2017年5月25日 (木)

報道ステーション、前川前事務次官(文科省)がすべてをこたえる!

報道ステーション、加計学園問題を20分以上しています。

前川前事務次官がすべてを話しているようです。
政府、今の文部科学省の発言が全くのウソだということが
わかりました。
文書は確実に存在。
公正公平である行政がゆがめられていた。・・
本当に国は、政府は、誰のための政治をしているのでしょうか。
ひとにぎりの、お友だちだけのために政治をしているのではないかと思います。
「地位に恋々としがみついて」いるのは誰だ!。
会員さん情報では、NHKはほとんど放送していないとのこと。
それでも公共放送なのでしょうか(怒)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

報道ステーション、番組冒頭から加計学園問題を追及

報道ステーションが飛ばしています。

加計学園問題で次々に新情報が出てきています。
テレビ局によって報道の仕方が全く違います。
加計学園問題、森友学園問題、共謀罪問題・・
国会答弁をみても十分な説明をしているように思えません。
なぜ十分な説明ができないのでしょうか。
説明する責任はないのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

「共謀罪」 市民団体などが廃案求めデモ

「共謀罪」 市民団体などが廃案求めデモ
引用:@niftyニュース:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メロンパンを作りながら・・ 「共謀罪」書簡の国連特別報告者 日本政府の抗議に反論

メロンパンをつくりました。
この怒りをパンに込めてしまったので、
「共謀罪、森友学園、加計学園その他もろもろの怒りがこもったメロンパン」
Dcim2047_2
焼きムラができてしまいました。
「共謀罪」書簡の国連特別報告者 日本政府の抗議に反論
2017年5月23日 朝刊
 【ロンドン=小嶋麻友美】安倍晋三首相宛ての公開書簡で、
「共謀罪」の趣旨を含む組織犯罪処罰法改正案に懸念を表明した
国連のプライバシー権に関する特別報告者ジョセフ・ケナタッチ氏は二十二日、
菅義偉(すがよしひで)官房長官が同日の記者会見で抗議したと明らかにした
日本政府の対応を「中身のないただの怒り」と批判し、プライバシーが侵害される
恐れに配慮した措置を整える必要性をあらためて強調した。電子メールで本紙の取材に答えた。
 ケナタッチ氏によると、「強い抗議」は十九日午後、国連人権高等弁務官事務所を
訪れた在ジュネーブ日本政府代表部の職員が申し入れ、その後、約一ページ余りの文書を受け取った。
しかし、内容は本質的な反論になっておらず「プライバシーや他の欠陥など、
私が多々挙げた懸念に一つも言及がなかった」と指摘した。
 抗議文で日本側が、国際組織犯罪防止条約の締結に法案が必要だと述べた点について、
ケナタッチ氏は「プライバシーを守る適当な措置を取らないまま、法案を通過させる説明にはならない」
と強く批判。法学者であるケナタッチ氏自身、
日本のプライバシー権の性質や歴史について三十年にわたって研究を続けてきたとし、
「日本政府はいったん立ち止まって熟考し、必要な保護措置を導入することで、
世界に名だたる民主主義国家として行動する時だ」と訴えた。
 ケナタッチ氏は日本政府に引き続き、法案の公式な英訳文とともに説明を求めている。
菅官房長官は二十二日、ケナタッチ氏の書簡に「不適切だ」と反論していた。
◆与党きょう衆院採決方針
 犯罪の合意を処罰する「共謀罪」の趣旨を含む組織犯罪処罰法改正案を巡り、
衆院議院運営委員会は二十二日の理事会で、衆院本会議を二十三日に開くことを
佐藤勉委員長(自民党)の職権で決めた。与党は「共謀罪」法案を採決し、
衆院を通過させる方針。二十四日の参院での審議入りを目指している。
 与党が理事会で「共謀罪」法案の採決を提案したのに対し、民進、共産両党は、
与党が衆院法務委員会で法案の採決を強行したことに反発して拒否。双方が折り合わず、
佐藤氏が本会議開催を決めた。「共謀罪」法案を採決するかどうかは与野党の協議に委ねた。
 法案を巡っては、安倍晋三首相(自民党総裁)が二十二日の党役員会で
「今国会での確実な成立を目指す」と強調。高村正彦副総裁も「二十三日に間違いなく衆院通過させる」
と話した。民進党の野田佳彦幹事長は記者会見で「審議は不十分だし、
この間のやり方は極めて遺憾だ」と与党の国会運営を批判した。
 与党は法案の成立を確実にするため、来月十八日までの今国会の会期延長も検討している。  
<国連特別報告者> 国連人権理事会から任命され、特定の国やテーマ別に人権侵害の状況を調査したり、
監視したりする。子どもの人身売買や、表現の自由に関する人権状況などの報告者がいる。
政府や組織などから独立した専門家で、調査結果は理事会に報告する。
・・
ケナタッチ氏が日本政府に送った警告文の訳がのっています。
参考:情報速報ドットコム:
世界からも共謀罪がおかしいと言われています。
質問されたことに答えない姿勢は、
国会の答弁と同じです。
うそ、ごまかしはいいかげんにしてほしい。
加計学園問題で文部科学省も答弁していますが、
教育行政を担当する文部科学省の姿勢。
それでいいんでしょうか。???と思うことばかりです。
「うそ、ごまかしはいけません」と国会議員を正す姿勢を
みせてほしいのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

共謀罪、いろいろなところから批判の声

週間女性の記事から
<憲法9条問題>徴兵制、女性自衛官の実戦、高齢者の任務、安倍総理の止まらぬ暴走
週刊女性2017年5月30日号
引用:
(一部引用)
自衛隊員だけの問題ではない。
飯島教授が自衛隊関係者から聞き取ったところによると、
少子高齢化の影響か、部隊によっては隊員の充足率が低いとする情報がある。
「憲法上の組織である自衛隊の維持、
円滑な行動の確保は憲法的にも国の責任─などと主張して徴兵制を採用したり、
医師や看護師、技術者などが自衛隊の戦争に協力させられる制度を作るかもしれません」
(飯島教授)
 また、現状では女性自衛官が追い込まれているという。
「稲田防衛相は4月18日の記者会見で、陸上自衛隊の普通科中隊や戦車中隊の
“実戦部隊”への女性自衛官の配置を明言しました。実戦で砲撃や爆撃を受ければ、
服は吹き飛ばされる、つまり裸になってしまう可能性があります。
女性自衛官が戦闘で捕虜になれば、どのような目に遭うかは想像がつくと思います」
 と飯島教授は話す。
飯島教授・・名古屋学院大学の飯島滋明教授(憲法学・平和学)の発言
・・
『佐野元春が共謀罪を批判!「判断するのは権力、戦前の治安維持法に似ている」
 ケラ、ロマン優光、アジカン後藤も』
引用:リテラ:
・・
司法や一部のマスコミだけではない。
・・
『共謀罪
反対集会に4000人 大阪をデモ行進』
・・
ミュージシャンなど、
いろいろな分野から、各地から、
安倍総理の暴走、与党のやり方に
批判の声が出ています。
・・
Tabemono

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「共謀罪 プライバシー制約の恐れ 国連報告者、政府に書簡」毎日新聞