうかと
心配になります。
災害が来た時にこのような状況であれば
お互いに協力することも難しいのではないだろうか。
例えば、東日本大震災や熊本地震などで、
障がいのある方、何らかの支援が必要な方が
避難所を利用できない実態がありました。
・「障害者、避難所を転々 震災直後に平均4カ所移動 」
日本経済新聞2017年4月25日:
・「熊本地震 福祉避難所機能せず」
毎日新聞2016年4月25日
東日本大震災では、
住民のなかで障がいのある方の死亡率が2倍以上だったこと
など。
・「東日本大震災の障害者死亡率、全体の2.5倍 逃げ遅れた可能性 」
日本経済新聞2012年7月30日:
全く差別や不寛容をなくすことは難しいですが、
お互いに協力できる気持ちや関係を作っていくことが
大切ではないでしょうか。
災害はどこにでも起こる可能性はあります。
中四国でも南海トラフ地震が起き、
甚大な被害がでることを心配されています。
子どもだけではなく、
大人も学ぶ必要があると思います。
忙しく学ぶ時間がない場合、
例えば、
自動車などの免許の更新講習と
一緒に、
「差別や不寛容社会について
(「人権、民主主義って何?」など)」、
「災害支援について」などの
講習ができたら、
学ぶ時間を作れるのではないかと思います。
バリアフリー、ユニバーサルデザイン、
子ども・高齢者・障がい者の虐待防止法、
障害者差別解消法、
セルフネグレクト、パワハラ、セクハラ、マタハラ、
LGBT・・など、用語、法律が出てきています。
大人が学べる機会が必要だと思います。
私たちも学びたいです。
政府が「人づくり革命」というのであれば、
そこまで考えてやってほしい。
うそ・ごまかしをしない
「人づくり」、
「地域づくり」、
「社会づくり」に力を入れる必要があると思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«内部被ばくについての学習会(コープ自然派)